« 見出しに見る勘違い(その779) | トップページ | 見出しに見る勘違い(その780) »

2021年11月17日 (水)

米国の新しいシャツ・メーカー ‘Junior’s’

ファッション・サイト ‘IVY STYLEAUGUST 17, 2021付けで-
Junior’s MTM OCBD – A Review.” のタイトル記事がありました。

初めて 知るメーカーです。
下記,拙訳・転載します。
**********************

001_20211113173401

米国製のオックスフォード・クロス・ボタンダウン・シャツ(oxford cloth button-down shirt)(または ‘original polo shirt)が危険にさらされている(put into peril)。米国製のアメリカン・スタイルへのもう一つの打撃(blow)。

しかし,古いことわざにあるように,「すべての終わりは新しい始まり」。 2020年にグレン・オウ(Glenn Au)によって設立されたフィラデルフィアを拠点とする米国製のアイビー・リーグ・スタイル中心の会社である‘Junior’sに一度 入ってみるといい。

オウは有名な ‘O’Connell’s Clothing’ と ‘H.Stockton’ で経験を積み(cutting his teeth),新世代の男性にクラシックなアメリカン・スタイルを提供することを望んで ‘Junior’s’ を立ち上げた。故トニーおじさん(彼の家族には ‘Junior’ として知られている)にちなんで名付けられた同社は,米国製の仕立てとスタイリングをサポートすることに専念しており,‘Junior’s’ の製品のほとんどは米国で製造されている(その他は英国またはイタリアから供給されている)。

現時点では,オンライン・ストアの選択肢はかなり限られているが,オウは将来,スーツ,スポーツコート,靴、その他の高級メンズウェア製品を提供したいと考えている。スコットランドのセーターや英国製の古代アカネのネクタイなどの商品はすぐに在庫切れになる。 現時点では,オウは,‘Junior’s’ のオーダー・メイド(made to measure)のオックスフォード・クロス・ボタンダウンを会社の印(calling card)とした。

第一印象を受けるチャンスが1回ありさえすれば,‘Junior’s’ の愛国心とオーのクラシックなアメリカン・スタイリングが注目を集めるはずである。‘Junior’sの “MTM OCBD” (Made to Measure Oxford-Cloth Button Down)は175ドルから始まり(一部の色はより高価だが),それほど悪くはなく,市場の他のオプションと明らかな競争力がある。

シャツはニュージャージーで,輸入された布から作られている。

白いオックスフォードの布に誘惑されていた私だが,そのエレガントなシンプルさから青に落ち着いた。クライアントは 10ドルの支払いでモノグラムの追加ができ,これは,私がシャツにさらに個人的な感触を与えるために選択したものである。MTMシャツであるため,お客様はフラップまたはフロント・ポケットを表示するか,ポケットをまったく付けないかを選択でき,また、(私が行ったように)より現代的な滑らかな(contemporary smooth)シャツを作るか,より伝統的なボックス・プリーツを設けるかを選択できる。‘Yale’ の影響を受けた ‘Gant’ のスタイルを呼び起こしたい場合は,「ロッカー・ループ」オプションも利用できる。贅沢を満喫したい(indulge)場合は,プラスチック製のボタンを12ドルの追加料金で本物の貝に交換できる。選択肢は無限ではないが,本物の外観を探しているクライアントは,‘Junior’s’ が提供するもの以外のオプションを必要としない。

Junior’sは現在ワンマン経営であるため,オウによるカスタマー・サービスは卓越している。オウはZoomで私に会い,シャツの製造に関する私のすべての質問に答えた。彼はカメラを介して,彼の個人的なワードローブからシャツのサンプルを見せてくれた。それは,私が望む色と私が選んだスタイリング・オプションを理解してもらうのに非常に役立った。さらに,アイビー・リーグのスタイルに関するオウの知識は,フロント・ポケットの使用など,より歴史に根付いたスタイルと,よりトレンディなスタイルを説明してくれたとき,完全に示された。他の場所でカスタム・シャツを作ったばかりだったので,自分自身を測定するのに苦労する(または妻に助けを求める)のではなく,オウは彼が検査するためにそれを着るように私に言った。それがどれほどうまくフィットするかを考えると,オウは私に,測定値をメールで送り,そのシャツを郵送して,可能な限り最高のフィット感を得るために彼自身が採寸すると言った。‘Junior’sの ‘MTM OCBDが完成すると,オウ はカスタム・メイドのシャツと一緒にそれを送ってくれた。オウは50%を前払いで(upfront)受取り,シャツが完成して残りの金額を受け取った。

採寸から納品までの全工程は,オウ から46週間かかると言われていて,1ヶ月かかった。

オウは,クライアントが正しいサイズを把握できるように喜んでお手伝いする(ただし,仕立てのための巻尺採寸が不可欠である)。潜在的な顧客がすでにシャツを持っていて,フィット感が好きな場合,オウは彼にシャツを送ることが満足する採寸を確実にするための最良の方法であると言う。それができない場合,クライアントは ‘Junior’sのトリム,スタンダード,またはフル・フィットから選択することもできる。同社はオンライン・ビジネスに重点を置いているが,フィラデルフィア地域に住む人々の場合,オウは職場,自宅,または彼らにとって最適な場所でクライアントに会うことができる。とにかく,彼が私の一枚の注文にどれほど献身的であったかを考えると,興味のある人を助ける彼の能力を疑う理由はない。

最終製品は,素敵な手書きのメモとフィラデルフィアのシェラトン・ホテルをフィーチャーしたポストカード(おそらくCOVID後の旅行への友好的な印)とともに到着した。約束通り,フロント・ポケットから滑らかなバックまで,そしてフロントの ‘DNGモノグラフに合わせたステッチで、私が選択したすべての機能が存在していた。

プラスチック製のボタンについては,手に耐久性を感じさせる素敵な3mmの模造貝の品質にすぐに感銘を受けた。フロント・ポケットはあまり気にしない方だが,が,フロント・ポケットの繊細さ(subtle)にも満足した。

白で次のものを注文する時。

(転載了)

*************************

下に  ‘Junior’sのサイトの写真を参考に示します。

002_20211113173401
003_20211113173401

| |

« 見出しに見る勘違い(その779) | トップページ | 見出しに見る勘違い(その780) »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る勘違い(その779) | トップページ | 見出しに見る勘違い(その780) »