« 分からない人達 | トップページ | 007映画の最新作公開日,4回目の変更で早まる。 »

2021年8月25日 (水)

見出しに見る勘違い(その750)

「釜山大,チョ・グク元法相の娘チョ・ミン氏の入学取り消しを決定…医師免許も無効になる見通し」  2021/8/24 朝鮮日報・日本語版
     ‘チョ・グク元法務部長官の娘チョ·ミン氏の医学専門大学院入試疑惑を調査してきた釜山大学が24日,チョ・ミン氏の入学を取り消す決定を下した。
   釜山大は24日午後,記者会見を開き,チョ・ミン氏に対する入学選考公正管理委員会の調査および大学本部の最終検討を経て,同氏の入学を取り消す予定の処分決定を下したと明らかにした。
  釜山大の入学取り消し処分により,チョ・ミン氏は医師免許も無効になる可能性が高くなった。医療法第5条は「医大·医専院卒業者」でなければ医師免許取得資格が得られないと規定している。チョ・ミン氏は今年1月に医師国家試験に最終合格し,2月からインターンとして勤務している。  チョ・ミン氏の医師免許が取り消された場合,チョ氏は釜山大の決定を不服として訴訟も起こせる。釜山大は国立大学なので,行政裁判所に訴訟を起こすことができる。裁判所の最終判決が下されるまで,チョ氏は医師資格を維持することになる。’ との報道です。
  
何年を無駄にしたことになるのでしょう。決定不服で裁判を起こしても 無駄にする時間を長くするだけでしょう。  
チョ・ミン氏は氏は 2010学年度の世界先導人材選考を通じて高麗大環境生体工学学部に入学し,2014年卒業,その後2015学年度に釜山大医学専門大学院に入学しています。
  
高麗大学入学時の提出書類も偽造されたものと明らかになっており,高麗大学の入学・卒業が取り消されれば 高麗大学と釜山大学大学院の10年間(?)を,偽学生として過ごしたことになりそうです。
大学教授であった両親のステータスを利用して作成した偽造書類による入学でした。自業自得です。
尚,母親の東洋大教授,チョン・ギョンシムは入試不正とプライベート・ファンドへの違法投資などで起訴された裁判で,二審のソウル高裁で懲役4年の判決が言い渡されています。
エリート一家の崩壊です。

|

« 分からない人達 | トップページ | 007映画の最新作公開日,4回目の変更で早まる。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 分からない人達 | トップページ | 007映画の最新作公開日,4回目の変更で早まる。 »