« この冬,初めての「せとか」。 | トップページ | TVでの面白い発言(その 69) »

2021年1月26日 (火)

米国の女性国会議員数の推移

女性社会進出への障害の程度を示す “Glass Ceiling Index” の日本の値は,OECDの中で韓国と並んで最下位です。国会議員や会社の経営に携わる女性の割合が大きく影響します。
米国も 世界では 22位(2020年度)です。では米国の国会議員の数は?

Pew Research Centerの ‘FACTTANKJan. 152021付けで-
A record number of women are serving in the 117th Congress
記録的な数の女性議員が第117回議会に
―のタイトルの報告がありました。

001_20210117165301

女性が,第117回議会の全議員の4分の1強を占めている。これは,米国史上最高の割合であり,10年前の状況から大幅に増加している。

002h_20210117165101 下院(the House of Representatives)と上院(the Senate)の両方を数えると、539議席のうち144議席(27)が女性によって占められている。これは,10年前に第112議会(the 112th Congress)で参加(serving)していた96人の女性から50の増加に相当するが,米国の全人口に占める女性の割合をはるかに下回っている。
新たに選出された下院では,記録的な120人の女性が選出されており,全体の27を占めている。上院では,女性は100議席のうち24議席を保持しており,前回の議会で記録的な議席数より1つ少ない。

This analysis counts voting as well as nonvoting members of Congress.
この分析では,議員の投票者と非投票者がカウントされる。

117回議会の数値には,1月上旬の時点で空席だった下院議席2議席は含まれていない。また,120日の副大統領就任に先立って辞任する予定のカマラ・ハリス上院議員と,今月初めにジョージア州での決選投票に敗れたケリー・レフラーも除外されている。どちらも男性に取って代わられる予定である。

女性は,共和党(14)よりも民主党(38)がはるかに大きな割合を占めています。新しい議会には,両方の議会で,106人の民主党の女性と38人の共和党の女性がいる。女性は下院共和党員の14と上院共和党員の16と比較して,下院民主党員の40と上院民主党員の32を占めています。

2020年の総選挙では,一人の新しい国会議員として上院にワイオミング州の共和党員 シンシア・ルミスが送られ,彼女はその州を代表する最初の女性上院議員になった。
共和党の女性は,直近の選挙サイクルで下院での大幅な議席を獲得した。女性である27人の新しく選出された代表のうち,3分の218)は共和党員である。第115回と第116回の議会の間に,下院の共和党の女性の数は25人から15人に減少した。その数は今年2倍の30人になり,史上最高の総数になった。民主党で初の女性下院議長(speaker of the House)であるカリフォルニア州議会議員ナンシー・ペロシは,今月初めに再選された後,4期目の議長を務めています。党派の性別割合は,常にこのように見えているわけではない。
1929年の株式市場の暴落まで,下院に選出された12人の女性のほとんどは共和党員であり,その後,数十年の間,両党は一般的に下院で数が近かった。しかし,レーガン - ブッシュの1980年代の一時的な縮小にもかかわらず,ギャップは1970年代に拡大し,持続した。

1992年以降に下院に選出された232人の女性のうち、157人(68)が民主党員であり,1992年以来上院で仕事をした42人の女性のうち27人(64)が民主党員だった。

The history of women in Congress
議会における女性の歴史

003h_20210117165201 女性は1世紀以上議会に参加している。最初の,モンタナ州の共和党のジャネット・ランキンは,彼女の州が女性に投票を与えてから2年後の1916年に下院に選出された。しかし,女性がより多く選出されたのは数十年のことである。これまでに下院に選出された女性の約3分の2(第117回議会の最新メンバーを含む352人中232人)が1992年以降に選出された。

