« 米国人は生活に不便でも大きな家を好むか? | トップページ | 米国の新しいシャツ・メーカー ‘Junior’s’ »

2021年11月17日 (水)

見出しに見る勘違い(その779)

「【コラム】必需品が不足しても放置した政府,これが国なのか=韓国」  2021/11/15 中央日報・日本語版
     ‘韓国は「資源貧国」だ。世界10位の経済大国だが,原材料が供給されなければ対策がない。ところが命綱となるグローバルサプライチェーンに支障が生じている。米中覇権競争とチャイナリスク,コロナパンデミックの影響が大きい。特定国に依存すれば結局は問題が起こる。ところが韓国は特定国から80%以上を輸入する品目が3941品目にのぼる。全体輸入品目(1万2586品目)の30%ほどだ。中国が1850品目で最も多い。「グローバルサプライチェーン多角化」という生存守則が無視されている。

中国発の尿素水不足は国家が基本守則を破ればどのような危険に直面するかを明確に見せている。産業用尿素輸入物量の97%を占める中国が輸出を全面中断すると,随所で悲鳴が上がっている。

  ディーゼル燃料を使用する200万台の貨物車は排ガスの媒煙を減らす尿素水を注入しなければ動かないよう設計されている。厳格な国際環境基準のためだ。最悪の場合,動くすべてのものが停止することもあり得る。運転手はガソリンスタンドを探し回り,10倍の価格で購入する状況だ。工場と建設現場のまひ,救急車と消防車の運行中断事態までが予想された。首相と大統領秘書室長が謝罪し,経済首席秘書官も交代された。

韓国と産業構造が似ている日本では問題がなかった。最大生産・輸出国の中国への依存度が低いからだ。尿素の主原料アンモニアの77%を日本国内の4社が生産している。戦略物資と判断して対応した結果だ。昨年12月にはアンモニアを水素とともに次世代エネルギー源に指定した。採算が合わず2011年に国内企業が生産を中断すると,中国へのオールインを放置した韓国政府の職務放棄と比較される。

韓国は朝鮮時代まで中華秩序を受け入れて生存が保障された。随時変化する国外の現実を把握しながら独自の力と目を育てることを徹底しなかった。外交安保は同盟国の米国に依存して,経済は中国に傾いている現実は偶然の結果でない。我々には自国の生存戦略を用意するという決然とした覚悟が今も見られない。

半面、日本は自己主導的な戦略を模索してきた。文明の中心地から孤立しないよう注力した。7世紀初期の聖徳太子の時代から東シナ海の荒い海で人命を失いながらも必死に遣隋使,遣唐使を送った。明治維新(1868年)直後には独自の近代国家モデルを築くために地球を一回りしながら米国・英国など12ヶ国国を訪問する使節団を送った。

  岩倉具視特命全権大使が率いる使節団には後に初代首相になった伊藤博文をはじめ,若くて優秀な官僚が含まれた。彼らは熱心に各国の政治制度とインフラ,産業施設を目で確認し,100冊の本を残した。当時,英タイムズは「日本の上流階級が地位を放棄し,重大な社会革命が始まっている」と評価した。 ・・・
   一国が機敏に国外の情勢変化を読み取って現実的な判断を下す能力は,千年前も今日も生存のために重要なことだ。今回の尿素水不足事態も,中国とオーストラリアの葛藤で昨年10月にオーストラリアの対中国石炭輸出が中断した当時から事実上予告されていた。石炭を原料とする尿素の生産量が減り,中国が輸出物量を減らすしかなかったからだ。
  ・・・
  輸出中断の流れが可視化した先月初めから輸入業者はSOSを送っていたが,外交部と産業資源部は背を向けていた。こうした事実の報告を受けることができなかった鄭義溶外交部長官は,中国の王毅外相と先月29日にローマで30分間ほど会ったが,尿素不足の件を取り上げることができなかった。青瓦台(韓国大統領府)経済首席秘書官をチーム長とする「尿素水対応タスクフォース」は11月5日に稼働した。いったい誰のために存在する政府なのか。これが国なのか。
   忠清道洪州牧師移民会は1832年,英国の武装商船「アマースト号」が古代島に入ってきて通商を要求すると,「藩臣に外交無し(藩臣無外交)」として断った。恥ずかしい事大の絶頂だ。今の韓国の国政運営と通商外交の魂はこの島からどれほど抜け出せているのだろうか。李夏慶/主筆/副社長 と書いています。

  中華秩序を受け入れて生存が保障された朝鮮時代と変わらないようです。
聖徳太子やら 岩倉具視使節団を持ち出すまでもありません。利益を生まない製品を切り捨てるという,目先の利益のみ重んじる朝鮮民族の特性です。

  「これが国なのか」は前から日本が,そう言っています,中央日報の副社長にして,今頃 気が付きましたか。

で,日本は? JETRO作成の資料では 次表のとおり,全輸入品のうち 25%は中国からです。
その中身は? 充分 考慮されているのでしょう,ね。

001_20211115181301

| |

« 米国人は生活に不便でも大きな家を好むか? | トップページ | 米国の新しいシャツ・メーカー ‘Junior’s’ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国人は生活に不便でも大きな家を好むか? | トップページ | 米国の新しいシャツ・メーカー ‘Junior’s’ »