« 「スウィーティー」を見たのは何年ぶり? | トップページ | 見出しに見る勘違い(その787) »

2021年12月20日 (月)

米国の宗教事情,信仰者は減りつつある。

Pew Research CenterDec.14,2021付けで “About Three-in-Ten U.S. Adults Are Now Religiously Unaffiliated”(米国成人の約10人中3人が無宗教)のタイトルの調査報告がありました。

下記,拙訳し転載します。
*********************

Self-identified Christians make up 63% of U.S. population in 2021, down from 75% a decade ago
自己認識のキリスト教徒は,2021年に米国の人口の63で,10年前の75から減少した。

001_20211216154101

002m_20211216153901 21世紀のこれまでの米国社会における明らかな世俗化(secularizing)への変化は,減速の兆候を示していない。米国の宗教的構成に関する最新のピュー研究所の調査によると,宗教的に無関係な(religiously unaffiliated)国民の割合は,5年前よりも6パーセンテージ・ポイント高く,10年前よりも10ポイント高くなっている。

キリスト教徒は引き続き米国一般大衆(populace)の過半数を占めているが,2021年の成人人口に占めるキリスト教徒の割合は2011年よりも12ポイント低くなっている。さらに,日常的に祈ると言う米国の成人の割合は,宗教が彼らの生活の中で「非常に重要」であると言う割合と同様に,減少傾向にある。

現在,米国の成人の約10人中3人(29)は,宗教的な「無し(nones)」である - つまり,自分の宗教的アイデンティティについて尋ねられたときに,無神論者(atheists),不可知論者(agnostics),または「特に何もない」と述べる人々である。すべての種類の自己識別されたクリスチャン(プロテスタント,カトリック教徒,末日聖徒イエス・キリスト教会(the Church of Jesus Christ of Latter-day Saints)の会員,正教会のクリスチャン(Orthodox Christians)を含む)は,成人人口の63を占めている。

現在,クリスチャンは宗教的な「無し」を21強の比率で上回っている。センターが宗教的アイデンティティについての現在の質問を始めた2007年に,キリスト教徒は「無し」をほぼ51で上回った(7816)。

003m_20211216153901 キリスト教における最近の衰退はプロテスタントに集中している。今日,米国の成人の40はプロテスタントであり,バプテスト,メソジスト,ルター派,長老派教会(Presbyterians),その他多くの宗派の家族のメンバーとともに,無宗派(nondenominational)のキリスト教徒や自分たちを「ただのキリスト教徒(just Christian)」と表現する人々を含むと広く定義されている。人口のプロテスタントの割合は,過去5年間で4パーセンテージ・ポイント減少し,10年間で10ポイント減少した。

それに比べて,2007年から2014年の間に減少していたカトリックの割合は,近年比較的安定している。2021年の時点で,米国の成人の21が自分たちをカトリックと述べており,2014年の人口のカトリックの割合と同じである。

プロテスタントの中で,福音主義者は福音主義者でない人々を上回り続けている。 現在,プロテスタントの60は,自分たちを「新生(born-again)または福音主義の(evangelical)クリスチャン」と考えるかどうかを尋ねられたときに「はい」と答え,40は「いいえ」と答えるか,質問に答えることを拒否している。

このパターンは,白人と黒人のプロテスタントの両方に存在する。白人プロテスタントの58は,自分たちを新生クリスチャンか福音派クリスチャンかを尋ねられたときに「はい」と答え,42は「いいえ」と答えた(または質問に答えることを拒否した)。黒人プロテスタントの中で,福音派は非福音派を21で上回っている(6633)。

全体として,福音派と非福音派の両方のプロテスタントは,プロテスタントと同一視する米国の成人の割合が低下するにつれて,人口に占める割合が減少するのを見てきた。今日,米国の成人の24は,自分たちを新生または福音派のプロテスタントと述べており,2007年から6パーセンテージ・ポイント減少している。同じ時期に,プロテスタントであるが新生または福音派ではない成人の割合も6ポイント減少した(22から16)。

005m_20211216153901 これらは,2021529日から825日までピュー研究所が実施した最新の全国世論参照調査(NPORSNational Public Opinion Reference Survey)の重要な調査結果の1つである。NPORSは,米国郵政公社の配達シーケンス・ファイルからの住所ベースのサンプリングを使用して選択された全国的に代表的な回答者グループを対象に,オンラインおよび紙(郵送)で実施される年次調査(2020年に最初に実施)である。センターはNPORSを使用して,米国人の政治的および宗教的所属を含む,米国人口のいくつかの特性のベンチマーク推定値を作成する。NPORSの詳細に関心のある読者は,20215月のレポート「ピュー研究所が全国世論参照調査(NPORS)をどのように使用されているか」でそれらを見つけることができる。

006m_20211216154001 2021年のNPORSはまた,回答者に,彼らが祈る頻度と,彼らの生活において宗教がどれほど重要であるかを尋ねた。今日,米国の成人の半数未満(45)が毎日祈っていると答えている。対照的に,2014年の景観調査では55が行ったように、2007年の宗教の状況調査(Religious Landscape Study)では10人中6人(58)が毎日祈っていると報告した。現在,米国の成人の約3分の132)が,ほとんどまたはまったく祈らないと答えている。これは,2007年の18から増加している。

