« TVでの面白い発言(その 80) | トップページ | 蝉に死角あり。 »

2021年9月 9日 (木)

映画「運び屋」の ジョークがわからない。

映画 『運び屋』(‘The Mule’,2018)を 9月6日 NHK BSプレミアムで観ました。

002_20210906161701

2019年の公開時に観て,その後 TVで放映された時にも観て,今回 3回目です。静かな展開の映画ですが,何故か 退屈せずに観られます。

サム・ドルニック(Sam Dolnick)によるニューヨーク・タイムズ紙 2014年6月14日付けの記事 「シナロア・カルテルの90歳の麻薬の運び屋」(The Sinaloa Cartel's 90-Year-Old Drug Mule)に基づいて,ニック・シェンク(Nick Schenk)が脚本を執筆した,80歳代に シナロア・カルテルの麻薬の運び屋になった退役軍人 レオ・シャープ(Leo Sharp)の実話で,クリント・イーストウッド(‘Clinton Eastwood Jr.’,1930~ )の監督,主演です。

話はー
80歳代のアール・ストーンは,イリノイ州ピオリアに住み,デイ・リリー(1日だけ咲くリリー)を栽培する退役軍人の園芸家だった。デイ・リリーのコンテストで優勝するほどの腕があるが,破産寸前で,
家族とは離れて暮らしており,孫娘を除く 元妻,娘とうまくいってなかった。
ついに 破産して住まいと農園を差し押さえられたアールは,トラックに身の回りの荷物を積んで元妻の家に行くが うまくいかない。
当てもなくトラックで走るアールは,ふとしたことから メキシコの麻薬カルテルのコカインを運ぶ「運び屋」になってイリノイ州を走る。

作品の冒頭近くで,アールが品評会で優勝して表彰されるシーンがあります。

003_20210906161701
004_20210906161801
No booing, no booing.
Thank you very much.
005_20210906161801
And rather than give a long, boring speech,
I just wanted to tell you a little joke. And that's...
006_20210906161801
Why did the horticulturist walk across the hotel lobby?
007_20210906161801
Why?
008_20210906161801
'Cause he wanted to get to the bar,
and that's exactly where I'm headed.
009_20210906161801
Thank you!

残念ながら 私には このジョークが 分かりません。
bar” に何か他の意味が?

|

« TVでの面白い発言(その 80) | トップページ | 蝉に死角あり。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TVでの面白い発言(その 80) | トップページ | 蝉に死角あり。 »