« 時折りの欲しいもの:“abien MAGIC GRILL” | トップページ | 見出しに見る勘違い(その702) »

2021年4月23日 (金)

米国の退役軍人の人口変化について

米国には,日本では考えられないものに退役軍人がいて,尊敬を受け,それなりの待遇を受けられるようで 退役軍人省(VAthe Department of Veterans Affairs )も存在します。

Pew Research Center,‘FACTTANKApr.5,2021付けに “The changing face of America’s veteran population” (アメリカの退役軍人人口の変化する一面)と題する調査報告がありました。

以下,拙訳・転載します。

*********************

退役軍人省(VAthe Department of Veterans Affairs)のデータによると,今年の米国の退役軍人は約1,900万人で,米国の成人人口全体の10未満に相当する。退役軍人省,米国国勢調査局(the U.S. Census Bureau),および軍隊に勤務した人々とこの人口がどのように変化しているかについての他の情報源からの重要な事実は次のとおりである。

001_20210407091901 1.VA2018年の人口モデルの推定によると,湾岸戦争時代の退役軍人は,2016年にベトナム時代の

退役軍人を上回って現在,米国の退役軍人全体の最大の割合を占めている。2021年のVAの推定によると,ベトナム時代に兵役に就いた米国人退役軍人は590万人,湾岸戦争時代には19908月から現在までの間に780万人が兵役に就いた。VAの推定によると,第二次世界大戦の退役軍人は約24万人,朝鮮戦争に兵役に就いた退役軍人は約933,000人である。
一部の退役軍人は複数の時代を通じて兵役に就いたが,この場合,彼らの最も初期の時代にのみ数えられる。2021年の退役軍人の約4分の378)は戦時中に兵役に就き,22は平時に兵役に就いた。 (戦時および平時に兵役に就いた退役軍人は,戦時中にのみカウントされる。)

2.兵役経験を持つ米国の人口の割合は減少している。 国勢調査局によると,2018年には,米国の成人の約7が退役軍人であり,1980年の18から減少した。この減少は,現役の軍人(active-duty personnel)の減少と一致する。過去半世紀にわたって,現役の人々の数は,徴兵制時代の1968年の350万人から,今日の全志願者の約140万人(または全米国成人の1未満)に大幅に減少した。
徴兵制(draft)は1973年に終了した。

3.VAの予測によると,生きている退役軍人の数は今後25年間減少し続けるだろう。2046年までに,同省は約1,250万人の退役軍人になると予測しており,現在の数から約35減少している。その時までに,湾岸戦争時代の退役軍人が兵役に就いた人々の過半数を占めると予測されており,ベトナム時代以前に兵役に就いたほとんどの退役軍人は亡くなっているだろう。

4. 退役軍人の人口統計学的プロファイルは,次の四半世紀で変化すると予想される。VA2021年の人口モデルの推定によると,現在,退役軍人の10人に9人(89)が男性で,10人に1人(11)が女性である。2046年までに,女性退役軍人の割合は約18に増加すると予想されている。女性退役軍人の数は,2021年の約200万人から2046年の約220万人へとわずかに増加すると予測されている。一方,男性退役軍人の数は,2021年の約1700万人から2046年には約1030万人に減少すると予測されている。
米国の人口全体の傾向と同様に,退役軍人の人口はより人種的および民族的に多様になると予想される。2021年から2046年の間に,非ヒスパニック系白人である退役軍人の割合は74から62に低下すると予想されている。ヒスパニック系の退役軍人の割合は8から16に倍増すると予想され,黒人の割合は13から15にわずかに増加すると予想される。
予測によると,退役軍人の人口はわずかに若くなり,米国の人口全体が高齢化を続けているにもかかわらず,退役軍人の332046年には50歳未満であるのに対し,2021年には27だった。50歳から69歳の退役軍人の割合は36から33に減少すると予想され,70歳以上の退役軍人の割合は2046年までに全体の約3分の134)になり,現在の割合(37)よりわずかに低くなると予測される。

002_20210407091901 5.かつてよりも軍隊経験のある国会議員は少ない。退役軍人である米国人の割合が減少するにつれて,以前に兵役に就いた議員の割合も減少した。現在の議会では,以前兵役に就いていたのは両院の議員の17で,ほんの数十年前から大幅に減少している。
退役軍人である上院議員の割合は,1975年に朝鮮戦争後のピークである81に達し,下院議員の割合は1967年に75のピークに達した。しかし,最近の選挙では,民主党と共和党の両方が議会の勢力に退役軍人を募集するために特別な努力をしており,新しく選出された新人クラスには15人のそのような議員が含まれている。

003_20210407091901 6.VAは,他の政府機関と比較して比較的低い好感度(favorability rating)しかない。VAは,昨年春のピュー研究所の調査で,10の機関と部門の中で3番目に低い評価を受けた。米国の成人の約3分の265)が VAについて好意的な見方をしているが,22が否定的な見方を示していた。調査の多くの機関や部門と同様に,評価には党派的な違いがあった。 共和党員と共和党支持者は,民主党員と民主党支持者(61)よりもVAに対して高い(72)好意を示した。
2019年の調査では,退役軍人自身がVAについてさまざまな感情を抱いていることがわかった:退役軍人の9が,VAが退役軍人のニーズを満たす優れた仕事をしていると述べている:37は,VAが良い仕事をしていると述べた。約半数が,公正な仕事(37)または貧しい仕事(15)しか行っていないと述べた。

7. 米国人は,退役軍人のサービスを重要な優先事項と見なし続けている。2019年3月の調査では,米国の成人の72の大多数(共和党と民主党の同一の72の割合)が,連邦予算を組むと,退役軍人の利益とサービスへの支出が増えると述べている。これは,調査に含まれる13のプログラム領域で教育(72)を除くすべての中で最も高い割合であり,センターが2001年に最初に質問して以来,退役軍人サービスへの支出の増加に対するサポートの2番目に高いレベルである。

(転載了)

*******************
退役軍人が少なくなるのは 戦争がないから当然と言えますが,その影響に何があるのか,日本にいては分かりません。

|

« 時折りの欲しいもの:“abien MAGIC GRILL” | トップページ | 見出しに見る勘違い(その702) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 時折りの欲しいもの:“abien MAGIC GRILL” | トップページ | 見出しに見る勘違い(その702) »