« 夏,紫蘇ドリンク。 | トップページ | 「3COINS」のかき氷機,次はこれか? »

2021年8月 1日 (日)

2021 World Press Freedom Index,日本 低ランクは変わらず。

パリに本部を置く 非政府組織 「国境なき記者団」 (RSFReporters Sans Frontièresin FrenchRBFReporters Without Borders’ in English ) が,4月に2021 Worldwide Press Freedom Index/Ranking(世界報道自由度ランキング)を発表しました。

2002年以降,14の団体と 130人の特派員,ジャーナリスト,調査員,法律専門家,人権活動家らが,50の質問に答えることにより 各国の報道の自由度レベルを評価する指標が作成され,ランキングが決定されています。(対象国数:180

この Indexは,ジャーナリストにとっての自由度のレベルで,180カ国をランク付けするもので,多元的共存の評価,メディアの独立,法的枠組みの質,各国のジャーナリストの安全などに基づく メディアの自由状況の寸評(snapshot)です。たとえ政府がその国のランキングに 明らかに,大きな影響を及ぼすとしても,公共政策へのランク付けはしません。

又,各々の国のジャーナリズムの品質の指標ではありません。 

List_20210730172701

上右表は 日本の2013年からのランキングです。

上左表は 今年(2021年)の Top 10G7+韓国,香港,ロシア,中国の世界のランキングと Index を示しています。

日本は Index が去年(0.66)より やや悪くなっており(0.67),ランキングは去年66位より1ランクダウンの67位(180ヶ国中)で,G7 中では 最下位です。

日本の Profile として Tradition and business interests( 伝統とビジネス上の利益)の見出しで,下記の記述があります。

拙訳と共に 転載します。

******************
Japan

Tradition and business interests
伝統とビジネス上の利益 

Yoshihide Suga, Shinzo Abe’s former right-hand man and successor as prime minister since September 2020, has done nothing to improve the climate for press freedom.
安倍晋三氏の元右腕であり,2020年9月から首相に就任した菅義偉氏は,報道の自由の環境を改善するために何もしていない。

The world’s third biggest economic power, Japan respects the principles of media freedom and pluralism. But journalists find it hard to fully play their role as democracy’s watchdog because of the influence of tradition and business interests.
世界で3番目に大きな経済大国である日本は,メディアの自由と多元主義の原則を尊重している。しかし,ジャーナリストは,伝統とビジネス上の利益の影響のために,民主主義の番犬としての役割を果たすのは難しいと感じている。

Journalists have been complaining of a climate of mistrust toward them ever since the nationalist right swept to power in the 2012 general election.
ジャーナリストは,2012年の総選挙でナショナリスト右派が権力を握って以来,彼らに対する不信感の風潮に不満を持っています。

The system of “kisha clubs” (reporters’ clubs) continues to discriminate against freelancers and foreign reporters. On social networks, nationalist groups harass journalists who are critical of the government or cover “anti-patriotic” subjects such as the Fukushima Daiichi nuclear disaster or the US military presence in Okinawa.
「記者クラブ」の制度は,フリーランサーや外国人記者を差別し続けている。 ソーシャルネットワークでは,ナショナリスト・グループが政府に批判的なジャーナリストや,福島第一原子力発電所事故や沖縄での米軍のプレゼンスなどの「反愛国的」な主題を扱っているジャーナリストに嫌がらせをしている。

The government continues to refuse any debate about a law protecting “Specially-Designated Secrets,” under which whistleblowers, journalists and bloggers face up to ten years in prison if convicted of publishing information obtained “illegally”.
政府は,内部告発者,ジャーナリスト,ブロガーが「違法に」入手した情報の公開で有罪判決を受けた場合,最大10年の懲役に直面する「特定指定秘密」を保護する法律についての議論を拒否し続けている。

(転載了)
*********************
現政権が ‘nationalist right’ であるとの前提による評価です。

毎年,「記者クラブ」に関して問題にされています。が,運営主体は大手メディアであり,役所内に設置される便宜(場所代,光熱費など)を図ってもらっている実態もあって,国(政府)の問題というより,大手メディアが既得権にしがみついて,弱小,新顔,外国メディアを押しのけている感が強く,大手メディア自身が正すべき,あるいは大手メディアに圧力をかけるべき問題と思われます。

|

« 夏,紫蘇ドリンク。 | トップページ | 「3COINS」のかき氷機,次はこれか? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏,紫蘇ドリンク。 | トップページ | 「3COINS」のかき氷機,次はこれか? »