« バスの注意書き | トップページ | 映画「007 シリーズ」で “M” と “Q” を演じた役者たち。 »

2022年1月15日 (土)

英国 “GLOVERALL” のサイトにあった 「ダッフル・コートの歴史」

寒くなれば ダッフル・コートを着ようと思いながら まだ着る機会がありません。又,世の中は,ダウン・ジャケットを着ている人ばかりで,ダッフル・コートを着ている人をみかけることも少なくなりました。

ダッフル・コートの老舗,英国の ‘Gloverall’ のサイト,Journalの項に “HISTORY OF THE DUFFLE COAT”(JANUARY 16, 2018)が掲載されていました。

下記,拙訳・転載します。
************************

001_20220105222801

Classic, Cosy, Comfortable - this coat is unforgettably timeless.
クラシック,くつろげる,快適 - このコートは忘れられないほど時代を超越

典型的な(quintessentially)英国のデザインでは,ダッフル・コートは木製のトグルとジュート・ロープの留め具の象徴的な組み合わせである。贅沢なオーバーサイズで,これは今シーズンあなたのコレクションに加えるのに最適なコートである。

ダッフル・コートは,兵士,ボヘミアン,映画スターが同様に着用してきた,少なくとも1世紀にわたる幅広い歴史がある。今日,戦後のダッフルの元々の提供者(purveyor)である “Gloverall” は,ダッフルの,不屈の(resilient)精神を体現する高品質のコートを提供し続けている。

ダッフル・コートがどのようにその評判(notoriety)を獲得し,世代を鼓舞したかを知るために これを読んでほしい。

EARLY VERSIONS
初期バージョン

ダッフル・コートのクラシックなデザインの起源がどこなのかを特定するのは困難だが,一部の情報源は,このコートがベルギーで最初に発見されたという証明されていない主張を示している。ダッフル・コートは,アントワープ県のダッフルと呼ばれる町で生産されたダッフル・クロスにちなんで名付けられたようである。中世には,地元の農民がこの耐水性の素材を使ってコートや衣服を作った。彼らはまた(理論的には)木と予備のロープまたはコードを使用して,オリジナルのダッフル・コートを非常に認識しやすくする特徴的なトグル留め具を作成した可能性がある。

002_20220105222801

ダッフル・コートをヨーロッパの伝統の産物と考えることは,おそらく正しい。最初のダッフル・コートは,1850年代にアウターウェアのメーカーであるジョン・パートリッジ(John Partridge)によって製造された。これらは,多くのスペースを備え,今日のよりフィットしたデザインよりも大きく,短かかった。パートリッジは,フードとトグル・クロージャーも備え,この頃にはより一般的になっていたポーランドの1820年代のコートに触発された可能性がある。

海軍は1880年代に船員用にダッフル・コートを採用することに興味を持った - サイズが大きく,海軍のキャップにフィットし,外すのが容易な(easy-to-undo)トグル留め具(厚い手袋でも)が,凍った状態での長い航海に魅力的だった。ダッフル・コートは成功を収め,世界中の船でその象徴的な軍事用途を開始した。

MILITARY DUFFLE COATS

ダッフル・コートは,特に交換が容易で,認識可能なユニフォームとして機能するため,海軍にとって魅力的なオプションだった。すべての船員は,彼らの立場に関係なく,同じコートを着た - 平等なチームとして連隊の士気を高めた。コートは冬に着るのに十分暖かく,厳しい降雨からの優れた保護を提供する。より長い長さやゆったりとした均一なサイズなど,いくつかの変更が加えられた。戦争の終わりまでに,船員だけでなく,ほとんどすべての兵士がこの普遍的なコートを着ていた。

