« 運動時の 連結型ワイアレス・イヤフォンがずれないためにー | トップページ | 「やっぱり・・・ 」と言う知り合いは ほぼいない。 »

2021年7月 2日 (金)

“Six Days in Suez” (その1)

3月28日,スエズ運河を紅海から地中海に向かった,世界最大級の日本の会社が所有するコンテナ船 “Ever Given”(20,124TEU)が 運河に入ってすぐ,強風で煽られて横向きになって両岸に座礁,6日間,他船の通航を塞ぐ事故がありました。船は 賠償金,補償金支払いの問題で現在もスエズ運河の途中(紅海寄り)の ‘Great Bitter Lake’ に留め置かれています。(629日時点の位置を ‘Vesselfinder.comから 下図に示します。)

Current-location

この事故・事件に関して ‘Bloomberg BusinessweekJune 24,2021 付けで 掲載しています。
長文なので 2回に分けて,拙訳・転載します。これは(その1)です。

**********************************
Six Days in Suez: The Inside Story of the Ship That Broke Global Trade
スエズでの6日間:世界貿易を壊した船の裏話

How the Ever Given and its billion-dollar cargo got stuck, got free, got impounded, and got taken to court.
如何にして “Ever Given” とその10億ドルの貨物が滞留し,解放され,拘留され,法廷に持ち込まれたか。

クリシュナン・カンタベル(Krishnan Kanthavel)船長は,ほこりっぽい霞(dusty haze)を通して紅海に昇る太陽を見た。エジプトの砂漠を吹き飛ばす時速40マイルを超える以上の風が空を貧血の(anemic)黄色に変えた。ブリッジの彼の視点からは,スエズ湾に停泊している他の19隻の船の暗い輪郭が,地中海に向かって内陸に蛇行する狭い水路に入るのを待っているのを見ることができた。

カンタベルのコンテナ船は,2021323日にスエズ運河を北上する13番目の船になる予定だった。彼の船は船団(queue)の中で最大の一隻だった。また,造船所から引き渡されてわずか数年で,最も新しく,最も価値のある船の1隻だった。“Ever Given” は,船尾にブロック文字で描かれた名前が,フォレスト・グリーンの船体に対する鮮明な白で際立っていた。夜明け直後,小さな船が近づき,二つの海を繋ぐ運河の,12時間の旅の間に船をガイドする地元のパイロットを運んできた。

スエズ運河を通過することは時に神経をすり減らす(nerve-racking)。この水路は,アフリカ南端回りの3週間の迂回路を節約するが,幅が狭く,部分的に幅が約200メートル(656フィート),深さがわずか24メートルである。対照的に,現代の船は巨大で大きくなっている。“Ever Given” は船首から船尾まで400m,幅は60m近くある-これは,マンハッタンの街区の幅の大部分であり,エンパイアステートビルが高さ相当に長い。マレーシアからオランダに向かう途中,約17,600個の鮮やかな色のコンテナが積み込まれていた。そのキールは運河の底からわずか数メートルである。そこにはエラーの余地はほとんどない。

2人のエジプト人パイロットは,乗船した後,他の乗組員と同様に,全員がインド人である船長,航海士,操舵手に会うためにブリッジに案内された。数週間後にエジプトの裁判所に提出された文書によると,悪天候を考慮して,船が運河に入るべきかどうかについて,ある時点で論争があった。英語がどちらの側も第一言語ではなかったという事実によって妨げられた(hampered)可能性がある。 嵐のために少なくとも4つの近くの港がすでに閉鎖されており,その前日,カタールから航海してきた天然ガス運搬船の船長は,スエズを安全に横断するには突風が強すぎる(gusty)と判断した。

