« 残照。 | トップページ | 見出しに見る勘違い(その784) »

2021年11月30日 (火)

Global Peace Index 2021

2021年717日,経済平和研究所(IEPthe Institute for Economics and Peace)が Global Peace Index 2021( 世界平和度指数:GPI)を発表しました。

Cover_20211129191701 これは世界平和度指数(GPI)の第15版であり,平和のレベルに応じて163の独立した国と地域をランク付けしています。経済平和研究所(IEPthe Institute for Economics and Peace)によって作成されたGPIは,世界をリードする世界の平和の尺度です。このレポートは,平和の傾向,その経済的価値,そして平和な社会を発展させる方法について,これまでで最も包括的なデータ駆動型分析を提示しています。

GPIは,世界の人口の99.7をカバーし,高く評価されている情報源からの23の定性的および定量的指標を使用して,3つのドメインにわたる平和の状態を測定:社会の安全とセキュリティのレベル,進行中の国内および国際紛争の程度,軍事化の程度が総合的に評価されます。

ランキング付けするスコアを算出する 23の指標とそれぞれの重みづけを下表に示します。

Indicaror-weight_20211129192101

下表に 163ヶ国のRanking および Score を示します。

Ranking-01_20211129192001
Ranking-02_20211129192001

日本は 12位です。
2014
年からの 日本のRankingScore を下表に示します。

Japan-ranking-and-score

下記に ‘EXECUTIVE SUMMARY’ を転載します。
*******************

今年の結果は,世界の平和の平均レベルが0.07%悪化したことを示している。これは過去13年間で9回目の平和の悪化であり,87ヶ国が改善し,73ヶ国が悪化を記録している。 ただし,スコアの変化は,インデックスの履歴で2番目に小さいものである。2021年のGPIは,過去10年間に発生した紛争と危機が和らいでいる世界を明らかにしているが,COVID-19のパンデミックと多くの人々の間の緊張の高まりの結果として,緊張と不確実性の新しい波に取って代わられている。

平和へのCOVID-19パンデミックの完全な影響はまだ展開されている。ある種の暴力は短期的には減少したが,ロックダウンによる不安の高まりと経済の不確実性の高まりにより,2020年には市民の不安が増大した。20201月から20214月の間に,5,000件を超えるパンデミック関連の暴力事件が記録された。パンデミックが平和に及ぼす長期的な影響を完全に測定するにはまだ時期尚早である。しかし,多くの国で変化する経済状況は,政情不安や暴力的なデモの可能性を高めている。

アイスランドは,2008年以来,世界で最も平和な国であり続けている。ニュージーランド,デンマーク,ポルトガル,スロベニアがインデックスのトップに加わっている。
アフガニスタンは4年連続で世界で最も平和な国ではなく,イエメン,シリア,南スーダン,イラクがそれに続く。イエメンを除くすべての国は,少なくとも2015年以降,最も平和度の低い5ヶ国にランクされており,アフガニスタンは2010年以降,最も平和度の低い3ヶ国にランクされている。

GPIの上位にある10ヶ国のうち8ヶ国はヨーロッパにある。インデックスの歴史の中でトップ10にランクされているのは最もヨーロッパの国が多い。シンガポールはトップ10から外れ,3位改善した,アイルランドに取って代わられた。最大の改善は中東と北アフリカ(MENAthe Middle East and North Africa)で発生し,ヨーロッパと南アジアがそれに続いた。しかし,MENAは依然として世界で最も平和な地域ではない。MENAで進行中の紛争のレベルの改善は,平和の向上の最大の推進力であり,ドメイン上のすべての指標が改善を記録しました。ヨーロッパでは,平和の改善は,テロの影響,暴力的なデモ,暴力犯罪の改善を含む,内部の安全とセキュリティの改善によって推進された。しかし,政情不安と軍事費は悪化した。

最大の地域的悪化は北米で発生し,3つのGPIドメインすべてで悪化した。この平和低下の主な要因は,特に米国での安全とセキュリティの領域の悪化だった。米国では,市民の不安が高まり,犯罪や政治的不安定に対する認識が高まり,より暴力的なデモが行われた。

過去15年間で平和は低下し,国の平均スコアは2弱悪化した。GPI163ヶ国のうち,86ヶ国が改善を記録し,75ヶ国が悪化を記録し,2ヶ国がスコアの変化を記録しなかった。平和の悪化は年々より一般的であり,平和は指数の開始以来4倍しか改善されていない。23GPI指標のうち15は,2008年から2021年の間に悪化した。

3つのGPIドメインのうち2つは,過去10年間で悪化し,進行中の紛争は6.2悪化し,安全とセキュリティは2.5悪化した。軍事化は改善した唯一のドメインで,テロリズムと市民の不安は,平和の世界的な悪化の最大の原因となっている。90ヶ国がテロ活動の増加を記録し,テロのレベルが低かったのは50ヶ国のみだった。しかし,2014年にピークを迎えた後,シリア内戦の最盛期にも拘わらず,過去6年間,テロによる死者の総数は毎年減少しており,シリア,イラク,ナイジェリアで最大の減少になっている。

