« 「寒くなって 朝,布団から出難くなった」と世間は言うようでー | トップページ | 脱衣場用 電気ヒーター 買い替え »

2021年12月11日 (土)

英語 “Hunky-dory” の一部の語源は日本語か?

Merriam-Webster’ のサイトに “17 English Words that Come From Japanese”(日本語を語源とする17の英単語)という記事があります。
その 書き出しは-
We may call them borrowings, but we're not giving them back.” (私たちはそれらを借用と呼ぶかもしれないが,それらを返還する予定はない)です

その17語とは-

Tycoon”(太閤),“Honcho”(班長),“Kudzu”(葛),“Skosh”(少し),“Ramen”(ラーメン),“Futon”(布団),“Sudoku”(数独),“Rickshaw”(人力車),“Hunky-dory”(?),“Anime”(アニメ),“Manga”(漫画),“Origami”(折り紙),“Yakuza”(やくざ),“Ginkgo”(銀杏),“Tanka, Haiku, and Senryu”(短歌,俳句,川柳),“Emoji”(絵文字),“Sushi”(鮨) です。

一つ “Hunky-dory” が語源とする日本語が不明です。
説明は 次の通りです。

(拙訳・転載)
*****************************
Hunky-dory

001_20211027172801

Definition: quite satisfactory : fine
定義:全く満足,素晴らしい

When you're safe at "home" in the game of tag, it can be said that "everything's hunky-dory"—since you can't be tagged there. The first part of the word hunky-dory is derived from a homograph of hunk, a now-obsolete word of New York dialect meaning "goal" or "home" that has connections to tag.
鬼ごっこ(the game of tag)で「家」にいるときは,鬼ごっこができないので 「すべてが全く満足(everything's hunky-dory)」と言える。 “hunky-dory” という単語の最初の部分は,「鬼ごっこ(tag)」に関連する「目標」または「家」を意味するニューヨーク方言の,現在は廃止された単語である “hunk” の同形異義語(homograph)に由来する。:::

Tag is sometimes rendered more complicated by certain places which are called "hunks" or "homes" being agreed upon where the players may find refuge when closely pursued. —The Journal of American Folk-lore, 1891
「鬼ごっこ(tag)」は,“hunks” または “homes” と呼ばれる特定の場所が,プレイヤーが綿密に追跡されたときに避難所を見つけることができる場所で合意されることによって、より複雑になることがある。 —The Journal of American Folk-lore1891

Hunk is from Dutch honk, meaning "home," and in the 19th century, both hunk and hunky evolved into adjectives meaning “all right” or "safe and sound."
hunk” 「家(home)」を意味するオランダ語の “honk” から来ており,19世紀には,“hunk” と “hunky”の両方が「大丈夫(all right)」または「安全で健全(safe and sound)」を意味する形容詞に進化した。

How the adjective came to be partnered with dory is a mystery, but one theory is that it was brought to the States by sailors stationed in Japan.
形容詞がどうやって “dory” と組むようになったのかは謎だが,日本に駐留している船員が米国に持ち込んだという説がある。

Supposedly there was a thoroughfare in 19th-century Japan that sailors frequented and described as being hunky, meaning "satisfactory."
おそらく,19世紀の日本では,船員が頻繁に訪れ,「満足(satisfactory)」を意味する “hunky” であると説明した大通り(thoroughfare)があった。

The pronunciation of the Japanese word for "road" is similar to "dory," and the sailors could have combined the English and Japanese terms as an allusion to the "satisfactory" street.
「道路(road)」を意味する日本語の発音は “dory” に似ており,船乗りたちは「満足のいく」通り(street)をほのめかすために英語と日本語の用語を組み合わせた可能性がある。

Though hunk and hunky were already established in America when hunky-dory made its appearance (remember, even old New York was once New Amsterdam), there is no sure evidence linking the term to American sailors in Japan. As of now, the term's true origins remain a mystery.
hunky-dory” が登場したとき,“hunk” と “hunky” はすでにアメリカで確立されていたが(古いニューヨークは かつて ニュー・アムステルダムだったことを思い出してください),この用語を日本の米国人船員に関連付ける確かな証拠はない。今のところ,この用語の本当の起源は謎のままである。

(転載了)
*****************
和英辞典では-
hunky-dory

 形容詞
〈米俗〉申し分のない,結構な,素晴らしい,最高の◆【同】OK

"Is everything OK?"  "Hunky-dory." : 「大丈夫?」「何の問題ないよ」

Everything is going to be hunky-dory. : 全てうまくいく。

Everything would be hunky-dory if you would just keep your nose out of this. : 君がそれに首を突っ込まなきゃ、全てうまく行くよ。

I just pretended that everything was hunky-dory when it wasn't. : 全てが順調ではなかったのですが、順調なふりをしていました。

発音[US] hʌ́ŋkidɔ́ri [UK] hʌ̀ŋkidɔ́ːri

***********************
結局のところ,日本語が語源と言われても しっくりしません。しかし,単語の一部に日本語起源の言葉が混ざっていることがあり得るというのは新しい知見です。

|

« 「寒くなって 朝,布団から出難くなった」と世間は言うようでー | トップページ | 脱衣場用 電気ヒーター 買い替え »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「寒くなって 朝,布団から出難くなった」と世間は言うようでー | トップページ | 脱衣場用 電気ヒーター 買い替え »