« 50年ぶり,福岡・西鉄名店街にあった「ナイルのカレー」 | トップページ | 「白Tシャツ」が選べるか? »

2021年7月24日 (土)

見出しに見る勘違い(その739)

「韓国の漫画家『私の祖国というのが恥ずかしい』…韓国選手団の垂れ幕を批判」  2021/7/21 朝鮮日報・日本語版
    
‘韓国の漫画家、ユン・ソイン氏が,東京五輪の選手村で韓国が掲げた垂れ幕について,繰り返し批判の声を上げている。  ユン氏は20日,自身のフェイスブックに「何も掲げなければいいのに。何も掲げないことがそんなに難しいのか?」と書き込み,韓国が選手村に新たに掲げた『虎が下りてくる』の垂れ幕に言及した。
  ユン氏は「脊椎の曲がった虎の絵をぶら下げておいて『虎が下りてくる』だって?」「『このくらいなら日本は何も言えないだろう』と卑怯な気持ちで無意味なシンボルを掲げておいて,また何か言ってくるか来ないかと様子をうかがい,いつもこう拙速にやって本心がバレバレ。その心はどれだけ貧しいことか」と書き込んだ。
  さらに「私だったら,垂れ幕を掲げるなら『世界人の祭典に参加できてうれしい』とか『難しい時期だけどみんなで頑張りましょう』などと書く」として「肯定と応援,和合,幸福,余裕が何なのかも知らず,何かにつけて悪意的かつ敵対的で『手出ししたらタダじゃ済まないぞ』と威嚇する国が自分の国だというのが非常に悲しい」と続けた。
  ユン氏はこれに先立ち,韓国チームの滞在している選手村の建物に掲げられた『臣にはまだ5千万の国民の応援と支持が残っております』という横断幕をめぐっても「よその宴の会場まで行ってわざわざやることか」と批判していた。
 ユン氏は「ああしておいて,ホストが提供するおいしい食事や親切なサービスはちゃっかり利用するんだろう」「五輪精神なんてXにあげてしまえ。行かないと大声でほざいておきながら,こっそり行くなんて恥ずかしい」と書き込んだ。

 当時,日本の極右団体はこの横断幕をめぐり,反日感情や政治的な意図があると問題視した。日本メディアもこうした内容を報道したところ,国際オリンピック委員会(IOC)は,五輪に関するすべての場所でいかなるデモや政治的・宗教的・人種的活動も許されないとする五輪憲章第50条に則って、韓国選手団に横断幕の撤去を要請した。
  その後,韓国チームが滞在する建物には17日から『虎が下りてくる』の垂れ幕が掲げられた。文字と共に,韓半島の形をした虎の絵が描かれている。しかし,これをめぐっても日本の一部ネットユーザーの間では,反日だとして物議を醸している。‘
との報道です。
 
韓国人の歪んだ心根をよく知っている韓国人が恥ずかしいと慨嘆しています。
そもそも このような横断幕,垂れ幕を何枚持って 何を目的に日本に乗り込んできたのでしょう。
  しかし,
韓国人の中にも このような理性ある方が存在することを知る必要があります。

|

« 50年ぶり,福岡・西鉄名店街にあった「ナイルのカレー」 | トップページ | 「白Tシャツ」が選べるか? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 50年ぶり,福岡・西鉄名店街にあった「ナイルのカレー」 | トップページ | 「白Tシャツ」が選べるか? »