« 50% 増量を探す。 | トップページ | 「長袖の下着」を着るとき。 »

2021年12月 7日 (火)

今,世界の人々は何を心配しているか? コロナはトップではない。

フランス・パリに本社を置く多国籍市場調査コンサルティング会社 イプソスグループ(Ipsos)が,“What Worries the World - November 2021(今,世界は 何が心配か- 202111月)を 25 November 2021付けで発表しています。

000-cover

****************
コロナウイルスの懸念は世界の多くの地域で減少し続けており,経済問題が現在,世界の懸念リストの上位にある。

我々の28ヶ国の “What Worries the World” 調査の202111月の結果は,人々が今日,自国で最も心配している問題のランキングが,パンデミックの初期とは大きく異なっていた。自国が直面している主要な懸念事項としてCovidに言及している割合は,18ヶ月前の調査に含まれて以来 最低レベルにある。

Ipsosの “What Worries the World” 調査は,今日の28ヶ国で最も重要な社会的および政治的問題に関する世論を追跡し,最新のスコアをコンテキストに配置するために10年間のデータを利用している。このグローバル・サマリー・レポートは,人々が自国の物事が正しい方向に向かっているのか,間違った方向に向かっているのかと共に,世界中の最大の懸念事項を示している。

001-rop-5
Covid-19に対する懸念が世界中で低下し始めるにつれて,焦点はお金と雇用に関する問題に移っている。貧困と社会的不平等は2ヶ月連続で世界の最大の懸念事項であり,失業がそれに続く。
003-country-direction
調査した28ヶ国全体で,平均65が自国の状況は間違っていると答え,35は正しい方向に向かっていると考えている。

コロンビアは,自国が間違った方向に向かっていると回答した回答者の割合が最も高く(87),7ヶ月連続でこの立場にある。最も悲観的な(pessimistic3つの国を完成させるのは,ペルー(84)と南アフリカ(83)である。マレーシアは,国が間違った方向に進んでいると言う国民の割合が最も増加していると見ている(+10ポイント)が,調査対象の4番目に楽観的な国である。

他の場所では,イタリアでは「間違った軌道」の感情が7ポイント増加し(66),南アフリカでは5ポイント増加している(83)。

003a-full-list
我々の調査における18の問題の完全なランキングは,28ヶ国の人々が今日,心配していることの概要を示している。

2021年11月の上位5つの問題は,‘Poverty & social inequality’(貧困と社会的不平等)(32),‘Unemployment‘(失業)(30), ‘Coronavirus(コロナウイルス)(28),‘Financial/political corruption’(財政的/政治的腐敗)(28),‘Crime & violence’(犯罪と暴力)(27)である。

また,5人に1人(21%)が,ヘルスケアは今日,自国が直面している大きな問題であると述べている。リストの次は,インフレ(18%),税金(17%),教育と気候変動(両方とも16%)である。

004-01povertyCovid-19が世界の最大の関心事でなくなった後,28ヶ国の平均によると,「貧困と社会的不平等(Poverty & social inequality)」が問題ランキングで1位になった。3分の132)は,これが今日,自国が直面している最大の問題の1つであると述べている。

ロシアが52の懸念でランキングをトップで,次にコロンビア(47),ハンガリー(44),ブラジル(43),トルコ(43)と続いている。先月以降,トルコ(+5)と日本,マレーシア,スウェーデン,ポーランド(すべて+4)で懸念のレベルが緩やかに増加している。

これは,ロシア,ブラジル,トルコ,ドイツの4ヶ国が,28ヶ国のうちで最大の懸念事項である。

005-02-unemplyment「失業(unemployment)」は世界で2番目に大きな懸念事項であり,平均して10人中3人(30)が,今日自国が直面している最も重要な問題の1つとして挙げている。

南アフリカは,再度 失業を最も懸念している国であり,3分の266)がこれを最大の懸念事項として選択している。次はスペイン(56),イタリア(53),韓国(50)である。

スウェーデンとベルギーでは,失業に対する懸念が最も大きくなっている(どちらも +4)。
2021年10月と比較して,トルコでは11ポイント,サウジアラビアでは10ポイント低下している。

失業は,南アフリカ,スペイン,イタリア,南アフリカ,インドの5ヶ国で最大の懸念事項である。

006-03-coronaCovid-19は,世界の国別平均スコアが28%で,問題ランキングで3位にランクされている。これは,追跡を開始して以来の最低記録である。これは,わずか2ヶ月前は,368パーセンテージ・ポイント高かった。コロナウイルスは,20204月から20219月まで,世界で最も懸念された問題だった。

懸念の月々の最大の増加は,オランダとベルギーで見られる(両方とも12ポイント上昇)。一方,イスラエルでは14ポイント下落している。

マレーシアでは,コロナウイルスに関する,報告された懸念がさらに大幅に減少している(前月の -10の減少に続き,-13ポイント)。今月は,この問題が発表されて以来,マレーシアと日本(およびさらに6ヶ国)でのCovidの懸念の最低スコアを示している。

Covid-19は,日本,オーストラリア,英国,サウジアラビア,カナダ,米国の6ヶ国で依然として最大の関心事である。

007-03-corruptionすべての国で平均28が,「金融/政治的腐敗(Financial/ Political corruption)」が今日の自国にとって重要な問題であると述べており,これは今日3番目に大きな懸念事項としてランク付けされており,これはCovid-19と同じレベルである。