飛行機のように,現代の船は,ブリッジでの会話をキャプチャするブラック・ボックス・デバイスである航海データ・レコーダー(VDR)を搭載している。“Ever Given のブリッジで起こったことの完全な記録はエジプト政府によって発表されていないので,パイロットと乗組員が状況について何を言ったかは正確には明らかではない。しかし,インドの最南端にあるタミル・ナードゥ州出身の経験豊富な船員であるカンタベル船長に対するコマーシャル圧力は甚大だったろう。彼の船は,Ikeaの家具,Nikeのスニーカー,Lenovoのラップトップ,未確認の可燃性液体の100個のコンテナなど,約10億ドル相当の貨物を運んでいた。

他のいくつかの企業体も,“Ever Given のコンテナがヨーロッパに迅速に届くことに関心を持っていた。その中には,船の所有者である,日本の富裕な家族によって管理されている海運会社である正栄汽船株式会社と,長期チャーターの下でそれを運営している台湾のコングロマリットであるエバーグリーン・グループが含まれていた。一方,乗組員は,商用船に船員を供給し,その運航を監督するドイツの会社,Bernhard Schulte Shipmanagementの下で働いていた。毎日の遅延は,それ以上ではないにしても,数万ドルのコストが追加される。

ベテランの船長は,劣悪な状況でスエズを通航することに関し,選択肢が多くないと言う。「そうしないと,誰か他の人がするのを見つけることになる。」と言われることがある。しかし,現代の船にはレーダーと電子センサーが搭載されており,視界がゼロの場合でも運河を技術的にナビゲートできる。そして,元同僚が落ち着いた,信頼できる士官だと言われるカンタベルは,スエズをナビゲートした豊富な経験を持っていた。

ブリッジから,カンタベルは約半マイル先を見ることができた。北行きの船団の他の船が移動中で,運河の河口にある高いクレーンを通り過ぎた。船長はそれでも続行を拒否することができたかもしれないが,水路を管理する機関からのすべての許可を得て,そして誰もが行くことを望んでいたので,彼は続けた。エジプトの主任パイロットは彼の無線機に向かって,静的なバーストの間にアラビア語で短い会話をした。それからパイロットはブリッジの乗組員に前進するように指示した。港の周りに散らばった集落が裸の砂漠に道を譲ったとき,“Ever Givenは「エジプトへようこそ」と書かれた大きな看板を通り過ぎて巡航した。

スエズ運河のパイロットは,エジプト政府が1956年にルートを管理し始めて以来,ルートを運営しているスエズ運河庁(SCA: the Suez Canal Authority)に雇用されている。多くの場合,元海軍士官であるパイロットは,通過する船を自分で物理的には操縦しない。彼らの仕事は,船長と操舵手に指示を与え,船団の他の船,およびSCA制御塔と交信し,船が安全に通過することを確認することである。

ただし,一部の通過船にとっては,SCAとの遭遇がストレスの原因となる可能性がある。船長は技術的に責任を負っているが,プロ意識と能力が異なる,制服を着た見知らぬ人にかなりの部分のコントロールを委ねている。 パイロットに加えて,SCAの電気技師,係留の専門家(mooring specialists),健康検査官も搭乗する可能性がある。各々が事務処理,食事,スペース,および監督を必要とする。彼らはまた,タバコのカートンを要求することがあり,これは,2015年に海事腐敗防止グループ(maritime anti-corruption group)が “Say No” キャンペーンを設けるように促進し,船会社に引き渡しを拒否するように促した問題である。(SCAは過去にそのような申し立て(allegations)を否定した。)

クリス・ギラード(Chris Gillard)は,2008年から2019年まで月に1回、元雇用主であるデンマークの海運大手A.P. Moller-Maersk A / Sで,航海士として運河を航行した。パイロットとナビゲーションの仕事の間で,彼は妨害(crossing)を恐れるようになった。「私はスエズを通過するよりも結腸内視鏡検査(colonoscopy)を受けたい」と彼はインタビューで述べた。 近年,状況は改善していますが、それでもダイナミクスは揺らいでいる。

