« シャツ生地の ‘BARACUTA G9’,シャンブレイは “Made in Japan” | トップページ | TVでの面白い発言(その 70) »

2021年3月 4日 (木)

見出しに見る勘違い(その683)

「文大統領『日本といつでも対話する準備』独立運動記念日に演説」  2021/3/1 朝鮮日報・日本語版
    ‘日本による植民地支配に抵抗して1919年に起きた独立運動「三・一運動」から102年を迎えた1日,韓国政府主催の記念式典がソウル市内のタプコル公園で開催された。文在寅大統領は演説で,「政府はいつでも日本政府と向き合い,対話する準備ができている」とし,「易地思之(相手の立場に立って考える)の姿勢で向き合えば,過去の問題も賢明に解決できると確信している」と述べた。 韓国の裁判所が旧日本軍の慰安婦被害者と日本による植民地時代の強制徴用被害者への賠償をそれぞれ日本側に命じた判決などで韓日関係が行き詰まるなか,日本に融和のメッセージを発した。

 文大統領は「日本とわれわれの間には不幸だった歴史があり,われわれは歴史を忘れられない。加害者は忘れることができても,被害者は忘れられないものだ」としながらも「100年がたった今,両国は互いにとって非常に重要な隣国になった」と評価した。

特に,「われわれは歴史を直視し,教訓を得ねばならない」とする一方,「過去に足を取られてはいられない。過去の問題の解決を図りながらも,未来志向の発展に一層力を注ぐべきだ」と強調した。「両国の協力は北東アジアの安定と韓米日の3ヶ国協力にも役立つ」とも語った。 との報道です。
  柔軟路線に切り替え,という話もあるようですが,
対話する準備ができても仕方ないのです。日本が対話を求めてくれば応じる準備がある,のように聞こえます。しかし,具体的提案がありません。球は韓国にあるので,過去の無礼を詫び,何らかの,改善の具体的提案がなければ対話は始まらないし,対話しても何の成果も得られません。相変わらず「被害者は忘れられないものだ。」と口癖のように言っているような態度では対話は始まりません。
  日本では使われない(?)「易地思之(相手の立場に立って考える)の姿勢」などと難しい言葉を使っても,発音だけでは,漢字を捨てた韓国民にとって意味があるのでしょうか?

 

|

« シャツ生地の ‘BARACUTA G9’,シャンブレイは “Made in Japan” | トップページ | TVでの面白い発言(その 70) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シャツ生地の ‘BARACUTA G9’,シャンブレイは “Made in Japan” | トップページ | TVでの面白い発言(その 70) »