南アフリカ人が最も懸念のレベルを示し(57),マレーシア(54)とコロンビア(50)がそれに続いている。ペルーとハンガリーはコロンビアのすぐ後で,それぞれ4948である。

月々の最大の増加はイスラエル(+5),オーストラリア(+4),マレーシア(+4)で見られ,最大の減少はアルゼンチンとトルコ(両方で-7)で記録されている。

今日,マレーシア,コロンビア,ペルーでは,汚職(corruption)が最大の懸念事項である。

008-05-crime「犯罪と暴力(Crime & violence)」は,28ヶ国の平均27の人々によって,今日 最も重要な問題の1つと見なされており,これは世界で5番目に大きな懸念事項となっている。

犯罪と暴力を最も懸念している3ヶ国(スウェーデン,メキシコ,南アフリカ)は変わっていない。南アフリカ人は失業について比較的懸念を抱いているが,チリ,フランス,イスラエルの人々が選んだ最大の問題は犯罪である。

アルゼンチンでは,この波で前月比で最大のパーセンテージ・ポイントの増加が見られる(+ 8ポイントで47)。チリも5ポイント増加し,465位になった。

009-climate-changeCOP26会議の時点で,気候変動は今日 自国が直面している最も重要な問題の1つであると述べ,すべての国で平均16を記録した。これは,18の問題のリストで 教育と共に9番目にランク付けされており,税金(17)とインフレ(18)のすぐ後ろにある。

気候変動について最も懸念している5ヶ国は,ドイツ(32),カナダ(31),オーストラリア(30),イギリス(30),ベルギー(28)である。また,25がこの問題を選択しているのは,フランス,オランダ,米国である。

懸念は先月以来,ベルギーとスウェーデンで最も大きくなっている(両方で+4)。

010-environment気候変動が今日自国が直面している最大の問題であると考える16に加えて,9が「環境に対する脅威」を選択している。この問題は,18の懸念事項の全リストで13位にランクされている。

この問題のランキングではドイツが3ポイント上昇して19となっている。 先月,トップの座はドイツとブラジルの間で共有されたが,ブラジルは5ポイント下がって10位になった。

3位の韓国と中位のロシアも,前月に比べて環境への脅威に対する懸念が3ポイント増加している。

******
METHODOLOGY

この28ヶ国のグローバル・アドバイザー調査は,20211022日から2021115日まで,カナダ、イスラエル、マレーシア、南アフリカ、トルコ、米国の1874歳の成人,他の21カ国の1674歳の合計19,021人を対象に,‘Ipsos Online Panelシステムを介して実施された。「世界の国別平均(Global Country Average)」は,調査が実施されたすべての国の平均結果を反映している。各国の人口規模に合わせて調整されたものではなく,全体の結果を示唆するものではない。

サンプルは,オーストラリア,ベルギー,ブラジル,カナダ,フランス,ドイツ,イギリス,イタリア,イスラエル,日本,メキシコ,スペイン,スウェーデン,米国のそれぞれで約1000人以上,アルゼンチン,チリ,コロンビア,ハンガリー,インド,マレーシア,オランダ,ペルー,ポーランド,ロシア,サウジアラビア,南アフリカ,韓国,トルコのそれぞれで約500人以上の個人で構成されている。

アルゼンチン,オーストラリア,ベルギー,カナダ,フランス,ドイツ,イギリス,ハンガリー,イタリア,日本,オランダ,ポーランド,韓国,スペイン,スウェーデン,および米国のサンプルは,これらの国の75歳未満の一般成人の代表と捉えられる。

ブラジル,チリ,コロンビア,インド,マレーシア,メキシコ,ペルー,ロシア,サウジアラビア,南アフリカ,トルコのサンプルは,一般の人々よりも都会的で,教育水準が高く,裕福(affluent)である。
これらの市場の調査結果は,これらの人口のより「接続された」セグメントの見解を反映していると見なされるべきである。人口統計のバランスを取り,最新の国勢調査データによると,サンプルの構成が成人人口の構成を反映するようにするために,重み付けが採用されている。

Ipsosオンライン投票の精度は,信頼区間を使用して計算され,1,000の場合 +/- 3.5パーセントポイント,500の場合 +/- 5.0パーセントポイントである。

結果の合計が100にならない場合,または「差」が実際よりも +/- 1多い/少ないように見える場合,これは,四捨五入,複数の回答,または不明または記載されていない回答の除外が原因である可能性がある。

これらの調査結果の公開は,地域の規則や規制を順守する。

(転載了)
**************
上述の 世界の問題とする関心事の日本のランキングは次の通りです。
トップ3 は順位は違いますが項目は世界と同じです。

1. Covid-19              43% (3)
2. 貧困と社会的不平等   41% (1)
3. 失業                       28% (2)
4. 気候変動                 23% (10)
5. 金融/政治的腐敗       21%  (4)
6. 犯罪と暴力              11%  (5)
7. 環境に対する脅威      10%  (13)

( )内は世界の平均順位です。

|

« 50% 増量を探す。 | トップページ | 「長袖の下着」を着るとき。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 50% 増量を探す。 | トップページ | 「長袖の下着」を着るとき。 »