« “MA-1” の人気は今年も安定。 | トップページ | 今回はマスク。 »

2020年12月22日 (火)

冬至を過ぎても 日の出時刻は早くならない。

Photo_20201219182001 朝,6時半過ぎの薄暗い中,公園に出かけて いくつかのエキササイズをして ほぼ日の出時刻がきて 帰路に着きます。

21日は冬至で,「さあ,これから日の出が早くなって 明るくなるぞ」と思うのは間違いで,冬至が過ぎても日の出時刻は 早くならず,しばらくは 日の出時刻がさらに遅くなる日が続きます。

右表は ここ呉市の日の出,日の入りの時刻を示しています。

一般にー
1年で 日の出の時刻が最も遅い日』 および 日の入りの時刻が最も早い日』は別の日であり,いずれも冬至の日とは一致しない。日本では,日の出が最も遅い日は冬至の半月後頃であり,日の入りが最も早い日は冬至の半月前頃である。

地球の「公転軌道が真円」で,地球の「自転軸が公転面に垂直」であれば 「日の出の時刻が最も遅い日」と「日の入りの時刻が最も早い日」が冬至になりそうですが?
いや「自転軸が公転面に垂直」であれば そもそも四季がなくなって冬至もない。

「プッシュアップ」と「背伸ばし」に使っている公園のベンチの朝露を 毎朝,タオルで拭きます。
この日 拭こうとしたら 水滴が凍っていました。

001a_20201220074501

|

« “MA-1” の人気は今年も安定。 | トップページ | 今回はマスク。 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “MA-1” の人気は今年も安定。 | トップページ | 今回はマスク。 »