« “up to eleven” とは- | トップページ | 宇良関,4年ぶりの幕内,9日目で5勝4敗。 »

2021年7月12日 (月)

時折りの欲しいもの:「鎌倉シャツ」の “Basic Vintage IVY Shirts”

6月末,鎌倉シャツから 「無地オックスフォード生地の Vintage IVY Shirts 登場! [2021.06.29]」の件名のメールが到来しました。001_20210703170401サイトにはー

60年代アイビールックからインスパイアを受けた The Ivy Lookの著者でありイラストレーターのグレアム・マーシュ氏と,毎年VINTAGE IVY COLLECTIONシャツの共同企画をしてきました。
今年は今までの企画のシャツから5つのベーシックな生地を選び,オリジナルのVINTAGE IVYシャツをご用意しました。
VINTAGE IVYファンからのご要望の多い,無地のオックスフォード生地のボタンダウン(OCBD)も久しぶりに登場です!」
ー ありました。002_20210703170501

・ボタン:天然高瀬貝ボタン。
・前立てボタン:通常のドレスシャツとは異なる6つボタン。
・バックボタン:襟の形状を保ち、ネクタイの収まりも考慮されています。
・カフス:剣ボロにガントレットボタンがなく、ナチュラルなシングルバレルカフス仕様です。
・ロッカーループ:ボタンダウンシャツのボックスプリーツ位置にデザインされる独特な仕様です。
・ウォッシュ加工:ヴィンテージの風合いを洗い仕上げで再現しました。


004_20210703170501

税込み価格:¥7,590,洗いざらしで着たい。

相当本格的な OCBDOxford Cloth Button DownShirt です。

005_20210709104701 それにつけても不思議なのは,襟の先にボタンが付いていて,ボタン付け糸とボタン孔かがり糸に色付きを使っているシャツ(右写真)が未だに存在していて,TVで着ている人を見ることです。
このようなシャツに抵抗を感じることなく着ているのはどのような感覚とどのような服飾知識を持っている(いない)人なのか謎です。
日本人が 洋服を着るようになって 150年,「何でもあり」は恥ずかしい。そもそもは,このデザインを「いい」と思って作っているメーカーの無知,羞恥心の無さに起因しているのでしょうが・・・。

それにしても 去年の「鎌倉シャツ」 ニューヨーク撤退(一時?)は残念です。

|

« “up to eleven” とは- | トップページ | 宇良関,4年ぶりの幕内,9日目で5勝4敗。 »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “up to eleven” とは- | トップページ | 宇良関,4年ぶりの幕内,9日目で5勝4敗。 »