このパターンは上院でも同様であり,上院でこれまでに選出された58人の女性のうち42人(最新の女性上院議員であるルミスを含む)が1992年以降に就任した。

参政権(franchise)を全国の女性に拡大した修正第19条は,1920年に批准された。

その11月,オクラホマ州のアリス・メアリー・ロバートソンは現職の(incumbent)国会議員を打ち負かした最初の女性になった。(彼女は2年後に彼に席を戻すことになった。)

1922年,ジョージア州のベテラン女性参政権論者(suffragist)レベッカ・ラティマー・フェルトンが上院の空席を埋めるために任命された; 議会が予期せず会期に戻され,フェルトンは1日しか務めなかったが,史上初の女性上院議員として宣誓した。

上院では1980年代まで女性が珍しかったが,女性議員の数は一貫してではないが徐々に増加した。これは全般に,社会における女性の役割の拡大と並行している。
1928年には,第71議会に,当時の記録である7人の女性が選出され,その後,特別選挙によってさらに2人の女性が加わった。しかし,その潮流は大恐慌と第二次世界大戦中に頭打ちになった。議会での女性の上昇軌道が再開したのは戦後のことで,1961年から62年に18人の女性が下院に選出された。

1970年代には,バーバラ・ジョーダン,エリザベス・ホルツマン,ベラ・アプツーグなどの著名人が議会に参加したが,女性議員の総数は,下院党員集会(House caucus)が初めて20人を超えた1981年まであまり変わらなかった。しかし,大きな飛躍は,後に「女性の年」と呼ばれた1992年に起こり,4人の新しい女性上院議員と24人の新しい下院女性議員が選出された。学者たちは,1992年が議会の女性にとってこのような画期的な年であった理由について,クラレンス・トーマス-アニタ・ヒルの公聴会からの選挙区変更と反発による異常に多数の空席を含め、さまざまな説明を提供している。

Widow’s succession’ in Congress
議会での「未亡人の継承」

1970年代に入ると,女性が議会に参加するための最も一般的な方法の1つは,選挙または指名によって,亡くなった(deceased)夫または父親を引き継ぐことだった。
1916年から1980年の間に下院で議員をした90人の女性のうち,31人は,夫が亡くなった後,最初に夫の席に選出された。選挙日の前に男性が亡くなったとき,投票で夫の代わりに3人が選ばれた。
一人は,イリノイ州のウィニフレッド・メイソン・ハックが,亡くなった父親の任期の最後の4ヶ月を埋めるために1922年に選出された。(別の初期の下院議員であるケンタッキー州のキャサリン・ガジャー・ラングレーは,禁酒法違反の有罪判決を受けて夫が辞任した後,1926年に夫の議席を獲得した。)

004_20210117165301

ラングレーのように,これらのいわゆる「未亡人の後継者(widow’s succession)」議席の所有者のほとんどは,12期だけ議会にとどまった。
しかし,国会議事堂(Capitol Hill)で顕著なキャリアを積んだ人もいる。たとえば,メイン州のマーガレット・チェイス・スミスは,夫の任期の最後の7か月を埋めるために,1940年に特別選挙で勝利した。スミスは自分で4期の下院本会議(full House)の任期を勝ち取り,更に上院で4期選出され、それによって両方の議院で務めた最初の女性になった。飛行機墜落事故で夫が死亡したと推定された後,1973年に夫の席に選出されたリンディ・ボッグスは,18年近く勤め,後に米国の教皇庁(the Holy See)大使に任命された。

1980年以前に上院の議員になった14人の女性のうち6人は,亡くなった夫の席を埋めるために選出または任命された。彼らのうち,2人(アーカンソーのハティ・キャラウェイとオレゴンのモーリーン・ブラウン・ノイバーガー)だけが,その後,彼ら自身の権利でフル期間を勝ち取った。

(転載了)

***************

米国の状況を知ると,日本は遅れているとはいえ これからと言う気になります。

|

« この冬,初めての「せとか」。 | トップページ | TVでの面白い発言(その 69) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« この冬,初めての「せとか」。 | トップページ | TVでの面白い発言(その 69) »