« 「大人が恥ずかしくないキャップ,厳選3点」? | トップページ | 世界の「一夫多妻制」事情。 »

2020年12月20日 (日)

(株)商船三井による 「WAKASHIO」号 座礁原因の発表

7月25日,モーリシャス島沖で座礁,8月6日から燃料油 1,000tonを流出させた ばら積み貨物船「WAKASHIO」(載貨重量:203,000ton,船主:長鋪海運(株))をチャーターしていた(株)商船三井が「『WAKASIO』号 座礁事故に関する原因及び再発防止への取り組みについて」を 12月18日付でプレスリリースしました。

前書き」,「1. 座礁事故の経緯(本船の乗組員から船主が聴取した情報)」,「2.推定原因」,「3. 再発防止策」で構成されていますが,ここでは「前書き」と 1,2 を転載します。

(転載)
***********************

株式会社商船三井(社長:池田潤一郎、本社:東京都港区、以下「当社」)が、長鋪汽船株式会社の子会社(以下「船主」)からチャーターしていたばら積み貨物船WAKASHIO(以下「本船」)がモーリシャス島沖で7月25日(土)に座礁、8月6日(木)に燃料油が流出した事故を踏まえ、当社再発防止策を策定し、取り組みを開始しました。

再発防止策の策定にあたっては、現地当局等による捜査・調査が継続中のため、推定原因に基づき、当社の安全運航へのこれまでの取り組みに対して、現場である本船側のみならず、当社陸上側からの支援体制、船主、船舶管理会社の管理体制を含め一から見直しました。また、再発防止策の取り組みにおいても、当社、本船、船主を含む関係先と着実に実行を確認できる体制を共に築き、共に提供するサプライチェーン全体における安全品質水準の一層の向上に向けて継続的に取り組んでまいります。

1. 座礁事故の経緯(本船の乗組員から船主が聴取した情報)

本船は座礁の2日前(7月23日)に航海計画を変更し、モーリシャス島沖を航行する際の沿岸からの距離を22海里(註1)から5海里としました。
座礁当日(7月25日)、本船は、携帯電話の通信圏内に入るべく、沿岸からの距離を5海里からさらに2海里程度まで縮めて航行しようとしましたが、正確な沿岸からの距離および水深を確認するには、不十分な縮尺の海図を使用していました。また、沿岸から2海里沖という至近距離を航行しようとしていたにも関わらず、乗組員はレーダーや目視での適切な見張りを怠り、その結果、モーリシャス島沿岸から0.9海里沖の水深10mの浅瀬に座礁しました。

2.推定原因

上述の経緯のみならず、事故以前にも沿岸に複数回接近していた事実が今回判明したことから、沿岸に接近することへの慣れにより、不安全行動を取った可能性があり、大型船でこのような行動を取ることによる安全意識への認識が不足していたと考えています。

また適切な航海計画の立案と実行、海図の保有と使用が行われていないことや、レーダーや目視での当直業務を怠っていたことから、航海を安全に遂行する上で遵守する必要がある規程への認識不足と履行が不十分であったことがあげられます。

(以下 省略)

**************************

まとめるとー
① 携帯電話の通信圏に入るように沿岸からの距離を縮めた。
② 適正な縮尺(正確な位置における水深が確認できる)の海図を使用してなかった。
③ 見張り(レーダー,目視)を怠った(当然 「深水計」確認も怠った)。
  (喫水をセットしておけば ドップラソナー計測による危険水深で警報が出るシステムはないのか?)

そもそも陸地に近づけば 素人でも水深が気になって確認するでしょう。
全長 約300m,満載喫水 約18m,バラスト喫水 8.7m の大型船です,気にしないのが不思議です。

結論は お粗末な乗組員によるお粗末な原因による事故,ということです。
船長:インド人,航海士:スリランカ人?

おそらく 大型船に乗り組む日本人船員なら考えられない事故だったと思われます。

|

« 「大人が恥ずかしくないキャップ,厳選3点」? | トップページ | 世界の「一夫多妻制」事情。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「大人が恥ずかしくないキャップ,厳選3点」? | トップページ | 世界の「一夫多妻制」事情。 »