« 夏の和菓子 | トップページ | コンクリート打ち放しの スタイリッシュな住宅 »

2021年8月13日 (金)

プールの水,入れっ放し事件で思ったこと。

数日前,高知県の小学校で 7月に プール使用開始に備えて 水を入れ始め,そのうち 今年はプールは使用しないことが決まりましたが,注水が止められず,1週間後に気付いて止められ,7月の「下水道使用料金が 290万円になった(通常は18万円程度)」という事件の報道がありました。

いくつか 疑問がありました。

✔ 注水開始した教師は 別の教師が止めると思っていた。
   → 自分で確認しない? その態度で児童に教育できる?

✔ 「下水道使用料金」とあるが「水道料金」はどうなっている?
   → 調べると 地下水を使っており 水道料金はかからない。
       ほとんどの メディアは このことに触れてなかった。
       誰でも疑問に思うこと,書いた記者は疑問に思わなかったのか?

✔ 「下水道使用料金」は 下水道にメータは付いてないので 使用水道の量から算出するのが普通。
     ー ということは 「地下水くみ上げ管」にメータが付いていた?

✔  「下水道使用料金」は学校全体ではなく プールのみ別?

✔  「この料金の支払いを教師にもとめるかどうか 教育委員会で協議中」という報道と 「無駄な税金を使って市民に申し訳ないと教育委員会は話している」という報道がありましたが,どちらが真実? 教師に払わせる?

****
【別件】
河村名古屋市長が噛みついたメダルの交換が決定。
費用は IOC がもつらしい。
河村さんが 支払い,噛みついたメダルは 市長室の壁に貼り付けて,見る度に 自らの軽挙妄動の戒めにする,というのはどうでしょう。
彼が本気で反省しているように見えない。

|

« 夏の和菓子 | トップページ | コンクリート打ち放しの スタイリッシュな住宅 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏の和菓子 | トップページ | コンクリート打ち放しの スタイリッシュな住宅 »