« Clarks の箱,廃棄。 | トップページ | 100円ショップでスマホ用「広角&マクロレンズ」 »

2021年11月20日 (土)

米国で本を読まないのは誰か?

Pew Research Center’,Sept.21,2021付けで “Who doesn’t read books in America?”(米国で本を読まないのは誰か?)という直截な見出しの調査報告がありました。

下記,拙訳・転載します。
********************************

001_20210923131801

2021年125日-28日に実施された米国成人に対するピュー・リサーチ・センターの調査によると,米国の成人の約4分の123)が,印刷物,電子形式,音声形式を問わず,過去1年間に本の全部または一部を読んでいないと答えている。これら 本を読まないのが誰だろう?

調査によると,いくつかの人口統計学的特性は,本を読んでいない人との間に関連性がある。たとえば,高校の卒業証書以下の成人は,学士号または上級学位の成人よりも,過去1年間にどの形式の本も読んでいないと報告する可能性がはるかに高くなる(3911)。学歴の低い成人はまた,成人が電子書籍を読むためのますます一般的な方法になっているスマートフォンを所有する可能性が最も低い。

002h_20210923131801 さらに,年間世帯収入が3万ドル未満の成人は,年収75,000ドル以上の世帯に住む成人よりも,本を読んでいない可能性が高くなる(3115)。ヒスパニック系の成人(38)は,黒人(25)または白人の成人(20)よりも,過去12ヶ月間に本を読んでいないと報告する傾向がある。(調査にはアジア系米国人が含まれていたが,このグループの統計分析を行うのに十分なサンプルサイズがなかった。)

違いはそれほど顕著ではないが,本以外の読者も年齢やコミュニティの種類によって異なる。たとえば,50歳以上の米国人は,若い米国人よりも本を読んでいない可能性が高くなる。 性別による統計的に有意な差はない。

過去12ヶ月間に本を読んでいないと報告した米国人の割合は,センターがそれを研究してきた年月を経て変動した。現在,過去1年間に本を読んだことがないと答えた成人の23は,2014年にこれを言った割合と同じである。

本以外の読者を特徴付ける同じ人口統計学的特性は,図書館に行ったことがない人にもよく当てはまる。2016年の調査では,ヒスパニック系の成人,高齢者,収入が3万ドル未満の世帯に住む人,高校の卒業証書を持っている人,または高校を卒業していない人が,公立図書館に行ったことがないと報告する可能性が最も高いことがわかった。

(転載了)
****************
傾向的には 予想通りの結果です。
さて,日本は?

| |

« Clarks の箱,廃棄。 | トップページ | 100円ショップでスマホ用「広角&マクロレンズ」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Clarks の箱,廃棄。 | トップページ | 100円ショップでスマホ用「広角&マクロレンズ」 »