« トマト・ジュースは ‘MARRE’ だがー | トップページ | 春なので 薄い色の “Harrington Jacket” が欲しい。 »

2021年3月30日 (火)

スエズ運河のコンテナ船は・・・。

3月23日にスエズ運河で座礁して 航行を妨げている,超大型コンテナ船 “Ever Given”(2000TEU)は 29日に一部浮揚したとの報道がありましたが,依然,通航を妨げているようです。
英文 Wikipedia には Mar.29,2021 時点で,既に この事故の項目があり,最新情報がまとめられています。
この記事では まだ示されていませんが,現地時間 29日15時過ぎに 完全に離礁して動き始めたようです。

下記,一部を拙訳・転載します。
***************

2021 Suez Canal obstruction
2021年 スエズ運河 閉塞

2021年323日,“Ever Given”,‘Golden-class’のコンテナ船がスエズ運河で座礁した。長さ400メートル(1,300フィート)の船は,砂嵐と最大40ノット(74 km / h; 46 mph)の強風に襲われ,コースから外れたが,当局はこれが「主な理由ではない」,「座礁は技術的または人的エラーがあったことが原因の可能性がある」と述べた。船は運河の土手(bank)に座礁し,運河を遮り,他の船が通過するのを妨げた。障害物は2つの水路がある運河のかなり南にあるため,他の船が “Ever Given” を迂回する方法はない。船は堆積物から解放され,329日に部分的に再浮揚した。

Background
背景

世界で最も重要な商業ルートの一つであるスエズ運河は1869年に開通した。それから1世紀半経ち,2021年までに 1日に約50隻の船,世界の貨物の12%が通過している。ただし,運河の長さの大部分は,交通が一度に両方向に移動できるほど広くはなく,船の船団は,水路のこれらのセグメントを交代で通過する必要がある。現在,拡張プロジェクトが進行中だが,運河の大部分は単一レーンのままである。
Ever Given” は20151225日 起工,201859日 進水,2018925日 完工した。日本の今治造船の子会社である正栄汽船が所有している。操船は台湾を拠点とする会社 ‘Evergreen Marine’であり,‘Bernhard Schulte Shipmanagement’ によって管理されており,パナマ船籍である。船主の正栄汽船は31億ドルの賠償責任保険に加入している。‘Evergreen's Protection and Indemnity’(サードパーティ)の賠償責任保険は,相互のUK PI Clubによって提供される。船は日本市場で保険をかけられている。
保険業界筋によると,船の所有者は,収入の損失や通過が妨げられている他の船について,スエズ運河庁(SCAthe Suez Canal Authority)からの保険金請求に直面している可能性がある。
このサイズのコンテナ船は,通常,1億ドルから14000万ドルの船体および機械の損傷に対して保険がかけられている。

アイルランド国立海事大学の講師で元船長のビル・カバナ(Bill Kavanagh)は,スエズ運河を航行することを「非常に複雑でリスクの高い操船」と表現している。突風により,船舶の積載コンテナ部分が「帆のように機能」し,船舶の進路安定性に影響を及ぼす。“Ever Given” のような重い船の運動量(momentum)は,コースから外れた場合に打ち消すことは困難である。

エジプト政府は,運河を航行する船に,エジプトの「スエズ乗組員(Suez crew)」が乗船することを義務付けており,これには,エジプトのSCAからの1人以上の公式の水先案内人が 通常の乗組員から引き継いで船を指揮することが含まれ,これは世界中の多くの港において通常のプラクティスである。事故当時,2人のエジプトのSCAパイロットが乗船していた。

Incident
事故 

2021年323日、エジプト時間07:40UTC 05:40)に,“Ever Given” はスエズ運河を通航していたところ,砂嵐に巻き込まれた。40 kn74 km / h; 46 mph)に達した強風により,「船を操縦する能力を失い」,船体がコースを逸脱した。その後,船は151 km82 nmi)のマーク(地中海のポートサイドから測定,スエズ湾のスエズ港から10 km5.4 nmi))で座礁し,横向きになり,自分自身を動かせず,運河の両側をブロックした。全員がインド人である乗組員は無事が確認され,負傷者は報告されていない。事故当時,船はマレーシアのタンジュン・ペレパス(Tanjung Pelepas)からオランダのロッテルダム港に向けて航行していた。Manshiyet Rugolaの村の近くで座礁したとき,15隻の船が後ろにあり,北行きの船団の5番目だった。

ゲント大学(the University of Ghent)の海事技術部門(maritime technology division)の責任者であるEvert Lataireによる船舶追跡ウェブサイトからのデータの分析によると,狭窄した(constricted)水路を運航しているとき 船尾が近くの岸に向かって揺れる “bank effect”(堤防影響)があり,北行きの船を横に押す偏西風の横方向の力とともに,座礁に寄与している。現代の船の設計の焦点のほとんどは海上での効率と安定性に向けられているため,特に過去10年間で船のサイズが急速に拡大していることを考えると,浅水域での流体力の影響がややあいまい(obscure)のままであり、さらなる研究が必要である。

