« 百日紅,ほぼ百日咲いてー | トップページ | 立花考志氏が 山本太郎氏について語っていた。 »

2021年10月19日 (火)

未だ トランプを期待する人々

Pew Research CenterOct.6,2021付けで
Two-thirds of Republicans want Trump to retain major political role; 44% want him to run again in 2024
共和党員の3分の2は,トランプが主要な政治的役割を維持することを望み,44%は彼が2024年に再び出馬することを望んでいる
- と題する調査結果が掲載されました。

下記,拙訳・転載します。
********************************

001_20211012170101

002h_20211012165901 9月13日から19日に実施された米国成人へのピュー研究所調査によると,共和党員と共和党支持者の3分の2は,ドナルド・トランプ前大統領が今後何年にもわたって主要な政治家であり続けることを望んでいると述べている。 この中には2024年に大統領選挙に立候補してほしいと答えた44%を含む。

5人に1人の共和党員(22)は,トランプが米国の主要な政治家であり続けることを望んでいる一方で,2024年の選挙に自分で立候補するのではなく,彼の見解を共有する別の大統領候補を支援するために彼の名声(stature)を使用することを望んでいると述べている。共和党員の約3分の132)は,トランプが今後何年にもわたって国の政治家であり続けることを望んでいないと述べている。

003h_20211012165901 トランプ氏が引き続き主要な国民的人物であり続けるべきだと言う共和党員の割合は、彼の政権が終わりに近づいた日々(the waning days)と16日の米国議会議事堂での暴動の直後に行われた1月の調査以来,57から6710パーセンテージ・ポイント増加した。

民主党員と民主党支持者の見解は,この期間中本質的に変化していない。今日,民主党員の92は,トランプが今後も主要な国家政治家であり続けることを望んでいないと述べている一方,7だけがこれを望んでいると述べている。

共和党員の間では,トランプが引き続き主要な政治家(major political figure)であるか,次の大統領選挙で立候補するかについての見解は,年齢,教育,イデオロギーによって異なる。

004m_20211012170001 たとえば,大学での経験がある程度以下の共和党員(共和党員の明らかに過半数を占める)の72は,トランプが主要人物になるべきだと述べ,その半分は2024年に大統領に立候補するべきだと述べている。対照的に,大学の学位以上の共和党員のより少ない過半数(54)は,トランプが次の大統領選挙に立候補するべきだと言うわずか28を含め,著名な人物であり続けるべきだと述べている。

保守的な共和党員の間では,トランプが国の政治家であり続けることを広く支持している:4分の3がこれを好み,492024年に再び大統領に立候補すべきと述べている。穏健な共和党員とリベラルな共和党員はさらに分かれている:51が 彼は継続的な政治的役割を果たさなければならないと述べ,332024年に大統領に立候補すべきだと述べている;47は,彼が主要な政治的役割を果たし続けるべきではないと述べている。

Nearly two-thirds of Republicans say their party should not be accepting of elected officials who criticize Trump
共和党員のほぼ3分の2は,彼らの党がトランプを批判する選出された役人を受け入れるべきではないと言う

新しい調査によると,共和党員の過半数の63が,トランプを公然と批判する選出された公務員を党が受け入れすぎてはならない(32)か,まったく受け入れてはならない(30)と述べている。共和党員の36だけが,共和党はそのような役人を非常に(11)またはいくらか(26)受け入れるべきだと述べている。

005m_20211012170001 対照的に,約10人中6人の民主党員は,民主党はジョー・バイデン大統領を公然と批判する民主党の選出された公務員を非常に(17)またはある程度受け入れるべき(40)だと述べている。

共和党員と民主党員の大多数は同様に,彼らの党は重要な問題について他の党に同意する選出された役人を受け入れるべきであると言っている。民主党員の3分の2は,民主党は重要な問題について共和党に同意する民主党役人を受け入れるべきだと述べている。共和党員の過半数(55)は,共和党がいくつかの重要な問題について民主党に同意する公務員を受け入れるべきだと述べている。

調査はまた,一方の政党から選出された公務員が他方の政党の対応者を「悪(evil)」と呼んでいることの受容性について尋ねた。民主党員の過半数(57)と共和党員の約半数(52)は,党がこれを行う公務員を受け入れすぎてはならない,またはまったく受け入れてはならないと述べている。

10人中4人の民主党員(41)が,共和党の役人を悪と呼ぶ自党の選出された役人を受け入れるべきだと述べ,13が自分たちの党がこれを非常に受け入れるべきだと述べている。共和党員の46は,民主党を悪と呼ぶ公務員を受け入れるべきだと述べており,18は,党がこれらの公務員を非常に受け入れるべきだと述べている。

006h_20211012165901 トランプ氏を公然と批判する選出された公務員を党が受け入れるべきだと言う共和党員の割合は,3月以降減少している。今日,共和党員の36は,共和党の選出された公務員がトランプを公然と批判することは,今年初めの43%から少なくともある程度許容できると述べている。

バイデンを公然と批判する民主党の選出された公務員を彼らの党が受け入れるべきであると言う民主党員の割合も減少している。民主党員の過半数(57)は,これは許容できると答えており,3月の68から減少している。

(転載了)
*********************

|

« 百日紅,ほぼ百日咲いてー | トップページ | 立花考志氏が 山本太郎氏について語っていた。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 百日紅,ほぼ百日咲いてー | トップページ | 立花考志氏が 山本太郎氏について語っていた。 »