« 米国の宗教事情,信仰者は減りつつある。 | トップページ | 久しぶりの「デニム・シャツ」。 »

2021年12月21日 (火)

見出しに見る勘違い(その787)

「『東京よりソウル』…日本を抜いた『高級韓国』 100年以上続くのか」  2021/12/18 中央日報・日本語版
    ‘1882年,米国最高の富豪だったウィリアム・ヴァンダービルトはニューヨークの真ん中に邸宅を建てた。当代最高のインテリアデザイナーは内装に赤い垂木が入った竹の天井,螺鈿の蝶が描かれた壁,漆塗りの箪笥,陶磁器など,明らかに「日本風」だった。

同じ時期,フランスでは浮世絵が描かれた扇子がファッション・インテリアとして人気が高まり「日本風」がよく売れた。ロンドンのハイドパークには「日本村」ティーショップが登場し,きものを着てパーティーをしたり日本式の傘を持って歩くのが流行だった。19世紀の西洋は最近の言葉でJファッション,Jスタイルなど「日流」に熱狂した。その後100年以上も日本の文化はファッション,デザインだけでなく,美術,文学,クラシック,大衆歌謡,漫画,アニメーション,文学など世界的に「高級文化」の地位を維持した。

2021年,雰囲気は変わった。中国と東南アジアが中心だった「韓流」が北米と欧州に広がった。女優ユン・ヨジョンが白人の祭りと批判されてきたアカデミー賞助演女優賞を受賞し,韓国ドラマ『イカゲーム』はネットフリックス世界チャート1位になった。ビルボード人気曲チャートで10週間1位になったBTSの最近の米国コンサートには,コロナ感染拡大の中でも約21万3000人が集まった。

高級文化,高付加価値産業の頂点と呼ばれるファッションはどうか。フランスやイタリアなどの高級ブランドが国内やアジアでなくブランド全体を代表するグローバル広報大使(アンバサダー)として韓国スターを起用している。今年だけでもディオールとティファニーがそれぞれBLACKPINKのジスとロゼを,ルイ・ヴィトンがBTSを,サルヴァトーレ・フェラガモがRed Velvetのスルギを,ロエベがヒョナをグローバル広報大使に選定した。

韓国ブランドを求める人も増えた。最近スペインのZARAが国内ブランドADERとのコラボで出した衣装でヒットし,世界1位スポーツブランドのナイキは歌手G-DRAGONとのコラボですでに3回も運動靴を出している。ルイ・ヴィトンのデザイナーだったヴァージル・アブローが立ち上げた「オフ-ホワイト」はアモーレパシフィックと提携して話題になった。

世界的なファッション・ジャーナリストでありヴォーグ・インターナショナルのエディターのスージー・メンケスは2015年,「ソウルはアジアのリーディング都市でなくグローバル・ブランドの源泉になる時」と話したが,その言葉が現実になっているのだ。

実際,アジアといえばいつも東京が最優先だったブランド品が今ではソウルを先に訪れている。あるファッション業界の関係者は「グローバル・ファッション時計を太陽で表現すれば上海が午前10時,ソウルが正午,東京が午後3時」と表現した。ユン・ヨジョンは受賞の所感で「運が良かった」と謙虚に話したが,今の韓国文化ブームは決して運ではない。

一国の文化が世界的に「高級」「かっこいい」というイメージを確立するにはコンテンツ自体の優秀性だけでは限界がある。長い歳月にわたり世界の舞台で知られ,好き嫌いはともかくグローバル・ヘゲモニーを握った西欧圏が主導する「クラシック文化」で認められる必要がある。決定的に経済力を前に出して国際社会で声を出すことができなければいけない。

韓国は一つずつ積み上げながらこうした条件を満たしてきた。不屈の製造企業が優秀な品質で「メード・イン・コリア」を知らせ,アジア競技大会,オリンピック(五輪),ワールドカップ(W杯)など世界の祭典を成功させた。ドイツ最高バレエ団のトップに立ったカン・スジン,ショパン・コンクールで優勝したチョ・ソンジン,全世界を氷上で魅了したキム・ヨナらは西欧先進国が優越感を抱く分野を制覇した。

経済的にもアジア盟主だった日本との差を縮めたり,追い抜いたりした。一例として株式時価総額世界100大企業のうち韓国1位のサムスン電子は14位,日本1位のトヨタ自動車は36位だ。今年S&Pなど世界3大格付け会社の評価でも韓国は日本より2段階高い。物価と為替を反映した1人あたりの国内総生産(GDP)も2018年に韓国(4万3001ドル)が日本(4万2725ドル)を追い越してからこれを維持している。日本の野口悠紀雄教授が「日本がG7から追い出され,韓国がその代わりに入っても文句は言えない状態になりつつある」と指摘したのはこうした背景のためだ。

日本文化は1850年代に門戸を開放してから30年余りで万国博覧会など国際行事などを開催し,世界的な高級文化として定着しながら底力を見せてきた。韓国も1986年のアジア競技大会から30年余りで世界が認める「韓国ブーム」を起こした。日本と同じように進めば韓国文化は今から2100年代まで世界を魅了する高級文化となり,子どもたちは高まった国家の地位を親の世代より多く享受することができる。年末が近づく中,暗いコロナ時局に見える明るい光は一際まぶしい。 と書いています。

おめでとうございます。これで 劣等感を捨てられる可能性が生まれましたね。

あとは ホテルで便器とグラスを別のスポンジで洗い,使用済みタオルを使ってグラスを拭くのを止め,食堂で残されたスープを鍋の中に入れず,トイレで手を洗い,駆虫薬を定期的に服用するのが不要な社会になるなど数百年間(もしくは半万年)身に付かなかった衛生観念さえ国民が身に付ければ 「高級韓国」が世界の一等国入りするのも夢ではありません。

その時には 克日,日帝残滓排除などのスローガンも消えているのかも知れません。

|

« 米国の宗教事情,信仰者は減りつつある。 | トップページ | 久しぶりの「デニム・シャツ」。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国の宗教事情,信仰者は減りつつある。 | トップページ | 久しぶりの「デニム・シャツ」。 »