Photo_20210329200701

運河の両端にいる200隻以上の船が,“Ever Given” によって妨害され,これには,同様のサイズの他の5隻のコンテナ船が含まれ,その他には バルク・キャリア41隻と原油タンカー 24隻が含まれる。影響を受けた船舶は,載貨重量の合計で およそ1,690万トンである。一部はその地域の港や停泊地に停泊し,多くはそのままだった。この海域の船は,小型貨物船から大型船まで多岐にわたり,その中には,その日早くに,ばら積み貨物船“Ark Royal” との軽微な衝突に巻き込まれたロシア海軍のアルタイ級(Altay-class)給油艦(oiler)“Kola”が含まれる。
運河が再開するのを待っている船に積まれている家畜(livestock)の健康への懸念があり,少なくとも20隻のそのような船がウェブサイト “Marine Traffic”とNGOによって特定された。このような懸念は,健康に関する事務処理によって遅延した船上で何ヶ月も海上で過ごしたために,状態が悪くなった数千頭の牛が屠殺された(slaughtered)という最近の事件からクローズアップしている。

Response
対応

当局は,再浮上操作のためのスペースを確保するために,“Ever Given” の後ろから2隻の船を移動することを計画した。掘削機を含む重機が船首を掘り出すために動き,燃料と9000トンのバラスト水が船から取り除かれ,船を軽くした。8隻のタグボートが “Ever Given” を自由にするために引っ張る試みを支援している。 “Royal Boskalis Westminster” の最高経営責任者であるPeter Berdowskiは,この計画は「数日から数週間かかる可能性がある」と述べた。

3月25日,SCAは,“Ever Given” が再浮上するまで,スエズ運河の航行を一時停止した。同日,エジプトのアブデル・ファッタ・エルシシ大統領の港湾顧問は,運河が「最大4872時間」で開通することを期待していると述べた。翌日,スエズ運河庁は,浚渫作業が約87%完了したと述べた。

3月26日,SCAは,浚渫専門家の米国海軍評価チームによる,船の撤去の取り組みを支援するという申し出を受け入れた。

3月27日,SCAは,14隻のタグボートがその日の満潮を利用しようとしており,最新の試みが失敗した場合,翌日にはさらに多くのタグボートが到着すると述べた。

所有者の正栄汽船社長の檜垣幸人氏は,「浸水はしてない。再浮上すれば運航できるはずだ」と述べ,損傷は見られなかったと報告した。

運河がいつ再開されるかについてのタイムラインはない。 しかし,グリニッジ標準時の午後5時までに,船は北に向かって30メートル(100フィート)移動していた。“Ever Given” が現在の窮状から解放された後も,船が混雑した港に直面し,荷降ろし前にさらに遅延が発生する可能性があるため,出荷の遅延が続く可能性がある。327日の時点で,300隻以上の船が運河の両端と中央で遅れており,さらに多くの船が進路に近づいたり,進路を変更したりしている。

記者会見で,SCA会長のオサマ・ラビー氏は,気象条件が船の接地の「主な理由ではない」と述べ,「技術的または人為的エラーがあった可能性がある...これらの要因はすべて 調査によって明らかになるだろう。"と語った。

3月28日,船を撤去する努力により,満潮時に船尾と舵がある程度動くことが可能になり,SCAのラビー会長は,水が再び船の下を流れており,「いつでも船は滑ることができ,さらに,強潮と強風が復旧作業を複雑にしているにもかかわらず,船内の18,300個のコンテナの一部を取り除く必要がないことを望んでいることを指摘した。これは,エジプトの大統領アブデル・ファッタ・エルシシが船の貨物を軽くするための準備を命じたときに発言された。

「船のサイズの開発と実際の経済の開発との完全な断絶」(2015年のOECDレポートに記載),およびそれらを処理するための既存のインフラストラクチャの対応する制限北部で拡張が行われているスエズで明らかなプロセス 運河の終わりは続いており、この事件は「多くの人がやってくるのを見た最悪のシナリオ」として説明されている。

これはまた,より多くの時間とより多くの設備を必要とするより大きな船を離礁させることの難しさを浮き彫りにした。“Ever Given” がいくつかのコンテナを取り除くためにフローティング・クレーンの介入を必要としていた場合(そのようなクレーンが現実的な時間枠内で利用可能になると仮定して),プロセスはより長時間と大きな機器を使用することが必要で,閉塞が数週間に及ぶ可能性がある。

3月29日の朝,“Ever Given”は,解放の試みが何度も失敗した後,部分的に再浮上した。 運河当局の長は,「タグボートは,船が運河を再び移動し始めることができるように,さらに1時間働き続けるだろう」と述べた。

通常の運用に戻るためのタイムラインは不明なままである。

(転載了)

******************

現地時間 29日 15時過ぎ,完全に浮揚,離礁して 動き始めたようです。
待機していた船舶 計421隻になっていました。

船で通ったことがある私としては,天候が良ければ 何でもないコースと思いますが,風を受ける面積が大きい巨大コンテナ船が強い横風を受けると操船が難しそうです。

|

« トマト・ジュースは ‘MARRE’ だがー | トップページ | 春なので 薄い色の “Harrington Jacket” が欲しい。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トマト・ジュースは ‘MARRE’ だがー | トップページ | 春なので 薄い色の “Harrington Jacket” が欲しい。 »