« 見出しに見る勘違い(その763) | トップページ | さいとう・たかをさん逝去,昭和は遠くー »

2021年10月 3日 (日)

「ら抜き言葉」と「さ入れ言葉」の使用状況。

9月24日,文化庁が「令和2年度『国語に関する世論調査』の結果」を発表しました。
発表内容は次の通りです。
**********
1. 調査の概要
     ・調査目的:日本人の国語に関する意識や理解の現状について調査し、国語施策の立案に資するとともに、国民の国語に関する興味・関心を喚起する。
     ・調査対象:全国16歳以上の個人
     ・調査時期:令和3年3月
     ・調査方法:郵送法
     ・回収結果:調査対象総数6,000人
                      有効回収数(率)3,794人(63.2%)
2.調査項目
    (1)日本語に対する意識
    (2)生活の変化とコミュニケーション
    (3)ら抜き言葉・さ入れ言葉等
    (4)ローマ字表記
    (5)新しい言葉の使用と印象、慣用句等の意味・言い方など
************

調査項目の(3)の結果を転載するとー

Photo_20210926145301ら抜き言葉」と「さ入れ言葉」に加えて,毎度おなじみの「やる/あげる」の使用状況が示されています。

ら抜き」が,動詞によりますが ほぼ半分程度というのは やや信じ難い結果で,TVのインタビューに答える人のほとんどが「ら抜き」でテロップで「ら」を追加修正している感があります。

さ入れ言葉」は まだ30%を超えることはなさそうです。

やる/あげる」については 例文の選び方に問題があって,「『あげる』は謙譲語」と言う意識を持ってない人は 既に90%に迫っていると思っています。

下に「ら抜き言葉」の各例文に対する年令別使用状況を示します。

11
12_20210926145301
13_20210926145301
14
15_20210926145301

動詞による差は興味深いのですが,「考えれない」ではなく,正しく「考えられない」と言うのが年齢に依存せず多いのは何故?

|

« 見出しに見る勘違い(その763) | トップページ | さいとう・たかをさん逝去,昭和は遠くー »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る勘違い(その763) | トップページ | さいとう・たかをさん逝去,昭和は遠くー »