« 12月,1日平均 約6,100歩。 | トップページ | 正月は 「餡餅」。 »

2022年1月 3日 (月)

「将来の成長可能性」で 日本が1位

002_20211224174901BrandFinance’ が “Global Soft Power Index 2021” を発表しています。

日本はランキングで,1位のドイツ(2020年は2位)に次いで2位(2020年は4位)でした。

003_20211224175101

この報告書の中に “Future Growth Potential”(将来の成長の可能性)の項があり,ここで 日本は 意外にも(日本の没落を示唆する資料は多い)1位でした。

以下,この項を拙訳して転載します。

****************************

001_20211224174801 Japan Soars and BRICS Build Strength
日本が急上昇し,BRICSが強みを構築

経済成長の停滞と“Global Soft Power Index” の停滞がランキングを下げた1年の混乱の後,‘Brand Finance’ は世論の前向きな指標として将来の成長の可能性の指標を導入した。将来の成長の可能性が最も高い国を尋ねると,日本が10点満点中5.8点でトップに挙げられる。

これは,労働力の深刻な不均衡につながる人口動態の変化に関する国内の懸念にもかかわらず起こる。

また,COVID-19が製造業や観光産業に与える悪影響や,東京オリンピックの延期や中止の影響など,経済的な懸念もある。それにもかかわらず,日本は明らかに将来の重要な力と見なされている。

小さいながらも強力な(mighty)シンガポールは,今年の “Future Growth Potential metric” でその重みを上回っている。人口500万人の国は,“Future Growth Potential metric5位を獲得し,経済の巨人(juggernauts)や人口の巨人を打ち負かし,今後数年間で注目すべき国としてマークされている。

世界最大の人口と経済である中国とインドは,それぞれ2位と3位を占めている。これらの国々を合わせると,世界の人口の35を占めている。この人口統計上の利点により,これらの国々は,将来のグローバルな能力を十分に提供することにより,彼らの強力な地位を祀る(enshrine)準備ができている。

BRICS(ブラジル,ロシア,インド,中国,南アフリカ)として知られる非西側諸国は,すべてトップ10に含まれている。アジアの2ヶ国を除いて,ロシア,南アフリカ,ブラジルはすべて,“Future Growth Potential metricで強力な結果を示しており,それぞれ6位,8位,9位を占めている。これは,世論が西側から離れて,今後数年間の経済大国として台頭する(rising)挑戦者に向かって移動するという見解(notions)を強化する(strengthens)。

ロシアを除いて,ヨーロッパ諸国はトップ10に全く含まれておらず,ドイツが11位(5.0)を獲得して,オーストラリアとカナダの2つの西側諸国のみが存在している。米国や英国のような伝統的な西洋の巨人の注目すべき欠如は,世界の権力がどこにあるのか,そして未来がどのように見えるのかについての認識のより広い変化を示し,西側のスター・パワーの衰退(waning)を示唆している。

地域の違いや傾向にもかかわらず,これらの上位10ヶ国の多くを結ぶ共通の糸がある。

強力な “Future Potential Growth”(将来の潜在的成長)のパフォーマンスと最も相関する柱は,ビジネスに優しい態度(friendly attitudes),技術開発におけるリーダーシップ,文化的および政府の影響をカプセル化したものである。経済的要因とより広範な社会的および文化的要因のこの混合は,ソフト・パワーの考慮が将来がどこにあるかについての国民の認識に不可欠である(integral)多くの(plethora)方法を示している。

(転載了)
****************

俄かに 信じていいものか,疑問ですが,日本の,期待に(予想に)違わない発展が望まれます。
ここで ‘Future’ の定義は? 現在ではない明日から始まる?

|

« 12月,1日平均 約6,100歩。 | トップページ | 正月は 「餡餅」。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 12月,1日平均 約6,100歩。 | トップページ | 正月は 「餡餅」。 »