« 6月21日午前6時 広島県呉市 ,旧市内から東北東の空を望む。 | トップページ | 「プレバト!!」で 4ランク昇格した水彩画。 »

2021年6月22日 (火)

プーチンの信頼度は世界的に低い。

プーチン大統領への信頼度調査を17ヶ国に対して実施した調査結果が ‘Pew Research Center’,June 14,2021付けで掲載されていました。

下記,拙訳・転載します。

********************
Few across 17 advanced economies have confidence in Putin
17の先進国の中でプーチンを信頼している国はほとんどない

001_20210616063701

002s ロシアのウラジーミル・プチン大統領の世界的なイメージは,多くの国で長年一貫して低く,この夏に17の先進国で実施されたピュー研究所の調査によると,彼に対する否定的な見方はほとんどの国で歴史的な高値またはその近くにある。今日,プーチンが世界情勢で正しいことをすることに信頼を持っていると答えているのは 中央値22のみで,中央値74は,信頼してないと答えている。

シンガポール(55),ギリシャ(55),イタリア(36),台湾(34)は,調査対象となった特異な国として際立っており,約3分の1以上がロシア大統領を信頼していると答えている。信頼度はスウェーデン(14)と米国(16)で最も低くなっている。これらの国の両方,およびオランダ,英国,カナダ,オーストラリア,フランス,ニュージーランド,ベルギーでは,少なくとも45以上が,彼をまったく信頼してなと答えている。

プーチンに対する信頼は,過去10年間,特に2014年にクリミアが併合された後,多くの国で非常に低くなっているが,オーストラリアでは過去1年間でさらに低下しています(7ポイント低下)。

003_20210616063801

調査した多くの国で,若い人たちは年配の人よりもプーチンを信頼している傾向がある。英国,スペイン,オーストラリア,フランス,ニュージーランドでは少なくとも20ポイントの違いがあるが,これまでで最大の違いは日本にある(最も若い回答者と最も高年齢の回答者の間で44パーセントポイント)。米国では差は小さいものの,30歳未満の米国人もプーチンを信頼している可能性が高く,65歳以上の9に比べて,1829歳は約5分の1である。

これらの加齢に関連したパターンは,プーチンへの見解でしばしば広まっている(prevalent)。そして,より一般的なロシアについての意見になると,若い大人はまた,年配の人々よりもロシアについてより好意的な見方をする傾向がある。

一部の国では,男性は女性よりもプーチンを信頼している。たとえば,ドイツでは,男性の36が,プーチンが世界情勢で正しいことをすることに信頼を持っていると答えているが,女性の同意は19だけである。フランス,イタリア,ベルギーでも2桁の違いがあるが,カナダ,スペイン,ニュージーランドでは性差が小さい。教育を受けていない人々はまた,調査した国の約半数の教育を受けている人々よりもプーチンに信頼を持っている。たとえばイタリアでは,高等教育の学位以上の人の約4分の1しかプーチンを信頼してないが,高等教育の学位を持たない人の10分中4人近くがプーチンを信頼している。アンケートが実施された他の8ヶ国でも同様の違いが存在している。

004m ヨーロッパでは,右翼と左翼の両方のポピュリスト党の支持者は,そのような党を支持しない人々よりもプーチンを信頼している可能性が高い。たとえば,イタリアでは,右翼のレガ(Lega)を好意的に見ている人は,否定的な見方をしている人の2倍以上プーチンを信頼している可能性がある(それぞれ6226)。同じことがForza Italiaの支持者にも当てはまる。約半数が プーチンが正しいことをすることに信頼を持っているが,非支持者は約4分の1のみである。

米国では,共和党と共和党支持者は,民主党員と民主党支持者よりもプーチンを信頼している傾向がある(それぞれ2012)。それでも,両党の圧倒的多数はプーチンへの信頼を欠いている。

より広義には,一部の国では,イデオロギー的に右派であると自認する人々は,左派の人々よりもプーチンに信頼を持っている可能性が高い。そのような最大の違いがあるのは,やはりイタリアであり,右派の人々の過半数(56)がプーチンを信頼していると述べ,左派のわずか19しか同意してない。スウェーデン,ギリシャ,フランス,カナダ,ドイツ,オーストラリア,英国,米国でも,左右に2桁の違いがある。

他の世界的指導者との比較に関しては,プーチンに対する信頼は,ドイツのアンジェラ・メルケル首相,米国のジョー・バイデン大統領,フランスのエマニュエル・マクロン大統領の信頼を大幅に下回る傾向となっている。それでも,彼の評価は,中国の習近平国家主席に非常に匹敵し,調査対象のヨーロッパ諸国のいくつかではわずかに優れています。

005m

習への信頼と,プーチンへの信頼は密接に関連している: 一方の信頼度が高い場所は,もう一方の信頼度も高くなる傾向がある。反対のことがメルケルに当てはまる。メルケルへの信頼度が高い場所では、プーチンへの信頼度が低くなる傾向がある。

(転載了)
********************

意外なのは 年配者に比べ,若い人のプーチン信頼度が世界的に高いことです。これが何を意味するのか,理由は何か,興味深い。
ソ連時代(1991年まで)を知らないから? 
あれだけ プーチン率いるロシアの怪しい行動が報道されているのに?
日本人 29歳以下の52%の信頼が信じられない。

|

« 6月21日午前6時 広島県呉市 ,旧市内から東北東の空を望む。 | トップページ | 「プレバト!!」で 4ランク昇格した水彩画。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6月21日午前6時 広島県呉市 ,旧市内から東北東の空を望む。 | トップページ | 「プレバト!!」で 4ランク昇格した水彩画。 »