テロや紛争の影響は過去6年間で減少したが,市民的および政治的不安のレベルは上昇している。暴力的なデモの数は2008年以来61ヶ国で増加し, 27ヶ国で減少した。2011年から2019年の間に,暴動,ゼネスト,反政府デモが世界全体で244増加した。現在,この傾向が弱まっている兆候はみられない。

2021年に,進行中の紛争ドメインは2015年以来初めて改善され,戦闘を含む紛争の総数が減少し,内部紛争の全体的な激しさが低下した。21ヶ国が内部紛争の面で改善し,悪化したのは1ヶ国のみだった。しかし,紛争関連の死者の総数は過去6年間減少しているが,紛争と死者の総数は依然として10年前よりはるかに多い。2010年以降,世界の紛争の数は88増加している。

軍事化ドメインは2008年以来4.2改善されており,過去15年間で改善を記録した唯一のGPIドメインである。武装率は111ヶ国で低下し,GDPに占める軍事費の割合は87ヶ国で低下した。しかし,一部の国では,軍事化の低下傾向が鈍化し,さらには逆転している兆候が見られる。2016年以降,武装サービス率と軍事費の両方が悪化している。軍事化の増加は,世界で最も経済的かつ軍事的に強力な国々の間の緊張の高まりを背景にしている。過去5年間で,MENA地域は軍事費の5つの最大の悪化を記録した。

2020年の世界経済への暴力の経済的影響は購買力平価(PPPPurchasing Power Parity)条件で14.96兆ドルだった。この数字は,世界の経済活動(世界の総生産量)の11.6,あるいは1人あたり1,942ドルに相当する。暴力の経済的影響は2020年の間に0.2%増加した。これは主に世界の軍事費の増加によるもので,3.7増加したが,テロの経済的影響は17.5減少した。

暴力は,世界の経済パフォーマンスに大きな影響を及ぼし続けている。暴力の影響を最も受けた10ヶ国では,暴力の平均的な経済的影響はGDP36に相当したが,暴力の影響が最も少ない国では4弱だった。シリア,南スーダン,アフガニスタン,および中央アフリカ共和国は,2020年に,GDPのそれぞれ824240,および37に相当する最大の暴力による経済的コストを負担させた。

暴力は,世界中の人々にとって依然として最も差し迫った問題の1つである。今年のレポートでは,新たにリリースされたロイド・レジスター財団の世界リスク調査が注目される。この世論調査では,145ヶ国にわたるリスクと暴力に対する傾向を調査している。世論調査では,暴力は国のほぼ3分の1で日常の安全に対する最大のリスクとして挙げられており,交通事故に次いで世界で2番目に多く挙げられているリスクであることがわかった。世界中で,60以上の人々が,暴力犯罪による深刻な危害を被ることを少なくともある程度心配している。

世界の約18の人々が暴力の経験に苦しんでいる。つまり,過去2年間のある時点で,彼ら自身,または彼らが知っている誰かが暴力犯罪による深刻な危害を経験したことを意味する。暴力の経験はサハラ以南のアフリカで最も多く,人口の半分以上が最近暴力を経験した国が5ヶ国ある。

世界中で暴力に対する大きな恐怖にもかかわらず,ほとんどの人は世界がより安全になっていると感じている。世界の75近くの人々が,5年前よりも安全であると感じている。最悪の状況にあった地域は南アメリカで,調査対象者の50以上が5年前よりも安全性が低いと感じていた。

暴力の恐れが最も高かった国はブラジルで,ブラジル人の83近くが暴力犯罪の犠牲者になることを非常に心配していた。しかし,暴力の経験はナミビアで最も多く,人口の63が暴力による深刻な危害を経験したか,過去2年間に経験した誰かを知っていた。レバノンで最も安心感が悪化した。 レバノンの人々の81強が,2014年と比較して2019年の世界の安全性が低いと感じている。

紛争や不確実性の時代に平和を構築するための鍵は,積極的平和(Positive Peace)である。また,最大90の精度率で,将来の平和の低下を予測するために使用することもできる。積極的平和は,平和な社会を創造し維持する態度,制度,構造として定義されている。GPIで測定した場合,積極的平和よりも高いレベルの平和を持っている国は,「積極的平和の赤字(Positive Peace deficit)」を持っていると言われている。これは,国がその社会経済的発展のレベルによって維持されることができるよりも高いレベルの平和を記録する。赤字であることが判明したほとんどの国は,その後,暴力のレベルの増加を記録している。2009年に積極的平和の赤字が最大の10ヶ国の90は,2009年から2019年の間に平和が大幅に悪化した。

積極的平和の柱は体系的に相互作用し,開発と平和構築を支える社会の態度,制度,構造をサポートする。高レベルの積極的平和は,状況が暴力を容認しにくくし,制度が回復力を持ち,社会のニーズにより敏感に反応し,構造が不満を非暴力的に解決するための環境を作り出す場合に発生する。

(転載了)

******************

|

« 残照。 | トップページ | 見出しに見る勘違い(その784) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 残照。 | トップページ | 見出しに見る勘違い(その784) »