« 見出しに見る勘違い(その775) | トップページ | 灯油価格,去年からの Up率:54.8%! »

2021年11月10日 (水)

タクラマカン砂漠に 米空母のモックアップ出現

USNI NewsU.S.Navy Institute News),November 7, 2021 付け
China Builds Missile Targets Shaped Like U.S. Aircraft Carrier, Destroyers in Remote Desert
中国,米国の空母,駆逐艦のような形のミサイル・ターゲットを人里離れた砂漠に構築

下記,拙訳・転載します。
***********************

001_20211109170501

衛星画像会社 ‘Maxar’ が ‘USNI News’ に提供した写真によると,中国軍は新しいターゲット範囲複合体(target range complex)の一部として,タクラマカン砂漠にアメリカの空母や他の米軍艦の形をしたターゲットを構築した。

米国の空母と少なくとも2隻のアーレイ・バーク級(Arleigh Burke-class)駆逐艦の実物大の輪郭は,中国中部の若羌(Ruoqiang)地域に建設された目標範囲(target range)の一部である。2013年の報道によると,このサイトは,中国がいわゆる「空母キラー DF-21D対艦弾道ミサイル」の初期バージョンをテストするために使用した以前の目標範囲の近くにある。

この新しい範囲は,中国が米海軍の軍艦に重点を置いて,対空母能力(anti-carrier capabilities)に引き続き焦点を合わせていることを示している。ペルシャ湾にあるイラン海軍の空母型の標的とは異なり,新しい施設は精緻な(sophisticated)機器を備えた標的範囲の兆候を示している。

002_20211109170501

空母標的自体は,空母のアイランド,航空機のリフト,側面砲塔(weapons sponsons),またはその他の詳細がない平らな面のように見えるように,Maxarの画像が示している。レーダーでは,‘Capella Space’(*社名)からUSNI Newsに提供された画像によると,ターゲット画像とは異なり,キャリアの輪郭が周囲の砂漠から際立っている。

金属を持たない空母を表すターゲット領域がさらに2つあり,その輪郭から空母として区別できる。しかし,他の軍艦のターゲットはより精巧である(elaborate)ように見える。画像によると,おそらく計装用に,それらの上に多数の直立したポールが配置されている。あるいは,艦船の上部構造をシミュレートするために,これらをレーダー・リフレクターに使用している可能性もある。

この施設には,大規模な(extensive)鉄道システムもある。Maxarからの109日の画像は,幅6メートルのレール上に広範囲の計装を備えた長さ75メートルのターゲットを示していた。

003_20211109170501

衛星画像からサイトを特定した地理空間インテリジェンス会社 ‘AllSource AnalysisによるMaxar画像の要約によると,この地域は伝統的に弾道ミサイルのテストに使用されてきた。

AllSource Analysisの要約によると,「いくつかの可能性のある米国の軍艦のモックアップは,他の軍艦(レールに搭載,可動)とともに,シーク/ターゲット捕捉テストに関連するターゲットをシミュレートできる」と,モックアップのすぐ近くにある武器の影響領域の兆候はないと述べている。「これと,艦艇のターゲット上およびその周囲に複数のセンサーを配置することを含む,モックアップの詳細な情報から,この領域は時間の経過とともに複数の用途を対象としている可能性がある。」

過去の衛星画像の分析は,空母ターゲット構造が2019年の3月から4月の間に最初に構築されたことを示している。何度か再建され,201912月に大幅に解体されました。サイトは今年の9月下旬に復活し,構造は10月上旬までに実質的に完成した。

004_20211109170501

中国には,人民解放軍ロケット軍(PLARF : the People’s Liberation Army Rocket Force)が監督する対艦弾道ミサイル・プログラムがいくつかある。陸上ベースのCSS-5 Mod 5DF-21D)ミサイルの射程は,800海里を超えている。 終末誘導機動弾頭(MaRVmaneuverable reentry vehicle)を搭載しており,艦艇を狙うことができる。より大きなCSS-18DF-26)の航続距離は約2,000海里である。

ペンタゴンの,中国の軍隊についての最新の年次報告書によると,「20197月,PLARFは南シナ海で初めて確認された実弾発射を実施し,南沙諸島(the Spratly Islands)の北の海域に6基のDF-21D対艦弾道ミサイルを発射した」 中国はまた,2016年に最初に出現した長距離対艦弾道ミサイルを配備している。

「マルチ・ロールDF-26」は,従来型の弾頭と核弾頭を迅速に交換するように設計されており,中国本土から西太平洋,インド洋,南シナ海で精密な艦対地攻撃と対艦攻撃を行うことができる。2020年,中国(PRCPeople's Republic of China)は南シナ海で移動する標的に対して対艦弾道ミサイルを発射したが,中国はそうしたことを認めていない。」と報告書は述べている。

005_20211109170501

中国には,陸上の対艦弾道ミサイルに加えて,人民解放軍海軍のH-6爆撃機に大規模な対艦弾道ミサイルを装備するプログラムがある。2018年に最初に発表されたCH-AS-X-13は,現存する最大の空中発射ミサイルであり,極超音速弾頭(hypersonic warhead)を収容するのに十分な大きさになるだろう。

対艦弾道ミサイルのもう1つの可能な発射台は,新しいType-055 南昌級(Renhai Class)大型駆逐艦である。ペンタゴンの報告によると,ミサイル巡洋艦と呼ばれ,対艦弾道ミサイルを搭載できるようになるという。

中国が砂漠に空母目標を構築したのはこれが初めてではない。2003年以降,ほぼ空母サイズの大型コンクリート・パッドがターゲットとして使用されている。‘Shuangchengziミサイルテスト範囲の一部であるスラブは,何度も攻撃され,頻繁に修理されている。タクラマカン砂漠の新しい場所は600マイル離れており,はるかに進化している。新しい船の目標は,彼らが代表することになっている船のより近いモックアップである。

006_20211109170501

新しい施設でテストされる兵器の範囲については疑問が残るが,サイトで現在見られるものの正確度は,人民解放軍が中国に近い米海軍の有効性(efficacy)を制限するために抑止力(deterrents)に投資し続けていることを示している - 特に米国の空母艦隊を対象としている。

先週発表された国防総省の報告によると,PLARF(中国人民解放軍ロケット軍)の主な目的は,米国の空母を西太平洋全域の対艦弾道ミサイルの危険にさらすことである。

(転載了)
*****************

下図は ‘REUTERSのニュース・サイトにあった配置図です。
衛星で見つかることは 当然 分かった上での設備で,露骨です。

007_20211109171601

|

« 見出しに見る勘違い(その775) | トップページ | 灯油価格,去年からの Up率:54.8%! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る勘違い(その775) | トップページ | 灯油価格,去年からの Up率:54.8%! »