« 見出しに見る勘違い(その718) | トップページ | TVでの面白い発言(その 76) »

2021年6月 5日 (土)

ポロシャツの着方,選び方について

ポロシャツの季節です。
と,書きながら,携帯電話出現以来,胸ポケットがないポロシャツを着る機会が減りました。
しかし,着る以上は 正しい着方,あるいは自らを律するルールを持つことが必要です。

GENTLEMAN’S GAZETTEのサイト,July 3, 2019 付けで “THE POLO SHIRT GUIDE” があり,その中の “Polo Shirt Etiquette – DO’s & DON’Ts”(ポロ・シャツ エティケット - 「すべきこと」 と 「してはいけないこと」)を 下記,拙訳・転載します。

*********************
1.DON’T Layer Polo Shirts
      ポロシャツを重ね着してはいけない

001_20210601194501

適切にフィットしたポロシャツは,表面を覆う(skim)必要があるが,身体(frame)を包み込む(hug)ようなものではない。したがって,別のシャツを下に着るスペースはない。アンダーシャツを着ると,袖の下から滑り落ちたり,襟がしわになったりすることがほぼ確実である。ポロシャツは重ね着用に作られておらず,アンダーシャツ (長袖または半袖) はポロシャツと一緒に着用すべきではない。

さらに,一度に複数のポロシャツを重ね着してはいけない。この不可解な(inexplicable)トレンドは,本当のファッション・ステートメントというよりも,注目を集めるための叫び(cry)である。
(*「ポロシャツ on ポロシャツ」のトレンドが存在したことを知りませんでした。昔から 素肌に1枚だけ着ます。)

2.DO Wear Them Fitted But Not Tight
      フィットさせる,しかしタイトはダメ

002_20210601194501

上腕二頭筋(bicep)と袖の間に指が入らない場合,もっと大きいサイズを着ること。たるみが多い場合は小さめのサイズとすること。高品質のポロシャツは、綿のような軽い素材で作られている。したがって,体の線をあまり見せずに,あなたの体の上をうまくドレープする必要がある。

3.DO Size Them to Your Height
      身長に合ったサイズ

003_20210601194501

ドレッシーに着る好み(penchant for)がない場合,ポロシャツをパンツに入れない(untucked)で着るとき,後ろ側(tail)が尻(bum)の膨らみの真ん中よりも長く出ないように注意すること。又,パンツに中に入れないで着るつもりなら,テニス・テイル(後部が長い)は避けること。

4.DON’T Pop Your Collar
      襟を立てない

004_20210601194501

襟を立てるトレンドは終わり,戻ってこない。首を保護するために日焼け止めを選べば,最初から襟を立てる必要はない。襟を立てるのは,夜にサングラスをかけるようなものである。バーの客や,かっこよく見せようとするティーンエイジャーのために残しておこう。
(*とても恥ずかしくて そんなことはできません。)

5. DON’T Wear Large Logos
    大きなロゴを着ない

005_20210601194501

 最近,ポロシャツに大きなオーバーサイズのロゴを表示したトレンドがヒットしている。ラルフ・ローレンから始まり,他のブランドへと拡がった。通常,ロゴの目立つものは避けるべきだが,ポロシャツの場合,胸に小さなロゴを付けることがスタンダードになっているため,避けられないことがよくある。一部のブランドは,ニットと同系色のロゴを提供している。これは,コントラスト的なロゴ色よりも好ましい。いずれにせよ,特大のロゴは趣味が悪い(atrocious)。作業服の一部として着用しない限り,そのようなロゴは子供たち(kids)に任せておくこと。
(*大きさではありませんが,BEAMSの別注による ラルフ・ローレンのポロシャツは,ロゴが右胸にあります。何とも言えません。)

6. DON’T Wear Polo Shirts with a Blazer
    ポロシャツをブレザーに合わせない

006_20210601194501

 柔らかい襟が平らでなくても,ブレザーに合わせたポロシャツがスマートに見えると考える男性もいる。どんなシチュエーションでも,ブレザーはドレスシャツとの相性が良い。したがって,ポロをスキップして,ドレス シャツを直接 選ぶこと。
(*何回か やったことがあるかも知れませんが・・・ )

7. DO Tuck Your Polo in When the Situation Calls For It
    状況に応じて ポロシャツをタック・インする

007_20210601194501

ポロシャツをタック・インしたり,タック・アウトするルールを規定する(stipulate)のは間違い。どちらかと言えば,それは服装と機会に依存する。マドラスのショーツを合わせると,パンツの中には入れたくないが,シアサッカーのスラックスやチノパンを合わせると,パンツの中に入れたほうが見栄えがよくなる。
(*パンツの種類に限らず,ほぼ タック・インすることはありません。)

(転載了)
********************

ほぼ異議はありません。

|

« 見出しに見る勘違い(その718) | トップページ | TVでの面白い発言(その 76) »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る勘違い(その718) | トップページ | TVでの面白い発言(その 76) »