007m_20211216154001 宗教は生活の重要な部分であると言う米国の成人の割合の長期的な傾向は,正確に測定するのが少し難しい。自己管理調査(NPORSなど)によって作成された宗教的アイデンティティと祈りの頻度の指標は,インタビュアー管理調査(センターの以前の電話調査など)によって作成された推定値と直接比較できるが,自己管理調査では,宗教の重要性が,インタビュアーが実施した調査と比較した場合より,わずかに低い推定値が生成される場合がある。

それでも,入手可能なデータは,米国人が宗教的ではなくなっていることを示している。2017年と2019年に実施された無作為番号ダイアル(RDDRandom-digit-dial)電話調査では,以前の電話調査と比較して,宗教が生活の中で「非常に重要」であると述べている米国の成人が少なくなっていることがわかった。そして2021年のNPORSは,現在,米国の成人の41が,宗教は自分たちの生活において「非常に重要」であると述べており,これは、2020年のNPORSよりも4ポイント低く,この質問に関するセンターの以前のすべてのRDD測定値よりも大幅に低くなっている。

2021年NPORSからの,その他の重要な調査結果は次のとおりである:

・新しい調査では,成人の約10人中3人(31)が,少なくとも月に12回は礼拝(religious service)に参加していると答えている。そのうち,25は少なくとも週に一度は出席し,7は月に12回出席している。これらの数字は,33が少なくとも月に12回礼拝に参加していると報告した2020年と同様である。(宗教的アイデンティティ,祈りの頻度,宗教の重要性に関するデータとは異なり,オンラインおよび紙で行われるNPORSからの宗教的出席の推定値は,センターの以前の電話ポーリングからの推定値と比較できない。

008_20211216154101

10人中6人以上の黒人プロテスタント(63)は,少なくとも月に12回は礼拝に参加し,黒人福音派プロテスタントの月間出席率は70に達すると述べている。白人の福音派プロテスタントの完全に56は,少なくとも月に1回は礼拝に参加しているとも述べている。定期的な礼拝出席は,米国のカトリック教徒(35が毎月またはそれ以上の頻度で出席すると答えている)と新生/福音派ではない白人プロテスタント(28)の間ではあまり一般的ではない。そして,頻繁な礼拝出席は,宗教的な「無し」の間ではほとんど前例のないものであり,その97は,年に数回以下に出席すると述べている。(NPORSには,ユダヤ人,イスラム教徒,ヒンズー教徒,仏教徒など,多くの宗教的背景を持つ回答者が含まれているが,サンプルには,これらの宗教グループのメンバーとの十分なインタビューがなく,彼らの宗教的慣行について個別に報告できなかった。ただし,ピュー研究所は,米国内のこれらおよびその他の比較的小規模な宗教コミュニティの属性を説明するために特別に設計された,いくつかの調査を実施した。たとえば,「2020年のユダヤ系米国人」や「米国イスラム教徒は社会における自分たちの位置を懸念しているが,アメリカン・ドリームを信じ続けている。」)

009_20211216154101

10人8人の自称新生/福音派プロテスタント(79)は,白人福音派の76と黒人の福音派の81を含め,毎日祈っていると言う。同様に、新生/福音派のプロテスタントの大部分は,宗教は彼らの生活において「非常に重要」であると述べている。それに比べて,新生/福音派ではないプロテスタントやカトリック教徒は,毎日祈っていると言っており、宗教は彼らの生活において非常に重要であると言っています。ほとんどの宗教的な「無し」は,彼らがめったに,または決して祈らないと言い(71),宗教は彼らの生活においてあまり重要ではないか,まったく重要ではないと言う(78)。

010m_20211216154001 ・キリスト教徒であると特定する米国の成人の63に加えて,2021年のNPORSは,成人の6が非キリスト教徒の信仰であると特定していることが分かった。これには,自分自身をユダヤ教と表現する1,イスラム教徒である1,仏教徒である1,ヒンズー教徒である1,および他のさまざまな信仰と特定する2が含まれる。(NPORSの回答者の1%がユダヤ教を宗教と見なしている一方で,2020年に実施された米国のユダヤ人に関するより大規模で包括的なピュー研究所の調査では,米国の成人の1.7が宗教によってユダヤ人と特定していると推定している。)

・一緒に宗教的な「無し」を構成するすべてのサブグループは,時間とともに成長した。2021年のNPORSでは,回答者の4が無神論者(atheists)であると述べ(2011年の2から増加),5が不可知論者(agnostics)であると述べている(10年前の3から増加)。現在,米国の成人の5人に1人(20)が,自分たちの宗教を「特に何もない」と述べており,これは,10年前の14から増加している。

(転載了)
*****************
10年でキリスト教徒の減少10%は衝撃的です。

映画で 聖書に手を置いて宣誓するシーンをよく見ますが,現在はどうなっているのでしょうか。

|

« 「スウィーティー」を見たのは何年ぶり? | トップページ | 見出しに見る勘違い(その787) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「スウィーティー」を見たのは何年ぶり? | トップページ | 見出しに見る勘違い(その787) »