Ever Given の通過中,数マイルで,船は左舷から右舷へ,そしてまた戻る,驚くほど(alarmingly)進路を変え(veer)始めた。そのブロック状の形状は,風に吹かれて(buffeted)巨大な帆として機能していた可能性がある。それに応じて,法的手続きで提出された証拠によると,SCAの主任パイロットはインドの操舵手(helmsman)に指示を怒鳴った(barking)。パイロットは,右に一杯(hard right),次に左に一杯,操縦するように叫んだ。“Ever Given の広大(vast)な船体は,応答するのに非常に時間がかかるため,動き始めるまでに,コースを再度修正する必要があった。セカンド・パイロットが反対し,2人は言い争った。彼らはアラビア語で侮辱し合ったものと思える。(SCAはパイロットの名前を公表しておらず,その後の出来事に対するパイロットの過失を否定している。)

その後,主任パイロットは「全速前進(Full ahead)」という新しい指示を出した。これにより,“Ever Given の速力は13ノット,つまり15 mphになり,運河の推奨制限速度である約8ノットよりも大幅に速くなった。セカンド・パイロットは指示をキャンセルしようとし,そして,より多くの怒りの言葉が交わされた。裁判所の証拠によると,カンタベルが介入すると,主任パイロットは船を降りると脅して対応した。

パワーの増加は,強風(gale)に直面する “Ever Given の安定性を高めるはずだったが,新しい要素ももたらした。18世紀のスイスの数学者にちなんで名付けられたベルヌーイの定理は,流体の速度が上がると流体の圧力が下がると述べている。船が押しのけていた数十万トンの運河の水は,船体と最も近い岸との間の狭い隙間を通り抜けなければならなかった。水が流れ込むと,圧力が下がり,“Ever Givenは土手に引き付けられた。速く進むほど,引っ張りが大きくなった。「特定のポイントまでスピードアップすることは効果的で,その後,それは逆効果(countereffective)になる」とギラードは述べた。「何をしようが,直線に操船することはできない。」

突然,“Ever Given が衝突することが明らかになった。事件の映像は公開されていないが,最後の数秒は,崩壊する建物の恐ろしい遅さ、つまり目に見えない力に屈服する巨大な物体で展開されたであろう。VDRオーディオに精通している人によると,カンタベル船長は同じ状況で誰もがそうするように反応した。 「しまった!」 彼は叫んだ。

今,あなたから10フィート以内のすべてのアイテムを考えてください。靴,家具,おもちゃ,ペン,電話,コンピューター - ヨーロッパや北米に住んでいる場合は,スエズ運河を通過した可能性が非常に高くなる。スエズ運河は東西を結ぶ重要なリンクであり,何世紀も前に人気のある想像力に宿った二分法(dichotomy)であり,その理由の1つは,一方から他方への横断が困難なためである。それが存在する前,船員は喜望峰を回る航海することによって海賊と激しい嵐に立ち向かわなければならなかったが,陸を旅する商人は砂漠を横断するときには強盗またはさらなる危険を冒した。

スエズ地峡(isthmus)を横断する直接ルートのアイデアは,19世紀にバルテルミー・プロスパー・エンファンティン(Barthélemy-Prosper Enfantin)という女装のフランスのワイン商人によって取り上げられるまで,幻想として却下されていた。空想的社会主義者であり,ジェンダー平等の初期の擁護者であるエンファンティン(Enfantin)は,東は女性の本質を持っているが、西は本質的に(intrinsically)男性であると信じていた。エジプト,特にスエズは,世界の偉大な文化間の和解(reconciliation)の場である彼らの「婚姻のベッド(nuptial bed)」である可能性がある。

エンファンティンのアイデアは,カイロに赴任していたフランスの外交官,フェルディナンド・デ・レセップス(Ferdinand de Lesseps)に届いた。最終的に,レセップスはスエズ運河会社と呼ばれる組織を設立し,エジプトの支配者サイード・パシャとフランスのナポレオン3世皇帝にプロジェクトを支援するよう説得した(persuaded)。エジプト政府が株式の44%を購入し,残りの大部分はフランスの個人投資家が取得した。何万人ものエジプトの農民(peasants)が手作業で水路を掘り始め,後にヨーロッパから輸入された機械の助けを借りた。

