« 最新の公園のトイレ。 | トップページ | ‘United Arrows’ の 別注 “Clarks,Desert London” »

2021年2月13日 (土)

米国における黒人政治家の数,人口比に対して-

バイデン政権の副大統領に黒人女性がなりました。黒人であること,女性であること,いずれも米国初のできごとです。
米国政治における黒人の進出に関して ‘Pew Research Center’ の ‘FACTTANK’ が Jan.22,2021付けで調査結果を報告していました。
タイトルは “Black Americans have made gains in U.S. political leadership, but gaps remain”(黒人米国人は米国の政治的リーダーシップで数を増やしてきたが,ギャップは残っている)です

下記,拙訳・転載します。

********************

001_20210123175301
Kamala Harris is sworn in as vice president by Supreme Court Justice Sonia Sotomayor on Jan. 20, 2021, in Washington as Harris’ husband, Doug Emhoff, and Joe Biden look on. (Alex Wong/Getty Images)
カマラ・ハリスは,夫であるダグ・エムホフとジョー・バイデンが見守る中,2021120日にワシントンで最高裁判所のソニア・ソトマイヨールによって副大統領に就任した。

バラク・オバマが最初の黒人米国大統領として歴史を築いてから12年後,ジョー・バイデンの選挙後,黒人女性が米国の副大統領に就任した。ジャマイカとインドの血が混在するカマラ・ハリスは,黒人米国人としては初めて,アジア系の最初の人物として,国内で2番目に高い役職に就いた最初の女性である。ハリスの選出は,特に米国下院と最近の大統領の内閣において,黒人米国人が政治的リーダーシップにおいてより大きな足場を築く上で,ゆっくりではあるが着実な進歩を遂げたもう1つの進歩を表している。しかし,彼らは上院と知事職(governorships)で遅れをとっている。

2020年6月のピュー研究所の調査によると,多くの黒人米国人は,政治的代表を,人種的平等を高めるための潜在的な触媒(potential catalyst)と見なしている。黒人の成人の10人中4人は,より多くの黒人を選出させるために働くことは,黒人米国人が平等を達成するのを助けるために努力する(striving)グループにとって非常に効果的な戦術(tactic)になるだろうと述べた。白人の成人は,これを人種平等の向上をもたらす効果的な方法と見なす可能性は低かった(23のみが非常に効果的であると述べた)。

過去数十年のデータは,米国における黒人の政治的リーダーシップの上昇的であるが不均一な軌跡(uneven trajectory)を明らかにしている。1965年には,黒人の米国上院議員や知事はおらず,下院議員の5人だけが黒人だった。2021年の時点で,一部の地域でより多くの代表がいる- 新しい議会の57人の下院議員は黒人であり(投票権のない代表者と委員を除く),黒人議員の割合(13)は米国全体人口に占める黒人の割合とほぼ同等である(on par with)。
しかし,他の分野ではほとんど変化がなかった:3人の黒人上院議員(2019年と同じ数)がいて,黒人知事はいない。

ミシシッピ州の共和党員である最初の黒人上院議員,ハイラムR.レベルス(Hiram R. Revels)は,州議会(state’s Legislature)によって空席を埋めるために選ばれた。彼は1870年から1871年までの1年間務めた。現在上院にいる3人を含む,合計11人の黒人米国人が上院で働いた。ハリスが上院からホワイトハウスに移り,民主党員のラファエル・ワーノック(Raphael Warnock)がジョージアからの最初の黒人上院議員になったので,前の議会と同じ数である。2013年まで,2人の黒人上院議員が同時に就任したことはなかった。

大統領内閣の黒人メンバーの割合は,クリントン政権とジョージW.ブッシュ政権,およびオバマの第2期中は 米国の人口と同等かそれ以上だった。これは,バイデンのすべての候補者が承認された場合と同等である。しかし,トランプ政権の間,黒人の内閣の秘書は1人しかいなかったし,オバマの最初の任期にも同じことが当てはまった。

現在の第117回議会には,57人の黒人代表が参加しており,1965年以来,過去最高を記録し,大幅に増加している。これら57人の代表のうち2人だけが共和党員であり,コロンビア特別区と米領バージン諸島を代表する2人の投票権のない代表者が黒人である。1965年には5人の代表だけが黒人で,全員が民主党員だった。

002_20210123175301

大統領内閣における最高レベルの黒人代表は,ビル・クリントンの最初の任期中に発生し,15人の内閣任命者のうち4人が黒人だった。それ以来,黒人の内閣のシェアは変動した。 オバマの最初の任期とドナルド・トランプの大統領期間では,1人の内閣メンバーだけが黒人だったが,ジョージW.ブッシュの最初の任期とオバマの2番目の任期では,黒人だった内閣のシェアは全米人口の黒人のシェアを上回った。バイデンの候補者の名簿(slate)が上院によって確認された場合,彼の内閣には3人の黒人メンバーが含まれる。ハリスが副大統領,ロイド・オースティン(Lloyd Austin)が初代黒人国防長官,マーシア・ファッジ(Marcia Fudge)が住宅都市開発長官(secretary of housing and urban development)である。

003_20210123175401

今日,黒人の知事は就任しておらず,デヴァル・パトリック(Deval Patrick)が2015年に引退して以来,誰もいない。実際,米国の歴史には4人しかいない。 ピンクニー・ピンチバック(Pinckney Pinchback)は,ヘンリー・クレイ・ウォーモス(Henry Clay Warmoth)の弾劾後,1870年代に35日間ルイジアナ州知事を務めた。バージニア州,マサチューセッツ州,ニューヨーク州には,1990年代と2000年代にそれぞれ,ダグラス・ウィルダー(Douglas Wilder),デヴァル・パトリック,デビッド・パターソン(David Paterson)の黒人知事がいた。後者の2人は,2008年から2010年まで,初めて同時に就任した。最初の黒人女性知事になることを目指している2人を含む,3人の黒人候補者が,202111月にバージニア州知事に選出を争う混雑した分野の一部である。

(転載了)
*****************

公職と人口比とのギャップの存否が米国の民度を測る一つの尺度となっています。

|

« 最新の公園のトイレ。 | トップページ | ‘United Arrows’ の 別注 “Clarks,Desert London” »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最新の公園のトイレ。 | トップページ | ‘United Arrows’ の 別注 “Clarks,Desert London” »