« Brooks Brothers が 新しいCreative Director によって,変わりつつ,あるいは戻りつつあるようだ。 | トップページ | タクラマカン砂漠に 米空母のモックアップ出現 »

2021年11月10日 (水)

見出しに見る勘違い(その775)

「日本撤退から13年,現代自動車が来年の再進出を検討」  2021/11/8 朝鮮日報・日本語版
     ‘現代自動車が早ければ来年にも日本市場再進出を検討中だ。電気自動車と水素自動車を基盤に日本市場で電動化転換がやや遅れていると評される日本車メーカーとの直接競争に参入するということだ。販売不振に耐えきれずに日本市場から撤退してから13年後の再挑戦となる。
    現代自動車の張在勲(チャン・ジェフン)社長はこのほど,日本経済新聞系列のメディア「日経ビジネス」とのインタビューで,「電動化の波は自動車産業に訪れた100年ぶりのチャンス」「先進市場でありながらも最も厳しい市場である日本に進出することを慎重に最終検討しているところだ」と明らかにした。日本の消費者のニーズを満たすため、進出準備を慎重に進めているということだ。
 現代自動車は去る2001年に日本に進出したが,販売不振で乗用車市場からは2009年に撤退した。現代自動車が日本に進出していた間に販売した自動車台数は1万5000台余りに過ぎない。販売市場からは撤退したが,今も日本の道路に約700台の現代自動車製の車が走っており,整備などのメンテナンスは継続している。
  張在勲社長は,現代自動車が日本に進出すれば,電気自動車と水素自動車を中心に競争力を発揮するだろうと自信を見せた。現代自動車はスポーツ・ユーティリティ・ビークル(SUV)水素自動車「NEXO(ネクソ)」とクロスオーバーSUV電気自動車「IONIQ(アイオニック)5」を出すなど,以前より多彩なライン・ナップをそろえており,日本の消費者に差別化された価値を提供できるということだ。

 張在勲社長は先日,電気自動車モデルに対して安全性の問題が発生したことに関して,「これまで7万7000台をリコール(回収・無償修理)して原因を把握した」「火災や衝突への安全性を確保した電気自動車(EV)専用の共通プラットフォーム(車台)『E-GMP』を開発し,リアルタイムのデータを受け取ってバッテリーの状態をチェックするために通信インフラ確保することにより、日本の消費者の信頼を得られるだろう」と説明した。

 現代自動車では,日本社会が変化していることも,同社が再進出するのに役立つと見ている。張在勲社長は「日本の社会や経済が環境への配慮をより重視するようになっている上,一人ひとりが周囲の意見ではなく,自分個人の価値観を重視して商品を選ぶようになっている」「ブランドに対する抵抗感が低くなってきている今こそ再進出においてタイミング的には非常に良い時期だ」と説明した。’ との報道です。

  韓国製であっても 韓国製であることを表に出さなければ,かつての ‘Raycop(最近,CMを見ない)や,‘Galaxy(‘Made in Korea‘ を消す,消さないで議論になって,結局 消した?)のように売れないことはないでしょう。

  しかし,現代自動車は 既に韓国製であることは明確なので,かつてと同じ轍を踏むことになるかも知れません。日本人は性能云々よりも 韓国製を持つことに 一種の恥ずかしさを感じるのでしょう。
かつて 何故,現代自動車が売れなかったのか検証して,それが 拭えていれば問題はないでしょう 。
   日本人は韓国人と違って,たとえ領土を韓国に不法占拠されていても,韓国の裁判所が国際法違反の判決を出しても,韓国製品の不買運動をしたり,「キムチ」の排斥運動をしたりすることはありません。

| |

« Brooks Brothers が 新しいCreative Director によって,変わりつつ,あるいは戻りつつあるようだ。 | トップページ | タクラマカン砂漠に 米空母のモックアップ出現 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Brooks Brothers が 新しいCreative Director によって,変わりつつ,あるいは戻りつつあるようだ。 | トップページ | タクラマカン砂漠に 米空母のモックアップ出現 »