« 直列4口 ガスコンロ? | トップページ | トマト・ジュースは ‘MARRE’ だがー »

2021年3月29日 (月)

米国のコロナ・ワクチン接種に関するいくつかの情報

米国では コロナウイルス・ワクチンの接種が進んでいるようですが,その中でも いろいろな事情があるようです。

Pew Research Centerの ‘FACTTANKMar.23,2021付けで “10 facts about Americans and coronavirus vaccines” (米国人とコロナウイルス・ワクチンに関する10の事実)と題する調査報告がありました。

下記,拙訳・転載します。

*********************

ジョー・バイデン大統領は,74日の休日までに米国を「通常に近づける(closer to normal)」ことを期待して,5月1日までに米国のすべての成人にコロナウイルス・ワクチンの接種資格を与えるよう州政府に要請した。米国の接種(inoculation)のペースは,州が人口の大部分にワクチンを利用できるようにして,ここ数週間で加速している。同時に,すべての米国人が資格を得た後でも接種されることを計画しているわけではない。

米国のワクチン接種キャンペーンが増える(ramps up)につれて,パンデミックの過程でピュー研究所が行った調査に基づいた,コロナウイルス・ワクチンに関する米国人の見解に関する重要な事実がここに示す。この分析は,新しい調査データが利用可能になると更新される。

001h_20210324170801 1.2月中旬に米国の成人の約7割(69)が,間違いなく,またはおそらくコロナウイルス・ワクチンを接種するだろうと述べ,19がすでに少なくとも1回の接種を受けたと述べている。COVID-19の予防接種を受けると言う米国人の割合は,アウトブレイク中に変動した。2020年5月,センターがコロナウイルス・ワクチンを受ける米国人の意思について初めて尋ねたとき,成人の72が,その時点で可能であれば,おそらくまたは間違いなく接種を受けるだろうと述べた。その割合は20209月に51に急落した後,202011月に60に上昇した。これは,いくつかのワクチンのうち最初のワクチンの使用が承認される直前だった。

予防接種を受ける予定の,またはすでに少なくとも1回の接種を受けたと言う米国人の割合の最近の増加は,接種した(inoculated)人々の割合の着実な増加を示す政府のデータと一致している。

2.65歳以上の米国人は,若い人よりもコロナウイルス・ワクチンを接種すると言う可能性が高く,2月中旬までに少なくとも1回の接種を受けたと言う可能性がはるかに高くなる。65歳以上の85は,2月にワクチンを確実に,またはおそらく接種すると答え,そのうち41は,すでに少なくとも1回接種したと答えている。これは,調査時に少なくとも1回の服用を受けたと述べた若い米国人の約3倍だった。

65歳以上の人々の間では,少なくとも1回の接種をすでに受けていると述べた米国人の割合に人口統計上の違いがあった。たとえば,この年齢層の約6割(57)の高所得の米国人は,中所得層の42と 低所得層の24の人々と比較して,すでに少なくとも1回の接種を受けていると述べている。

疾病管理予防センター(the Centers for Disease Control and Prevention)の調査によると,高齢者はコロナウイルスのリスクが高いことがわかっている。CDCはまた,州政府がワクチンの接種資格(eligibility)を決定するとき,高齢の米国人を優先グループにすることを推奨している。

3.黒人の米国人は,他の人種や民族グループよりも,コロナウイルス・ワクチンを接種する,またはすでに少なくとも1回接種していると言う可能性は継続的に低くなっているが,大多数は依然 接種する予定である。2月に10人中6人(61)の黒人成人が,おそらく,または確実にワクチンを接種するか,少なくとも1回接種したと述べた。これは,11月にコロナウイルス・ワクチンを確実にまたはおそらく接種すると答えた42から増加している。しかし,ワクチンを接種する,またはすでに1回接種したと言う成人の黒人の割合は,2月の調査では,同じことを言ったアジア人(91),ヒスパニック(70),白人(69)の成人の割合をまだ下回っていた。

アフリカ系米国人は,コロナウイルスに対する高いレベルの関心と,無意識のうちに他の人に病気を広める可能性で際立っている。

4.宗教グループの中では,無神論者(atheists)はワクチンを接種するか,すでに1回接種したと言う可能性が最も高く,白人の福音派プロテスタントは最も可能性が低い。10人中9人の無神論者は,2月に,間違いなく,またはおそらくワクチンを接種するか,すでにワクチンを接種していると述べた。およそ10人中8人(80)の不可知論者(agnostics)とカトリック教徒(77)が同じことを言った。その割合は,黒人プロテスタント(64),特に白人福音派プロテスタント(54)の間でかなり小さかった。白人の福音派の半数弱(45)が,COVID-19を予防するためのワクチンを確実にまたはおそらく接種しないと述べた。

002h_20210324170801 宗教的所属はしばしば政党所属と相関するが,共和党員の間でさえ,白人の福音派プロテスタントはコロナウイルス・ワクチンを接種する傾向が少ないとして際立っている。

