« TVでの面白い発言(その 79) | トップページ | 見出しに見る勘違い(その753) »

2021年9月 2日 (木)

アフガニスタンに残された米軍装備の値段

米中央軍のマッケンジー司令官は米東部時間8月30日(日本時間31日),米軍がアフガニスタンからの撤退を完了したと発表しました。「最後のC-17輸送機がハミド・カルザイ国際空港を米東部時間30日午後329分(同31日午前429分)に離陸した」と述べました。

米国がアフガニスタンにつぎ込んだ(運び込んだ)兵器類はどうなったるのでしょうか?

ForbesAug 23, 2021付けで “Staggering Costs – U.S. Military Equipmant Left Behind In Afghanistan
膨大なコスト–アフガニスタンに置き去りにされた米軍装備」の見出しで伝えています。

下記,拙訳・転載します。
********************

001_20210831214301

米国は2001年以来,推定 $830億9兆円強)相当の訓練と装備をアフガニスタン治安部隊に提供した。今年だけでも,アフガニスタン軍への米軍援助は $30億だった。

まだアフガニスタンにある米国の軍事機器(military equipment)に値札を付けるのは簡単な作業ではない。戦争の霧,あるいは撤退の中で,アフガニスタンは常に陽の当たらないブラック・ボックスだった。

透明性を促進することはなく,バイデン政権は現在,アフガニスタンの軍事装備に関する重要な監査を隠している。今週, ‘OpenTheBooks.com’ の監査人は,連邦のWebサイトから姿を消したアフガニスタンの米軍装備に軍事費(war chest)に関する2つの重要なレポートを再投稿した。

#1. 米国政府監査院(GAOGovernment Accountability Office)によるアフガニスタンでの軍事装備の監査(20178月)

#2. 失われたScanEagleドローンの $1億7400万のアフガニスタン復興特別検査官(SIGARSpecial Inspector General For Afghanistan Reconstruction)監査(20207月)

これらの監査と米国が提供した機器の費用を支払った米国の納税者は,その金額を追跡可能であるべきである。公表後,GAOのスポークスマンは,コメントの要請に応えた。「国務省は,アフガニスタンに関する報告を一時的に削除して確認し,報告を通じて特定されて報復の対象となる可能性のある米国の支援の受領者を保護するよう要請した。」 ただし,これらのレポートには番号のみで,受信者情報は含まれていない。

さらに,特に明記されていない限り,「取得価値」を見積もる場合,私たちの情報源は国防補給庁(DLAthe Department Logistics Agency)とその軍事機器の包括的なデータベースである。

Vehicles and airplanes
車両と航空機

政府監査院の報告によると,2003年から2016年の間に,米国は75,898台の車両と208機の航空機を購入し,アフガニスタン軍と治安部隊に提供した。

002_20210831214301

推定車両コストの内訳は次のとおりである:

M113A2などの装甲兵員輸送車(armored personnel carrier)は 1$170,000で,M577A2郵便配達車の最近の購入は1$333,333だった。

耐地雷車両(mine reistant vehicle)は $412,000から 767,000 の範囲である。 総費用は $3億8200万から $7億1100万の範囲になる可能性がある。

「トラック,レッカー車」などの回収車両(recovery vehicle)のコストは,基本モデルで $168,960,超強力バージョンで $880,674 である。

中距離戦闘車両(edium range tactical vehicles)には5トンの貨物が含まれ,一般輸送トラックの価格は $67,139だった。 ただし,MTV大型車の系統の価格は,1$235,500 から $724,820 の範囲だった。 飛行機を輸送するための貨物トラックのコストは$800,865 である。

・ハンビーHumveeshigh-mobility multipurpose wheeled vehicle,高機動多目的装輪車)– 救急車の種類( $37,943 から$142,918 の範囲で,ほとんどが $96,466): 貨物タイプ,価格は $104,682。 ユーティリティ・ハンビーの価格は通常 $91,429 だった。 ただし,12,000ポンドの兵員輸送バージョンのコストは最大 $329,000 である。

