« 世界の「一夫多妻制」事情。 | トップページ | “MA-1” の人気は今年も安定。 »

2020年12月21日 (月)

見出しに見る勘違い(その652)

「公捜処,5・18処罰,対北ビラ禁止…与党は一方的処理しておいて『歴史的成果』/権力への捜査無力化,表現の自由侵害…違憲論争があるのに与党は『民主主義の進展』と主張」  2020/12/15 朝鮮日報・日本語版
   ‘共に民主党は12月9日に警察法改正案,「5・18(光州事件)歴史歪曲処罰法」,10日には高位公職者犯罪捜査処(公捜処)の処長任命で野党の「拒否権」を無力化した公捜処設置法改正案,13日には国家情報院の対共捜査権を廃止する国家情報院法改正案,14日には北朝鮮に向けたビラ飛ばしを禁止する法律まで押し切って成立させた。民主党が強行処理した法案を巡っては,「政権寄りの公捜処をつくり,検察の権力層に対する捜査を封じ,歪曲処罰法などで憲法が保障する国民の表現の自由まで侵害するものだ」という指摘が相次いだが,民主党は「歴史的成果」だと評した。野党のフィリバスター(議事妨害を目的とする無制限討論)を180議席という「頭数」で二度も強制終了させた民主党は,ソウル市内の一部に「民主主義は前進する」というプラカードを掲げた。

 民主党の金太年院内代表は同日,フィリバスター強制終了に続き,対北ビラ飛ばし禁止法案が可決されると,「我が党が目標としていた立法課題を完遂し,歴史的な成果を上げた。前回の総選挙で国民が我々民主党に与えた使命を立法成果として履行できて幸いだ」と述べた。金代表は同日の党会合では野党のフィリバスターを「国会の職務遺棄」だと批判した。梁香子最高委員も「今回のフィリバスターは痛くもなかった。国民の関心も支持も得られない失敗したフィリバスターだ」と語った。李洛淵代表も前日の記者会見で,今回の法案処理について,「1987年の民主化以降、最大で最多の改革を成し遂げた」と述べた。

 民主党は今月7日,公捜処法改正案など争点となっている複数の法案の強行処理を公言した。文在寅大統領が「権力機関改革は最大の宿題の一つで,公捜処が発足することを望んでいる」と発言すると,直ちに歩調を合わせ,「速度戦」を展開した格好だ。

 民主党が10日に国会本会議で成立させた公捜処法改正案は,野党が持っていた「公捜処長拒否権」を剥奪することが骨子だ。民主党は昨年12月,公捜処設置法の制定時,「野党に公捜処長の拒否権を与え,公捜処の政治的中立を保障する」とした。野党は「政府・与党の意向に沿った公捜処が設置されるならば,権力型不正に対する捜査が無力化される」と批判した。

今回可決された「5・18歴史歪曲処罰法」「対北ビラ飛ばし禁止法」を巡っては,憲法が保障する表現の自由を侵害しており,違憲の疑いがあるとする指摘が出ている。国民の力の尹喜淑議員はこれら法律について,「国家が個人に黙れと言っている感じがする法律だ」と指摘した。特に対北ビラ飛ばし禁止法は今年6月,北朝鮮の金与正労働党中央委員会第1副部長が「(ビラ飛ばしを)阻止する法律でもつくれ」と韓国を批判した直後,政府・与党が準備に入った。「金与正下命法」という批判が起きるのはそのためだ。米議会と国際的な人権団体は「対北ビラ飛ばし禁止法が成立すれば,韓国も(国務省の)監視対象になり得る」と警告した。

 経済界の反発を無視して成立させた法案も多い。いわゆる「経済3法」(商法改正案・公正取引法改正案・金融グループ監督法制定案)が代表的だ。財界からは改正法で適用される「大株主議決権3%ルール」「多重代表訴訟制」について,海外のライバル企業に企業秘密が漏れるほか,さまざまな訴訟の乱発で企業競争力も大きく低下しかねないと懸念している。しかし,民主党は「問題はない」として強行した。解雇者と失業者の労組加入を認める労働組合法改正案も財界の懸念をよそに成立した。

国民の力はフィリバスターで対抗したが,民主党は「野党が発言する時間は保障する」という最初の約束をすぐに変え,強制終了させた。国民の力の朱豪英院内代表は「民主党は野党の発言権を尊重すると言っておいて,3日後に前言を覆し,力ずくで野党の口を塞いだ。いくら与党が多数議席を占領しているとしても,これほどみだりにやってはならない。これは民主主義,法治主義なのか」と批判した。’ と書いています。

 
さて 文政権崩壊(?)後,韓国はまともな国に戻る,あるいは近づくことができるでしょうか?
「解雇者と失業者の労組加入を認める労働組合法改正案」というのは何をしたいのか分かりません。労働組合員の定義は?

|

« 世界の「一夫多妻制」事情。 | トップページ | “MA-1” の人気は今年も安定。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界の「一夫多妻制」事情。 | トップページ | “MA-1” の人気は今年も安定。 »