« NHK総合「ドキュメント72時間」に映った「アオサギ」はー | トップページ | Clarks,Desert Boot 70周年記念「221」の “Sand Suede” は英国のみ? »

2021年1月31日 (日)

米国史上 最悪の大統領だった。

新大統領が就任して以後,トランプが如何に最低,最悪の大統領だったかを報じる多くの米国の報道があるようです。

San Diego Union-Tribune’,Jan.22, 2021付けの意見記事 “Opinion: Donald Trump is the worst president in U.S. history for three big reasons (and thousands more)”(意見:ドナルド・トランプは、3つの大きな理由(およびそれ以上)で米国史上最悪の大統領 by 編集委員会)を読んでみました。

下記,拙訳・転載します。

*****************

編集委員会はU-Tニュースルームとは独立して運営されているが,同様の倫理基準を守っている。我々は,報告,インタビュー,および厳密な討論に基づいて社説と承認を行い,セクションの正確性,公平性,礼節(civility)を追求している。

Disagree? Let us know.
同意しない?知らせてくれ。

ドナルド・トランプは,3つの大きな理由と,何万もの小さな理由から,米国史上最悪の大統領である。 理由の順序だけに議論の余地がある。

最初の大きな理由は,礼節(civility),民主主義、そして道徳そのものに対する彼の限りのない攻撃である。彼の提案を支持したり,彼の嘘を可能にしたりして 彼に無条件の支持を与えなかった人を絶えず貶し(belittle),ワシントン・ポスト紙の集計によれば,30,573件の虚偽または誤解を招く主張をして- 第45代大統領は驚くほど悪い手本だった。トランプは嘘つきの,性差別的な,人種差別的なナルシシストであり,そのツイートはファースト・レディ,メラニア・トランプの “Be Best「ネットいじめ対策キャンペーン」の茶番劇になった。
戦争の英雄であるアリゾナ上院議員ジョン・マケインが,脳腫瘍で死にかけていた時,そして彼が死んだ後の,彼に対するトランプの攻撃は,信じられないほどだが,驚くべきことではなかった。
サンディエゴ連邦裁判官ゴンサロ・キュリエルのトランプ大学の詐欺訴訟での裁定,およびラテン系の子孫であることに対する彼の攻撃も同様だった。
メキシコ人を標的にして国境に壁を築き,4人の議会の有色指導者(うち3人は米国生まれ)に「来た場所に戻れ」と告げ,主にイスラム諸国からの米国への旅行を禁止し,白人以外の住民の国を「くそったれの国」(shithole countries)と呼ぶなどは,彼のより大きな人種差別のパターンの一部だった。

トランプの組織 -報道機関,司法機関(the judiciary),諜報機関(the intelligence community)-に対する攻撃(attacks)は,選挙運動における彼の戦争で,最高潮に達した。国会議事堂での16日の騒乱は直接的な結果であり,これまで想像もできなかった2回目の大統領弾劾につながった。

2番目の大きな理由は,コロナウイルスのパンデミックに対するトランプの,驚くほどの(stunningly)無能な(incompetent)対応である。
ウイルスを公衆衛生上の脅威と見なす代わりに,彼はそれを経済への脅威,したがって自身の再選への脅威として扱った — 4月に完全に攻撃された(hit in full force)後でも軽視した(downplaying)。
彼はホワイトハウスの影響力(clout)を使って基本的な物資を入手すること,および,州への指導を提供することを拒否し,マスクを着用することは彼に対抗する政治的声明であり,人々を安全に保つ試みではないという見解を押し進めた。
少なくともある程度は(at least partly),その結果として,40万人以上のアメリカ人が亡くなった。

3番目の大きな理由は,気候変動の現実的脅威(the existential threat of climate change)を神話であるという考えを促進することによって,対応すべきことの受け入れを,米国が拒否することを強化した(doubled down)ことである。
2018年には,13の連邦機関が共同で,温室効果ガスの排出が人類を危険にさらすと警告する,全国気候アセスメントを発表した。トランプの軽く(blithe)反応した:「私はそれを信じない。」(I don’t believe it. No, no, I don’t believe it.)彼は,政府の気候科学者のメディアへのアクセスを制限し,行政当局が脅威を認めることを事実上禁止した。

ジョー・バイデン大統領は,パリの気候変動協定に再び参加することから始めて,トランプに関連する決定の多くを覆した。
しかし,世界最大の経済力を持つ最も強力な国が,気候変動との戦いから4年の休暇を取ったことは -科学者が地球が転換点に近づいていると警告したとしても - 驚くほど無責任だった。

トランプは,新たな戦争を開始しなかったこと,アフガニスタンとイラクの米軍を帰国させたこと,NATOにもっと公平な分担金を支払うよう他の国々に圧力をかけたこと,たとえ彼があまりにも否定的にしたとしても,イスラエルとアラブ諸国間で4つの条約を仲介したことに関しては称賛に値する。
パンデミックの直前のニューヨーク・タイムズによれば,トランプがバラク・オバマから成長する経済を継承している間,低所得労働者は彼の大統領時代にうまくやっていくだろうと分析していた。
そして,彼のパンデミック対策に関する他のほとんどすべてがひどいものであったとしても,彼のワクチン研究資金は歴史的だった。

しかし,トランプの有害な影響(toxic effect)は紛れもない。
彼の家族分離政策から公正な選挙を受け入れることの拒否,そして議員たちが自分たちの生命の危機を感じさせる暴動の扇動まで,米国の理想と制度へのトランプの汚染は長引き,我々の政治を何年も毒する(poison)だろう。
彼は都市の放火犯(arsonist)であり,紙マッチ(matchbook)の大統領だった。 その壁を構築するか? 否,すべてを再構築する時が来た。

(転載了)

************

良識ある国民が よく4年間 我慢したものだと思います。彼を大統領に選んだ民主主義の怖さを感じます。

|

« NHK総合「ドキュメント72時間」に映った「アオサギ」はー | トップページ | Clarks,Desert Boot 70周年記念「221」の “Sand Suede” は英国のみ? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NHK総合「ドキュメント72時間」に映った「アオサギ」はー | トップページ | Clarks,Desert Boot 70周年記念「221」の “Sand Suede” は英国のみ? »