軽戦闘車両(light tactical vehicles):高速攻撃戦闘車両(Fast attack combat vehicles)($69,400; および乗用車($65,500)。 全地形対応四輪車(all terrain 4-wheel vehicles)は,軍事データベースで最大 $42,273 になる。

003_20210831214301

今月,タリバンはブラック・ホーク・ヘリコプターとA-29スーパートゥカーノ攻撃機(Super Tucano attack aircraft)を押収した。ロイター通信によると,先月遅く,アフガニスタン国防省は,米国から新しく到着した7機のヘリコプターの写真をソーシャル・メディアに投稿した。

ブラック・ホーク・ヘリコプターは最大 $2100万の価格である。2013年,米国は20機のA-29スーパートゥカーノ攻撃機を$4億2700万 で注文した。これは,1機で $2130万に相当する。他の特殊なヘリコプターは,1機 最大 $3,700万の費用がかかる。

アフガニスタン空軍は20183月にC-208軽攻撃機の契約を結んだ:7機で $8,460万,つまり1$1,210万だった。本機は非常に高機能(sophisticated)であり,ヘルファイア(HELLFIREHelicopter launched fire-and-forget)空対地ミサイル,対戦車ミサイル(anti-tank missiles),その他の兵器を搭載している。

PC-12諜報(intelligence),偵察(reconnaissance),監視飛行機(surveillance airplanes)は最新の技術を使用している。これらの飛行機をタリバンの支配下に置くことに当惑する(disconcerting)。 民間モデルは新品1機 約$500万 で,軍用機はその価格の何倍もする可能性がある。

基本的な固定翼飛行機の価格は,DLAデータベースで $310万$2200万 の範囲である。

もちろん,ヘリコプターの価格も技術,目的,機能設備によって大きく異なる。たとえば,DLAによると,汎用(general purpose)ヘリコプターの価格は $92,000 から $922,000 の範囲である。 観測ヘリコプターは $92,000,多目的ヘリコプターは最大 $922,000 の費用がかかる。

タリバンが飛行機を飛ばせないとしても,部品は非常に貴重である。たとえば,特定の軍用機の操縦桿だけの取得価値(acquisition value)は $17,808で,燃料タンクは最大 $35,000 で販売される。

Lost drones
失ったドローン

2017年,米軍はアフガニスタン国軍(ANAthe Afghan National Army)の防衛を支援する試みの一環として,$1億7,400万 のドローンを失った。 しかし,ANAはすぐにドローンを使用しなかったため,ドローンを見失った。

今週,$1億7400万 のドローン損失に関するSIGAR監査がウェブサイトから消えた。

Weapons, communications equipment, and night vision googles
武器,通信機器,暗視ゴーグル

GAOの報告によると,2003年以降,米国はアフガニスタン軍にM16ライフル,162,000個の通信機器,16,000個の暗視ゴーグル装置(night vision googles)を含む少なくとも600,000個の歩兵兵器(infantry weapons)を提供した。

004_20210831214301

榴弾砲(howitzer)は米軍の最新の大砲であり,各ユニットのコストは最大 $500,000である:ただし,ほとんどは $200,000 の価格帯である。最高級には,発射された砲弾に関するGPS誘導がある。

DLAによると,M16ライフルの一般的な価格は $749 である。 グレネード・ランチャー(grenade launcher:擲弾発射器)を追加すると,M16の価格が $12,032 に上がる可能性がある。M4カービン銃はわずかに高価で,単価は $1,278 にもなる。:

暗視スナイパー・ライフル・スコープの光景だけでも $35,000 にもなる可能性があるが,ほとんどの場合,価格は $5,000 から $10,000 の間で変化する。

