« 見出しに見る勘違い(その703) | トップページ | 見出しに見る勘違い(その704) »

2021年4月26日 (月)

米国におけるアジア系住民の増加

米国では アジア系住民への暴行事件が続いているようです。新型コロナの中国発の他に 潜在的アジア系住民増大への 故無き嫌悪感があるような気がします。

Pew Research Center’,‘FACTTANK’ のApr.9,2021付けで,“Asian Americans are the fastest-growing racial or ethnic group in the U.S.”(アジア系米国人は,米国で最も急速に成長している人種または民族グループ)と題する調査結果がありました。

下記,拙訳・転載します。

**************************

001h_20210411121601 アジア系米国人は,2000年から2019年の間に,米国のすべての人種および民族グループの中で最も速い人口増加率を記録した。米国国勢調査局(U.S. Census Bureau)の人口推計のピュー研究所の分析によると,米国のアジアの人口は,その期間中に約1,050万人から記録的な1,890万人へと,81増加した。これは,2020年以前の人口調査の数値が発表される前のことである。
さらに,2060年までに,米国のアジア人の数は3,580万人に増加すると予測されており,2000年の人口の3倍以上になる。

ヒスパニックは2000年から2019年の間に2番目に速い人口増加を示し,次にハワイ先住民と太平洋諸島系(NHPINative Hawaiians and Pacific Islanders)がそれぞれ7061で続いた。この期間中,20の遅い割合ではあるが,黒人の人口も増加した。白人の人口に実質的に変化はなかった。

米国でのアジア系米国人の人口の増加と関連し,コロナウイルスの発生が始まって以来,このグループに対する差別と暴力の報告がある。20213月初旬に実施されたピュー・リサーチセンターの調査では,316日にアトランタ地域で6人のアジア人女性と他の2人が致命的な銃撃を受ける前に,アジア系米国人の87が,社会で彼らに対する差別が多い,またはある程度あると述べた。

20206月の調査では,アジア人の31が,COVID-19の発生が始まって以来,中傷(slurs)やジョークの対象であったと報告し,26が,人種や民族性のために誰かに脅迫されたり,物理的に攻撃されたりすることを恐れていると述べた。 (両方の調査におけるアジアの成人は英語でのみでインタビューされた。)

Average population growth of Asian Americans has slowed over the past two decades
アジア系米国人の平均人口増加は過去20年間で鈍化した
 

米国のアジア系米国人人口の平均年間成長率は2000年以降鈍化している。2000年から2005年の年間増加率は 3.9%だった。2005年から2010年の間に年率3.1に低下し,2010年から2015年の間はそのレベルを維持し,その後2015年から2019年の間は年率2.4に低下した。

002_20210411121801

鈍化傾向にもかかわらず,米国のアジアの人口は,2000年以来,ほとんどの年で,主要な人種および民族グループの中で最も高い成長率の1つを維持している。例外は2005年から2010年の間で,ヒスパニック系米国人の成長率がアジア系米国人よりもわずかに上回っていた(年間成長率 3.43.1)。

Asian American population grew in all states and D.C. between 2000 and 2019
アジア系米国人の人口は,2000年から2019年の間で,すべての州とD.C.で増加した

アジア系米国人の人口は,過去20年間で,すべての州とコロンビア特別区で増加している。カリフォルニアの2019年のアジアの人口は約590万人で,これは米国で群を抜いて最大である。ニューヨーク(170万人),テキサス(150万人),ニュージャージー(87万人),イリノイ(732,000人)が続いた。 米国のアジア人の大多数(56)は,これら5つの州に住んでいる

003h_20210411121701 増加率に関しては,ノースダコタ州とサウスダコタ州では,2000年から2019年の間にアジア系米国人の人口が最大だった。両州のアジアの人口は,その間に3倍以上になった。インディアナ州,ネバダ州,ノースカロライナ州でも,アジアの人口がそれぞれ183176175増加し,大幅な増加率が見られた。

カリフォルニア,テキサス,ニューヨークでは,2000年から2019年の間に,アジア系米国人の人口が最も堅調に(robust)増加した。これら3つの州を合わせると,その期間中の米国におけるアジアの人口増加全体の43を占めていた。アジア系米国人の数は,カリフォルニアで200万人以上,テキサスで883,000人,ニューヨークで617,000人増加した。特に,アジア系米国人の人口は,より多くのアジア人がまだニューヨークに住んでいるにもかかわらず,この期間中にニューヨークよりもテキサスでより多く増加した

Asian American population growth in some states surpassed the state’s overall population growth
一部の州でのアジア系米国人の人口増加は,州全体の人口増加を上回った

ウェストバージニア州では,州全体の人口が減少したにもかかわらず,アジア系米国人の人口は2000年から2019年の間に増加した。ウェストバージニア州の総人口の減少は,主に州の人口の過半数を占める州の白人人口の減少に起因っしていると言える

004h_20210411121701 他の4つの州では,2000年から2019年の間にアジア系米国人の数が増加し,州全体の人口増加を上回った。これは,アジア系米国人の人口が州全体の人口の4倍以上増加したミシガン州で特に顕著だった(151,00034,000)。ニューヨーク,イリノイ,ロードアイランドは,程度は低いものの,同様のパターンを示した。

他の2つの州では,アジア系米国人が2000年から2019年までの州全体の人口増加の半分以上を占めた。この期間中,アジア系米国人はニュージャージー州の総人口増加の83,コネチカット州の57を占めた。

(転載了)
****************

興味があるのは アジア系米国人の人種割合です。

Ancesty-share 最新のデータかどうか分かりませんが ‘Wikipedia’ の “Demographics of Asian American” にあった “Population Estimate 2017 with multiracial identifiers” のリストを人種の多い順にソートして右図に示します。

多い順にー
・中国系
・インド系
・フィリピン系
・ベトナム系
・日系
です。

 

|

« 見出しに見る勘違い(その703) | トップページ | 見出しに見る勘違い(その704) »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る勘違い(その703) | トップページ | 見出しに見る勘違い(その704) »