1869年,砂漠での120マイルの奇跡が完了した。それはすぐに,特にアジアで植民地帝国を拡大するヨーロッパの大国にとって,重要な商業動脈(commercial artery)になった。エジプトにはほとんど利益がなかった。運河の建設は国にとって財政的に破滅的であることが判明し,債権者を満足させるためにその株式を英国政府に売却することを余儀なくされた。その後,1882年,英国はナショナリストの反乱を口実(pretext)として使用し,3万人以上の軍隊をエジプトに送り込み,従属国(client state)に変えて運河を占領した。スエズは,ヨーロッパの大国が失うわけにはいかない資産になった。

この帝国の侵略行為に対する怒りは悪化し(festered),1956年にエジプトの指導者ガマール・アブデル・ナセルが運河を国有化した。イスラエルの支援を受けて英仏(Anglo-French)がそれを取り戻そうとしたのは屈辱的な(humiliating)失敗であり,ドワイト・アイゼンハワー大統領が米国が中東の一部の再植民地化(recolonization)を容認(tolerate)しないことを明らかにした後,崩壊した。それ以来,運河はエジプトの手に残った。2015年,アブデル・ファッタ・エルシシ(Abdel Fattah El-Sisi)大統領は85億ドルの拡張を開始し,容量を増やし,通航時間を短縮した。カイロの広告(Billboard)は,それが「世界へのエジプトの贈り物」であると宣言した。

今日,年間10億トン以上の貨物が積み込まれた19,000隻の船舶が運河を通過する。最大の船で100万ドルもの通行料がかかる可能性があり,SCAはエジプトに年間約50億ドルをもたらす。エジプト政府は当然のことながら,海事貿易における中心的な役割を誇りに思っている。また,世界経済の最も重要な資産の1つにとって 理想的な管理人(custodian)ではないという提案についても神経質である(touchy)。
I’d rather have a colonoscopy than go through the Suez「スエズを通過するよりも直腸内視鏡検査を受けたい」

3月23日の初め,モハメド・エルセイド・ハサニン(Mohamed Elsayed Hassanin)大尉は,“Ever Given” の位置から約50マイル北にあるイスマイリア(Ismailia)にあるSCAの本部にある管制塔でシフトを開始した。パイロットが北行きの船団の13番船が座礁したと無線で伝えたとき,水路に並ぶCCTVカメラによってキャプチャされた結果は,エルセイドの指揮所の前にある点滅するモニターに表示されていた。管制塔の誰もそのようなものを見たことがなかった:その船は水路を斜めに横切ってくさびのように留められた。カメラがズームインして,エルセイドは,“Ever Givenのブリッジの上に立っているカンタベルの絶望的な(forlorn)姿を見ることができた。

001_20210629200001

元海軍大尉であるエルセイドは,主任パイロットとしての仕事を真剣に捉えている厳しい(stern)男である。彼は,ほぼ40年の海事経験とSCAでの10年後,2年前にその地位に昇進した。彼は洗練された外観で,目の周りに深い線があり,黒と金のエポレットが付いたプレスされた白いユニフォームを着ており,白い靴まで非の打ちどころがなかった。

エルセイドは,南からの2つ,北から2つ,毎日4つの船団を監督している。彼の仕事の一部は航行の振り付け(choreography)である。 運河の半分以上は,大型船が安全にすれ違うには狭すぎる。そのため,船は船団で移動し,湖またはサイド・チャネルの1つで,グループが反対方向に通過するのを待つ。

エルセイドはインタビューで,“Ever Given” が最悪の可能性のある場所の1つである運河の一方向セクションで立ち往生していることは明らかだったと語った。彼は自分自身で観ることにした。車で少し走って,彼は小さなボートに乗り移って,貨物船に乗り込んだ。巨大な商船に慣れている人でも,“Ever Given の規模は目を見張る(striking)ものがあった。それはエルセイドに,乳白色(opalescent)の水路から立ち上がる金属の山を思い起こさせた。

