« 「エディ・バウワー」が 今年12月に日本撤退。 | トップページ | 厚切りの「はまち」の刺身が美味そうだったのでー »

2021年10月26日 (火)

日本のコロナ感染件数の急減はミステリーか!

例えば,韓国の中央日報「1日25000人から300人台に…日本の新型コロナ感染者ミステリー」(1025日付)見出し記事のように 日本のCOVID-19 感染者の急激な減少は世界的に注目され,明確な理由が示されないままミステリーと呼ばれているようです。
米国 ‘TIME’ 誌 電子版,Oct.18,2021付けでも報じています。

以下,拙訳・転載します。
**********************

Japan's Plummeting COVID-19 Cases Create Mysterious Success Story
日本の急落するCOVID-19感染件数がミステリアスなサクセス・ストーリーを生み出す

ほぼ一夜にして,日本は驚くべき,そして幾分神秘的なコロナ・ウイルスのサクセス・ストーリーになった。

毎日の新しいCOVID-19症例は,人口密度の高い首都・東京で8月中旬のピークだった症例数6,000人近くから急落し,現在 日常的に(routinely),11ヶ月ぶりの最低値である100人を下回っている。

バーは満員で,電車は混雑していて,急降下の背後にあるものについての一般的な当惑(bafflement)にもかかわらず,気分はお祝いである。

日本は,ヨーロッパやアジアの他の国とは異なり,封鎖に近いものは一度もなかった。一連の比較的権限のない(toothless)非常事態だけである。

日本の成功のいくつかの考えられる要因には,遅れていたが非常に迅速な予防接種キャンペーン,最近の感染の急増の間に恐怖が広がったために多くのナイトライフ・エリアを空にすること(emptying),パンデミックのかなり前に,マスクを着用することの広範な慣行,および 人々を家に留めた8月下旬の悪天候が含まれる。

しかし、ワクチンの有効性が徐々に低下し,冬が近づくにつれ,専門家は,症例がこれほど劇的に減少した理由が正確に分からずに,数がワクチン接種レベルより少なかったとはいえ,病院が深刻な症例で溢れ,死亡者が急増したこの夏のような別の波に直面する可能性があることを心配している。。

多くの人が,特に若い人たちの間での感染を減らしたワクチン接種キャンペーンを称賛している,人口の約70%が完全にワクチン接種を終えている。

東邦大学のウイルス学教授である立田和弘博士は、次のように述べています。「64歳未満の人々を対象とした,日本での迅速かつ集中的なワクチン接種は,集団免疫(herd-immunity)と同様の一時的な状態を引き起こした可能性がある。」

立田氏は,より感染性の高いデルタ変異体が急速に蔓延しているのと同じように,7月から9月にワクチン接種率が急上昇したと述べた。

しかし,米国,英国,および日本よりも数ヶ月早く接種が開始された他の国でのブレイクスルー感染は,ワクチンだけでは完全ではなく,有効性(efficacy)が徐々に失われることを示していると彼は警告した。

日本の予防接種は2月中旬に始まり,医療従事者と高齢者が最初に受けた(first in line)。輸入ワクチンの不足は, 723日から88日のオリンピックまでに,保護を最大化するために供給が安定し,毎日の接種目標が100万回を超えるまで引き上げられた5月下旬まで進行が遅くなった。

7月の1日あたりの接種回数が約150万回に増加し,予防接種率は7月上旬の15%から10月上旬までに65%に上昇し,米国の57%を超えた。

オリンピックのわずか数週間前に毎日の新しい感染者数が急増し,8月上旬に東京で5,000人以上,全国で約20,000人の感染者数を抱えて 日本は大会を開催することを余儀なくされた。

東京は日曜日(1017日)に40件の症例を報告し,9日連続で100件を下回り,今年最低となった。昨年初めにパンデミックが発生して以来,日本は累計で約171万人が感染し,日曜日には429件の症例を報告,18,000人が死亡した。

So why the drop?
それでは 何故 減少したのか?

