« アフガニスタン撤退に関する米国人,特に退役軍人の考え | トップページ | 「ら抜き言葉」と「さ入れ言葉」の使用状況。 »

2021年10月 3日 (日)

見出しに見る勘違い(その763)

「韓国メディア,岸田新首相に一斉に『韓日関係の改善を』」 2021/9/30 中央日報・日本語版
    ‘日本の新首相に岸田文雄元外相が選出され,韓国メディアが社説を通じて韓日関係の改善を注文した。
     ソウル新聞は30日,「岸田新首相,ふさがった韓日関係の外交的解決を」と題した社説で,「韓国司法府の判断を尊重し,韓日当局者は現在のふさがった状況を解決する案を模索すべき」とし「外相を務めた岸田新首相が韓日関係回復のための意味のある決断をすることを期待する」と主張した。
     韓国日報は「日本の新首相に岸田氏…韓日関係改善の契機になるべき」という社説で,「韓日の葛藤は手をつけるほど絡んで解決法が見えないが,こうした状況をさらに放置すれば両国にプラスにならないのは自明」とし「韓日が権力交代期であるだけに,先にスタートする岸田政権から未来志向的な決断が出ることを期待する」と伝えた。
    国民日報は「岸田次期首相,前向な姿勢で韓日関係改善を」という社説で,「過去の問題と経済をはじめとする他の問題は分離するツートラック外交を通じて,韓国と協力する部分は積極的に力を合わせる前向きな姿勢が要求される」とし「以前の首相とは違い,両国関係に新しい地平を開く度量の大きい指導者になることを望む」と期待を表した。
    東亜日報は「岸田新首相,安倍路線を捨てて韓日関係改善に動くべき」と題した社説で,「岸田総裁は安倍晋三元首相が見せた一部の政策について修正の意思を明らかにした」とし「韓日関係が一日で良くなるわけではないが,時間を置いて回復する転機でも用意しておく必要がある」と注文した。
    世界日報は30日,「日本次期首相に岸田氏…韓日関係に突破口を」という社説で「今の韓日関係は極めて深刻だ。韓日の首脳が反転のきっかけを見いだせなければ,どん底から抜け出すのは容易でない」とし「岸田首相時代に韓日間の対話の機会が増えるとみられる。日本が『新しい解決策』を出すことを期待する。そうしてこそ韓日関係に突破口が開かれる」と強調した。 との報道です。
    韓国メディアは揃って 大きな勘違いをしているようです。
    日本は韓国司法府の判断よりも国際法を尊重します。国際法に反して,韓国司法府の判断に従うことはあり得ません。
「前向な姿勢で韓日関係改善を-」は韓国の大統領に望むべきことで,日本の首相に望むのは筋違いです。相手国を常に非難しているのは韓国です。
   『新しい解決策』を出してくれとは 日本から韓国政府に,何年も前から要求していることであって,日本に期待するのは間違いです。そもそも,日本が解決策を出すべき問題は存在しません。球は韓国に存在します。

|

« アフガニスタン撤退に関する米国人,特に退役軍人の考え | トップページ | 「ら抜き言葉」と「さ入れ言葉」の使用状況。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アフガニスタン撤退に関する米国人,特に退役軍人の考え | トップページ | 「ら抜き言葉」と「さ入れ言葉」の使用状況。 »