« 日本の性差別に金メダル | トップページ | IOC の声明とは? »

2021年2月11日 (木)

「賢い」にも種類がある。

「賢い」を和英辞書で引けば “clever”,“wise”,“intelligent”,“smart” などが現れ,さて どれにしようかと迷います。何となく これらには違いがあることは分かりますが,厳密な違いは?

これらの違いを‘Difference Between.com’ のサイトの “Difference Between Clever and Wise and Intelligent and Smart“ に示していました。

以下,拙訳・転載します。

******************

clever”, “wise”, “intelligent”,smartは すべてが個人についての肯定的な属性を含意する(connote)英語の4つの単語である(4つすべてが 一般に,一人に当てはまるわけではない)。
しかし,これらの言葉の本当の意味についての知識が限られているために,人々がこれらの言葉を誤って使用する場合がある。
この記事は,これらの単語の意味と使用法を固めて,誤った使用法による困惑(embarrassment)を回避するのに役立つ。

Intelligent

intelligent” はこれらの単語の中で最も容易であり,思考thinking)と分析analyzing)の能力を持っている人を指すために適用する単語である。我々は 「スマート家電」(intelligent appliances) について話し,変化する状況に適応する能力を持つガジェットを指す「人工知能」(artificial intelligence)という言葉を使用する。
科学者が火星のような惑星での知的な生命(intelligent life)について話す場合,彼らは自然に人間の能力にいくらか似ている生命体を指している。
概念(concepts)を理解して把握し,それを生活の中で使用する能力は,知性(intelligence)と呼ばれ,これは,知性を持つ類人猿について話すときに適用するものである。

Clever

clever” という言葉は,困難な状況(tough situation)から うまく切り抜ける(wriggle out)ための別の方法を考えることができる人々(動物なら主に犬など)に使用される言葉である。
動くゴキブリの前にバリアを置いても,抜け出す方法が考えられないだろうが,より知的な(intelligent)生き物はバリアを回避する(circumvent)方法を見つけるだろう。
clever は狡猾な(cunning)人を表すようになったが,“cleverは常に前向きな意味(positive sense)で使われているので,それは正しくない。

Wise

wise” とは,知識(knowledge)と知恵(wisdom)をたくさん持っている人を意味する言葉である。人生が賢く(wise)させる厳しい状況を通過させるので,高齢者が主にこの言葉を連想させる(associated with)理由である。
難しい状況を解決する答えを持っていると思うから あなたはいつも賢い人(wise person)に助けを求める。

Smart

smart” は “intelligence” に非常に近いが,最近では身体的風貌(physical appearance)に関連付けられるようになっている。“smart” は 又,身なりがよい(well dressed)ことであり,“intelligent” よりも形式的ではないため,代わりには使用されない。
多くの人が考えるように,“smart と “clever” というのは同義語ではないが,どちらも同じような意味合い(connotation)を持っている。
smart” は,人が多くのことを知っていて,試験で良い成績をとるときに使用される。

(転載了)
*****************
英和辞書によればー

intelligent
【形】
1.〔高度な〕知的能力を持った,知性がある
 ・I was surprised by how intelligent the boy was. : 私はその少年がいかに頭がいいかに驚いた。
2. 理にかなった,合理的な,賢明な
3.〈話〉知っている,知識がある,詳しい

clever
【形】
1.〔人が〕利口な,賢い◆【同】intelligent
2.〔手先などが〕器用な,巧みな,機敏な
3.〔話などが表面上は〕気の利いた,巧みな
4.〈米方〉〔動物が〕従順な,扱いやすい
5.〈米方〉〔利口ではないが〕人当たり[愛想]の良い
6.〈米方〉〔人が〕善良な,温厚な
7.〈英方〉〔人が〕健康な,調子が良い

wise
【形】
1.〔人が経験豊富で判断・決定・選定などにおいて〕賢明な、賢い、頭の良い◆【反】foolish
 ・Some are wise, and some are otherwise. : 賢い人もいれば、そうではない人もいる。
 ・Wise men learn more from fools than fools from wise men. : 愚者が賢者から学ぶことより多くを賢者は愚者から学ぶ。
2.〔行動・判断などが〕分別[良識]ある、思慮深い
3. 計画などが〕巧妙に仕組まれた
4.〔事情に〕詳しい
5.〈主に米俗〉賢ぶった、生意気な、思い上がった

smart
【形】
1.〈主に米話〉利口な,賢明な,賢い,頭が切れる,頭の回転が速い
  ・You'd be smart to take it. : それを受け入れた方が賢明だ。
  ・He's smarter than he looks. : 彼は、見掛けによらず切れ者です。
  ・He's cute and really smart. : 彼は美形で本当に頭がいいです。
2.〔機器が〕高性能の,コンピューター制御の[を用いた・化された],ハイテクの
3. 気が利く
4.〈主に英〉〔身なり・外見などが〕格好いい,おしゃれな,洗練された,小粋な
5.  ハイカラの,最新流行の 
6.〔人や店などが〕上流社会の,粋な,高級な,あか抜けした
7.〔人の動作や物事の動きが〕きびきびした,活発な,急激な
8.〔人の言動が〕生意気な,こしゃくな
9. 抜け目のない

***
各英単語に 1対1で厳密に対応する日本語は存在しないことを自覚しておくことが必要です。
ネイティヴ・スピーカーを誉めるときは 使い分けに注意しましょう。
You are so smart!” が無難?

|

« 日本の性差別に金メダル | トップページ | IOC の声明とは? »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本の性差別に金メダル | トップページ | IOC の声明とは? »