「これは難しい質問です。ワクチン接種の進捗の影響を考慮する必要があり,これが非常に大きい。」と,疾病管理予防センター(Disease Control and Prevention Center)の大曲貴夫所長は述べており,「同時に,混雑した場所や換気の悪い場所など,リスクの高い環境に集まる人々は,すでに感染しており,今までに自然免疫を獲得している可能性がある。」

症例数の減少はテストの減少によるものかもしれないと推測する人もいるが,東京都のデータによると,陽性率は8月下旬の25%から10月中旬には1%に低下し,検査件数は3分の1に減少した。東京医師会(the Tokyo Medical Association)副会長の猪口正孝氏は,陽性率の低下は感染が鈍化していることを示していると述べた。

日本の非常事態宣言は封鎖(lockdowns)ではなく,主にバーや飲食店(eateries)に焦点を当てた要請(requests)であり,早めに閉店し、アルコールを提供しないよう求められた。多くの人々が混雑した電車で通勤し続け,いくつかの社会的距離のコントロール(social distancing controls)を備えたスタジアムでのスポーツや文化イベントに参加した。

緊急要請(the emergency requests)は終了し,政府は予防接種証明書と強化されたテストを使用して,スポーツ・イベントとパッケージ・ツアーを試験的に(on a trial basis)許可しながら、社会的および経済的活動を徐々に拡大している。

接種(inoculations)を早めるために,最近辞任した菅義偉前首相は,法的に接種できる医療従事者の数を増やし,大規模な予防接種センターを開設し,6月下旬から職場での予防接種を推進した。

京都大学の西浦博教授は最近の政府諮問委員会で,予防接種は3月から9月の間に,約65万人が感染を回避し,7,200人以上の命を救ったと推定していると語った。

多くの専門家は当初,バーが閉まっているときに,若い人たちが路上や公園で飲酒しているのを見て、ウイルスを広めたとして非難したが,データは,40代と50代も,多くがナイトライフ地区にも頻繁に訪れていることを示した。 最も深刻な症例と死亡は,50代以下のワクチン未接種の人々だった。

国立感染症研究所(the National Institute of Infectious Diseases)の脇田隆字所長は記者団に対し,最近,人々がナイトライフ地区でのパーティーを再開しているのではないか,感染の減速はすでに底を打った可能性があると,懸念を述べた。

「将来的には,感染が再発した場合に備えて,感染の取扱数(caseloads)をさらに減らすことが重要だ」と脇田氏は木曜日(1014日)に語った。

岸田文雄新首相は金曜日(1015日),11月初旬までにまとめられる準備計画(preparedness plan)には,活動の制限を厳しくし,「最悪のシナリオ」で感染が急増した場合に備えて,病院がCOVID-19治療のためにより多くのベッドとスタッフを提供する必要があることを含める,と述べた。

彼は詳細については述べなかった。

多くの人は,数に関係なく,警戒を緩める(letting down)ことに慎重である。

学生の川野美月さんは,マスク着用は「普通になりました」と語った。「私はまだウイルスについて心配している」と彼女は言った。
「マスクをしていない人に近づきたくない」と友人の川口アリスは言った。

公衆衛生の専門家は,感染が減少した理由を包括的に調査することを望んでいる。

GPSデータの分析によると,ダウンタウンの主要な歓楽街での人々の動きは,930日に終了した最新の第3回の非常事態宣言の間に低下した。

東京都医学総合研究所社会医学研究センター(the Research Center for Social Science & Medicine Sciences at the Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science)所長の西田淳志氏は,「予防接種の進展とともに,娯楽地区を訪れる人の減少が感染の減少に貢献したと思う」と述べた。

But people headed back to entertainment districts as soon as the recent emergency ended, he said, and that may “affect the infection situation in coming weeks.”
しかし,最近の緊急事態が終わるとすぐに人々は歓楽街に戻った(headed back),と彼は言った,そしてそれは「今後数週間で感染状況に影響を与えるかもしれない」。

(転載了)

**************

いくつかの推定要因は考えられるでしょうが,それらの どれが真の要因であるかの断定・証明は難しいと思われます。

prepare” の名詞形 “preparedness” を 浅学菲才ながら 初めて知りました,使ったことがありません。

|

« 「エディ・バウワー」が 今年12月に日本撤退。 | トップページ | 厚切りの「はまち」の刺身が美味そうだったのでー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「エディ・バウワー」が 今年12月に日本撤退。 | トップページ | 厚切りの「はまち」の刺身が美味そうだったのでー »