地域の健康の役割についての信念は,宗教団体を含め,ワクチンを接種する意図と強く結びついている。結局のところ,白人の福音派プロテスタントは,他の宗教グループの人々よりも,COVID-19ワクチンを接種するという個人の決定に地域の健康への影響が大きく影響するはずだと考える傾向がない。このグループの多くは,地域の健康への懸念は,ワクチンの接種に関する個々の決定において,ほんの少しの役割しか持たないか、まったく役割を果たさないはずだと述べている。

5.民主党員は共和党員よりもコロナウイルス・ワクチンを接種する,またはすでに接種していると言う傾向があり,ここ数ヶ月で政党間のギャップは拡大している。約10人中8人(83)の民主党員と民主党支持者は,2月に確実に,またはおそらくワクチンを接種するか,少なくとも1回は接種済みであると述べた。共和党員と共和党寄支持者のはるかに少数の過半数(56)しか同じことを言ってない。民主党員と共和党員の間の27パーセントポイントのギャップは,2020年のさまざまなポイントで測定されたギャップよりも広かった。

パンデミックを通じて,共和党員は民主党員よりもコロナウイルスのアウトブレイクを公衆衛生への主要な脅威と見なす可能性がはるかに低くなっている。20212月,共和党員の41COVID-19をそのように説明したのに対し,民主党員は82だった。ウイルスを主要な公衆衛生上の脅威と見なす傾向が少ない米国人も,コロナウイルス・ワクチンを接種する傾向が少ない。

003h_20210324170801 6.コロナウイルス・ワクチンを入手するという国民の意思は,他の要因の中でもとりわけ,ワクチンの研究開発プロセスへの信頼と関連している。人口統計学的および党派的な違いは別として,ワクチンの研究開発プロセスを信頼している米国人は,コロナウイルス・ワクチンを接種する可能性がはるかに高い。2月には,このプロセスに大きな信頼を持っている人の96が,間違いなくまたはおそらくCOVID-19ワクチンを接種するか,少なくとも1回接種したことがあると答え,これに対して,ワクチンの研究開発プロセスをあまり信頼してないと答えた人はわずか21%だった。

他の原動力も役割を果たしている。たとえば,毎年インフルエンザの予防接種を受ける米国人は,コロナウイルス・ワクチンを接種するか,少なくとも1回の接種を受けたと言って,インフルエンザの予防接種をほとんどまたはまったく受けない人よりも39ポイント高かった。

004h_20210324170801 7.副作用(side effects)と研究開発プロセスのスピードに関する懸念は,コロナウイルス・ワクチンを接種しないことを計画している人々によって引用された理由のリストの上位にある。2月にワクチンを確実に,またはおそらく接種しないと答えた人の72は,主な理由は副作用の懸念と述べ,67は,ワクチンの開発とテストが早すぎることへの懸念と述べた。約6割(61)が,主な理由は,ワクチンがうまく機能することについてもっと知りたいと思ったからだと述べた。少数の割合では次のようなケースがある:過去に医療制度でのあまりにも多くの間違いを見た(46),COVID-19ワクチンが必要だとは思わなかった(42),または一般的にワクチンを接種しなかった(36 )。

8.米国人の約4分の3は,予防接種の取り組みと国の経済の改善との間に関連があると考えている。

2月中旬の調査では,成人の約半数(51)が,米国人の大多数がCOVID-19のワクチンを接種すれば,経済に大いに役立つと述べ,さらに25は,少しは役立つと述べた。同様の割合(22)は,経済に大きな違いはないと述べている。コロナウイルスの発生を米国民の健康に対する主要な脅威と見なした人々は,ワクチン接種キャンペーンと経済との関連を特に見る可能性があった。

9.2月に約10人中6人(58)の米国人が,コロナウイルスの新しい亜種の蔓延により,大多数の国民がワクチン接種を受けることがより重要になると述べた。成人の約3分の132)は,新しい亜種で 大多数の国民がワクチン接種を受けることの重要性についての見方が変わらなかったと述べ,8は,亜種が国の広い範囲でワクチン接種を受けることの重要性を低下させたと述べた。

005h_20210324170801 10.米国人の大多数は,発展途上国より 米国のワクチンへのアクセスを優先すべきだと考えている。成人の約3分の266)は,それが発展途上国の人々がより長く待つ必要があることを意味するとしても,米国は国内で十分なワクチンがあることを保証するべきであると2月に述べた。10人中3人は,米国は 国内でより長く待つことになっても,発展途上国でのワクチンへのアクセスを保証する必要があると述べた。

(転載了)

**************

人種,宗教,(支持)政党と ワクチン接種肯定・否定に相関関係があるのが面白いところです。

|

« 直列4口 ガスコンロ? | トップページ | トマト・ジュースは ‘MARRE’ だがー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 直列4口 ガスコンロ? | トップページ | トマト・ジュースは ‘MARRE’ だがー »