アフガニスタン軍に提供された他の種類の兵器の費用は次のとおりである。

機関銃,つまりM240モデルの価格は,1$6,600 から $9,000 の間だった。

グレネード・ランチャーの価格は 1$1,000 から $5,000 である。ただし,2020年には,製造業者は 53丁を 1$15,000 で販売しました。

DLAによると,陸軍の散弾銃は1丁 あたりわずか $150 で購入された。

軍用ピストルは,.40口径(caliber)のグロック・ジェネレーション3 Glock Generation 3)など,1$320 である。

005_20210831214301

各エアロスタット(aerostat)監視気球の費用は $890万 である。 最近の調達ニュースによると,‘ScanEagle’ ドローン1機の価格は約$140万 である。2021年の終わりにさえ、ウルフハウンドの無線監視システムに対する米国の予算は $874,000 に近づいた。

暗視装置:16,000個の暗視ゴーグルだけの総コストは $8000万 にもなる可能性がある。

個別に,ハイテクゴーグルはDLAによって $2,742 から $5,000 の間で販売されていた。 イメージ・インテンシファイア(画像増強:image intensifier)のような他の機器は,一般的にそれぞれ $10,747 で販売されている。ただし,洗練されたモデルはそれぞれ $66,000 にもなる。

無線機器:機器のコストを合計すると - 受信機-送信機($210,651; 高機能(sophisticated)無線機セット($61,966; アンプ($28,165; リピーター・セット( $28,527; 周波数特定配備セット(deployment sets to identify frequencies)は,$ 18,908 になる。

And there’s more… years 2017 through 2019
そして、さらに…2017年から2019年まで

The Hillの報告で,削除されて以来の2020 SIGARレポートによると,2017年から2019年にかけて,米国はアフガニスタン軍に7,035丁の機関銃,4,702台のハンビー(Humveehigh-mobility multipurpose wheeled vehicle,高機動多目的装輪車),20,040個の手榴弾(hand grenade),2,520基の爆弾,1,394丁の擲弾発射筒(grenade launchers)も提供した。

匿名の当局者はロイター通信に対し,現在の諜報活動では,タリバンが米国製ハンビーを含む2,000台以上の装甲車(armored vehicle)と,UH-60ブラック・ホーク,スカウト攻撃ヘリコプター,‘ScanEagle’ 軍用ドローンを含む40機もの航空機を制御したと語った。

Crucial quote
重要な見積もり

ホワイトハウスの国家安全保障担当補佐官(national security adviser)ジェイク・サリバン氏は火曜日に,「防衛物資のすべての品目がどこに行ったのかを完全に把握しているわけではないことは明らかだが,、かなりの量がタリバンの手に渡った」と述べたと ‘The Hillは報じた。「そして明らかに,彼らが空港で私たちにすぐにそれを引き渡すつもりであるとは思ってない。」

Critic
批判

共和党上院議員は,アフガニスタンに残された米軍装備の完全な数の存在を要求した。

国防長官ロイド・オースティンへの手紙の中で,議員たちは,ブラック・ホークのヘリコプターを含む軍事装備を手にしたタリバンの過激派(militants)の写真を見るのは「恐ろしい(horrified)」と述べた。

「米国の納税者によって支払われたハイテク軍事装備がタリバンとそのテロリストの同盟国の手に渡ったことは受け入れがたい」と議員は手紙の中で述べた。「アフガニスタンからの撤退を発表する前に,米国の資産を確保することは,米国国防総省の最優先事項の1つであったはずだ。」

(転載了)
*********************

日本の年間防衛費(5兆円強)をはるかに上回る軍事費用をつぎ込んできて そのまま置いて撤退,トランプでなくとも納得できないのかも知れません。

米軍は 残した武器は全て無力化したと言っていますが,とても信じられません。

|

« TVでの面白い発言(その 79) | トップページ | 見出しに見る勘違い(その753) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TVでの面白い発言(その 79) | トップページ | 見出しに見る勘違い(その753) »