« この夏,最後の「かき氷」 | トップページ | 見出しに見る勘違い(その761) »

2021年9月29日 (水)

もうろくしたので 『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(No Time to Die)を観るための予習。

Poster001 いよいよ 当初の予定から1年半遅れて 10月1日,『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(No Time to Die)が公開されます。(右ポスターに ‘APRILl 2’ とあるのは 2020年,当初の公開日と思われる。) 
2006年公開 『007 カジノ・ロワイヤル(007 Casino Royale)』からの6代目ボンド役 ダニエル・クレイグ(‘Daniel Craig’, 1968 ー )の 5本目にして最後の作品です。

当然,観に行くつもりですが,古希を過ぎて 最近,映画のストーリーを追うのが大変になってきたので,若い頃(「007シリーズ」の第一作を観たのは,1963年 中学3年生,58年前だった)には考えられなかった「事前勉強」をしました。

すなわち,英文Wikipedia で登場人物を予習しました。
下記のとおりです。

Cast

ジェームズ・ボンドJames Bondby ダニエル・クレイグDaniel Craig):
   007として知られていた元MI6エージェントで,映画の冒頭時点で引退して5年間になっていた。キャリー・ジョージ・フクナガ監督はボンドを「負傷した動物」と比較し,彼の心の状態を「『'00' エージェント』としての役割に対処するのに苦労している」と説明した。
   世界は変わった。 交戦規定(rules of engagement)は,彼らがかつてのそれではない。「非対称戦争(asymmetric warfare)のこの時代では、スパイのルールはより暗くなる」,クレイグは,この映画は「人間関係と家族について」であると述べた。

リューツィファー・サフィンLyutsifer Safinby ラミ・マレックRami Malek:
   ボンドとスワンの敵(adversary)であり,報復ミッションのテロリスト・リーダー。
   プロデューサーのバーバラ・ブロッコリは,このキャラクターを「ボンドの皮を剥ぐもの。彼は厄介な作品だ」と説明した。マレックは,このキャラクターを「ボンドがヒーローであるのとほぼ同じように,自分自身をヒーローと見なす人物」と表現した。
   フクナガは,サフィンを「(ボンドが)これまでに遭遇した誰よりも危険である」そして「超知性(hyper-intelligent)で価値のある敵」と表現した。

マドレーヌ・スワンDr. Madeleine Swannby レア・セドゥLéa Seydoux:
   映画「007スペクター」でのボンドのミッションを支援した精神科医でボンドの恋愛対象(love interest)。
   フクナガは,スワンの存在がカジノ・ロワイヤルでのヴェスパー・リンド(Vesper Lynd)の死に起因するボンドの未解決のトラウマをボンドに探求することを可能にし,この映画に対するスワンの重要性を強調した。映画を見た後,セドゥーは「このボンドにはたくさんの感情がある。とても感動的。きっと泣くと思う。私は見たとき,泣いた,私がその中にいるのが奇妙だった。」

ノーミNomiby ラシャーナ・リンチLashana Lynch:
   ボンドの引退後,しばらくして現役に就いた,007番号が割り当てられた新しい「00」エージェント。
   リンチは,彼女のキャラクターがスパイの世界に新たな関連性の層をもたらすことを望んでいると述べている。

Q by ベン・ウィショーBen Whishaw:
   "00" エージェントに現場で使用するための機器を装備するMI6の補給係将校(Quartermaster)。
   ウィショーは,Qの彼のバージョンが「私は今終わったと思う。私は契約した・・・ 3つした。 それで,私にとってはそれでいいのではないかと思う。」と言い終えた。 

イヴ・マネーペニーEve Moneypennyby ナオミ・ハリスNaomie Harris:
   Mの秘書でボンドの味方。ハリスは「『スペクター』以来,マネーペニーは幾分成長した。しかし,彼女は自分の人生を持った独立した女性である。」と言っている。

フェリックス・ライターFelix Leiterby ジェフリー・ライトJeffrey Wright:
   ボンドの友人であり,CIAの佐官(field officer)。
   ライトは映画の中でフェリックスに何が期待できるかを尋ねられ,「まあ、フェリックスがジェームズをゲームに引き戻し,そこから離れることは知られていると思う」と答えた。
   ライトは,スカイフォールとスペクターに戻るように求められなかったことに驚いたが,フェリックスが 『007ノー・タイム・トゥ・ダイ』に戻ったのは,前2作に欠席したために「より多くの重みを与える」と感じた。ライトは,この映画がボンドとフェリックスの兄弟関係を確立していると述べ,それを彼らの関係の「コア(core)」と表現した。

エルンスト・スタヴロ・ブロフェルドErnst Stavro Blofeldby クリストフ・ヴァルツChristoph Waltz:
   ボンドの大敵であり,ボンドの乳兄弟(foster brother)。彼は犯罪シンジケート・スペクター(SPECTRE)の創設者であり,首領。現在MI6の管理下にある。
   フクナガは,ブロフェルドが戻ってきた理由を説明し,映画の中でキャラクターの「新しい役割」をからかった。「ブロフェルドはすべてのボンド映画の象徴的なキャラクターである。彼は刑務所にいる,しかし彼は確かにまだすることができない? ジェームズ・ボンドと世界の他の地域のために彼はどのような邪悪でサディスティックなことを計画しているのだろうか?」

M by  レイフ・ファインズRalph Fiennes:
   MI6のボス,そしてボンドの上官。

パロマPalomaby アナ・デ・アルマスAna de Armas:
   ボンドを支援するCIAエージェント。 デ・アルマスは彼女の性格を「無責任」で「陽気な」と表現し,ボンドのミッションにおいて重要な役割を果たしている。

ビル・タナーBill Tannerby ロリー・キニアRory Kinnear:
   Mの補佐,チーフ・スタッフ。

プリモPrimoby ダリ・ベンサラDali Benssalah:
   ボンドがマテーラで最初に遭遇した敵の傭兵。

ヴァルド・オブルチェフValdo Obruchevby デヴィッド・デンシックDavid Dencik:
   ボンドが調査する失踪した科学者。

ローガン・アッシュLogan Ashby  ビリー・マグヌッセンBilly Magnussen:
   ボンドがオブルチェフを見つけるのを支援するためにレイターによって手配されたCIAエージェント。

***********

こんなにたくさんは覚えられない。

日曜に,前作「スペクター(Spectre)」(2015を TVで観ましたが,間違いなく映画館で観ているはずなのに どのシーンも思い出せず,本当に映画館で観たのか 不安になりました。

ブログで確認すると “「007 スペクター」を観た。” と題して 「12月4日の公開に先立つ,3日間の先行公開初日 11月27日の 9:50からの第一回上映で 『007 スペクター』(‘Spectre’,2015)を観ました。・・・」の書き出しで記録していました。間違いなく 観ていました。

|

« この夏,最後の「かき氷」 | トップページ | 見出しに見る勘違い(その761) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« この夏,最後の「かき氷」 | トップページ | 見出しに見る勘違い(その761) »