喫水線の下では,球状船首(bulbous bow)が短剣(dagger)のように岩や粗い砂の奥深くまで打ち込まれていた。どういうわけか,船尾端も座礁し,対岸に座礁し,船を岸に対して45度の角度で留めた。何者も通り抜けられなくなった。衝撃の力は船首を6m上に押し上げた。コンテナ船は斜めに座る(sit)ように設計されておらず,“Ever Given の重量配分を取り除けば,船の中央部分を支える水はわずか数メートルであるため,エルセイドは船が半分に折れる可能性があると考えた。数隻のSCAタグボートがすでに現場におり,ダイバーは船体の損傷をチェックするために水中にいた。 エルセイドは,ブリッジでカンタベルに会うために梯子を昇った(scaled)。船長は目に見えて動揺しており,エルセイドは彼を落ち着かせようとした。「すべてが解決されるでしょう,インシャッラー」と彼は言った。

彼は,“Ever Given の船体,貨物の重量,バラストタンク内の水の量についてカンタベルに尋ねた。彼らがその負荷を軽くすることができれば,余分な浮力は船体を土手から持ち上げる助けになるかも知れない。エルセイドはいくつかの簡単な暗算をした。浮揚に対するトン数の比率は,1cmあたり201tonだった。船を水面から1m離すには,20,000トン以上の貨物を取り除く必要がある - これは,SCAが水面から50m以上積み上げられたコンテナに到達するのに十分な高さのクレーンを見つけたとしても,大変な作業だった。

2隻のタグボートはケーブルを “Ever Givenに取り付け,自由にするため,それを引きずり出そうとし始め,彼らのエンジンは水をらせん状に撹拌した(churning)。船は動揺しなかった(budge)。エルセイドと彼の上司であるSCA会長のオザマ・ラビー(Osama Rabie)は,計画を即興で作成した(improvised)。彼らは12時間交代で,船首と船尾の周りの岩の多い土を取り除く岸の掘削機(excavators)と,できるだけ大きい馬力で引っ張るタグボートを交互に動かした。干潮時には掘削機で下向きに掘り下げられる。タグボートは,満潮によってもたらされる追加の浮力を利用して曳航する。掘削機を助けるために,エルセイドは2隻のSCA浚渫船(dredgers)を召喚した(summoned)。これは,運河の堤防を破壊する(chew up)ために,水中に降ろすことができる回転する金属の歯を備えた浮きバージであった。彼らはその日遅くに到着する予定だった。

003_20210629200001

最初のシーンは,近くで働いている請負業者から送られた黄色の掘削機1台だった。運転手は注意深く近づき,船首の周りからスプーン一杯の岩の多い大地をこすり取り始めた。後にインサイダーに行ったインタビューによると,彼の上に迫っている金属の巨獣(behemoth)が倒れたりずれたりして,彼を押しつぶすのではないかと恐れていた。コミカルなサイズの不一致は,SCAの情報部門によってキャプチャされた。SCAの情報部門は,運河を再び開くために,当局ができる限りのことをしていることを世界に示すために写真家を手元に置いていた。孤独な掘削機のイメージは素早く広まり(viral),運河の歴史の中で初めて,スエズが重要な商業ルートであり,ミーム(meme)でもあった。

エルセイドに事故の説明をした後,“Ever Given” のブリッジいた2人のSCAパイロットは下船する準備をした。SCAが異議を唱えた訴訟の証拠によると,下船準備している間,彼らは口論(bicker)を続けた。「これらの船は入ることになっていない」と主任パイロットは言った。

「なぜあなたはそれを入れさせたのか?」 彼女の同僚は応えた。

************************

(その1)転載了。
(その2)に続きます。

|

« 運動時の 連結型ワイアレス・イヤフォンがずれないためにー | トップページ | 「やっぱり・・・ 」と言う知り合いは ほぼいない。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 運動時の 連結型ワイアレス・イヤフォンがずれないためにー | トップページ | 「やっぱり・・・ 」と言う知り合いは ほぼいない。 »