« 見出しに見る勘違い(その672) | トップページ | ダイエット休みの日。 »

2021年2月 3日 (水)

国毎の医師と看護師の数を比較

新型コロナウイルス蔓延,多くの感染者による医療崩壊,もしくはその危機が報道されています。

それでも日本の感染者数(絶対数 および人口当たり)は他の先進国に比べるとかなり少ない実態から 他の国の医療現場は とっくに崩壊しているのではないかと危惧しますが,報道で知る限り,その程度は 想像ほどでもないようです。

何が違うのか,医師の数か,医療施設(設備)の数か,それとも医療システム(一元管理・統括)の差か-

とりあえず,医師と看護師の数がどうなのか調べてみました。

OECD’ の最新のData から-

***********

Doctors
医師

Doctors are defined as "practising" doctors providing direct care to patients.
医師(doctors)とは,患者に直接ケアを提供する "practising" doctors(辞書では「開業医」だが,この場合,勤務医を含む「資格認定医師」か)と定義されている。
ただし,一部の国(カナダ,フランス,オランダ,スロバキア,トルコ)では,比較可能なデータがないため,数値は,管理者,教育者,研究者などとして医療部門で働く医師を含む「専門的に活動する」(professionally active)医師に対応している。 (さらに5-10%の医師を追加)。医師は通常,個人や家族に継続的なケアを提供する責任を負うジェネラリスト,または小児科医,産科医/婦人科医,精神科医,“医療専門家“”専門医などの専門家である。
この指標は、1000人の住民ごとに測定される。

Doctor-graph

Medical graduates
医学部卒業者

この指標は,特定の年の医学卒業生の数を示す。
事実上すべてのOECD加盟国は,多くの場合,利用可能な訓練場所の数を制限することにより,医学部の入学者数を何らかの形で管理している。医師の数を維持または増加するには,新しい医師のトレーニングへの投資,または海外からのトレーニングを受けた医師の採用が必要である。医師の養成には約10年かかるため,現在の不足は,国内に失業者がいない限り,海外から資格のある医師を採用することでしか対応できない。逆に,余剰や需要の急減は,新卒者が自宅待機して空いているポストを見つけるのに苦労していることを意味するかもしれない。
医学部卒業生は,特定の年に医学部または同様の機関を卒業した学生の数として定義される。歯科,公衆衛生,疫学(epidemiology)の卒業生は除外される。
この指標は,10万人の住民ごとに測定される。

Doctor-graduate-graph

Doctor

Nurses
看護師

看護師は,自営業の看護師を含んで,患者に直接医療サービスを提供するすべての「実践的(practising)」看護師として定義される。
ただし,一部の国(フランス,アイルランド,イタリア,オランダ,ポルトガル,スロバキア,トルコ,米国)では,比較可能なデータが不足しているため,数値は,医療部門でマネージャー,教育者,研究者などとして働く看護師を含む「専門的に活動している(professionally active)」看護師に対応している。
オーストリアとギリシャのデータは,病院で働く看護師のみが含まれている。助産師と看護助手(看護師として認められていない)は通常除外されるが,専門看護師と見なされる助産師を含む国もある。
この指標は,1000人の住民ごとに測定される。

Nurse-graph

Nursing graduates
看護卒業生

この指標は,特定の年の看護卒業生の数を示す。
現在または予想される看護師不足への懸念に応えて,多くのOECD諸国は,近年,看護教育プログラムの学生数を拡大するための措置を講じている。多くの国で看護労働力が高齢化しており,団塊の世代(the baby-boom generation)の看護師が定年を迎えているため,看護教育への投資を増やすことは特に重要である。看護卒業生とは,認可または登録された看護師になるために必要な,認められた資格を取得した学生の数を指す。彼らには,高レベルと低レベルの両方の看護プログラムの卒業生が含まれる。この指標は,看護師がさらなる資格を取得することを二重に数えることを避けるために,看護の修士号または博士号の卒業生を除外する。
この指標は,10万人の住民ごとに測定される。

Nurse-graduate

Nurse
********************
日本の医師の数 および 年毎の医学部卒業生の数は G7の中で最少です。
他方,看護師の数 および 看護学校卒業生の数は G7に中で ほぼ中間です。
医師の数は 直接的には「医学部の定員」で決まっているでしょうから,間接的には 認可する国によって決まる,あるいは 医師会の圧力によって決まると言うことでしょうか。
IQの分布は,人種によって大きく変わることはないでしょうから,他国並みに人口当たりの,医学部の定員を増やしても能力的に問題あるとは思えません。
医師数に対して看護師の数が世界の標準より多い,医師数と看護師数のバランスの違いの理由は 素人が考えても分かりません。

|

« 見出しに見る勘違い(その672) | トップページ | ダイエット休みの日。 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る勘違い(その672) | トップページ | ダイエット休みの日。 »