003_20220105222801

当時ダッフル・コートを着ていた最も有名な将校の一人は,陸軍元帥(Field Marshal)モンゴメリー(Montgomery)だった。
「モンティ(Monty)」(ダッフル・コートのニックネームに触発された)としてよく知られている彼は,第一次世界大戦と第二次世界大戦の両方に参戦し,完全な不屈の努力(sheer perseverance)で1945年にハンブルクのリューネブルク(Luneburg)のヒースを占領するのを支援した。彼のお気に入りのダッフル・コートによってしばしば認識され,コート自体が,戦後のその不動と敗北のの拒否の象徴になった。戦時中も戦後もダッフル・コートを着ることは,英国の勝利の勇気ある精神を体現することだった。

POST-WAR FASHION

ダッフル・コートは,第二次世界大戦の余剰分を通じて最初に民間人の手に渡った。“Gloverall” は1950年代初頭にこれらの卸売り衣料を大量に提供され,非常に人気になった。この明るく,しかし不確実な未来の中で過去の何かを保持したいという願望は,ファッショナブルな若者,特に学生にとって明白だった。1953年に在庫がなくなり始めたとき,“Gloverall” は完全に民間のダッフル・コートを発表し,さらにいくつかの現代的な変更を加えた。

この新しいダッフル・コートは間違いなく流行に敏感(fashion-forward)であり,女性にも適したスリム・フィットの軍事的要件から移行した。工業的でない見た目には軽量の布が選ばれ,エレガントなサテンが内側の生地に裏打ちされた。フードとポケットはより小さく,より便利になり,ジュート・コードは綿に置き換えられた。より豪華な仕上がりにするために,“Gloverall” の名前(所有者のFredaの手書き)が新しい500コートのラベルに金で織り込まれた。

004_20220105222801

1950年代と60年代に,ダッフル・コートは象徴的なファッション・アイテムになった。抗議者や自由奔放な人々(bohemians)に人気のあるかつての軍服は,新しいアイデアを受け入れるための受け入れと戦って人気がピークに達した。この,よりモダンで軽量なダッフル・コートは,米国やカナダ,そしてヨーロッパ全土に簡単に持ち運びでき,自由な発想の学生や知識人に選ばれるコートになった。

CELEBRITY STATUS
有名人のステータス

ダッフル・コートに対する戦後の消費者の関心も,スクリーンに反映された。「第三の男」の中で,トレヴァー・ハワード(Trevor Howard)は映画全体でダッフル・コートを着ている。ダッフル・コートに対する消費者の関心も映画に反映されていた。4年後,「怒りの海の(The Cruel Sea)」でのジャック・ホーキンス(Jack Hawkins)もダッフル・コートを着ている姿が見られた。コートはまだピークの人気に達していなかったが,スクリーン上のダッフルは,後でそれを宣伝する男優や女優に先行していた。

005_20220105222801

ダッフル・コートの最も象徴的で長続きする画像の1つは,子供向けのキャラクターであるパディントン・ベアである。この愛されている擬人化されたクマは,ペルーからロンドン中心部の駅まで,ボロボロのスーツケース,古い赤い帽子,鮮やかな青いダッフル・コートだけを持ってやって来る。作家のマイケル・ボンドのパディントンは,彼の甘美な礼儀正しさと故郷の感覚を失ったことで,まだ回復している世代を魅了した。パディントンに対する国民の愛情は,100冊以上の本と2本のベストセラーの長編映画で妨げられずに続いている。

006_20220105222901

有名人は過去半世紀にわたってダッフル・コートに群がり(flocked),そのまだ流行している(still-fashionable)型破り(unconventionality)との関係に魅了されてきた。デヴィッド・ボウイ(David Bowie)は1976年の映画「地球に落ちて来た男(The Man Who Fell to Earth)」でコートを着ており,彼の衣装は彼の異世界性(otherworldliness)を表すことを目的としていた。

オアシス(Oasis)のメンバー全員が,1995年のシングル “Roll With It” のカバーにダッフル・コートを着ており,間違いなく反逆児(non-conformist)だった。

50年代と60年代の英国と米国での抗議活動での使用は,このコートを,今日でもその象徴的な使用法であり,失われたもののための別の生き方の探求と関連付けた。

ダッフル・コートは,20世紀の最も重要なファッション衣類の1つである。オリジナルのメンズ・ダッフル・コートの象徴的な範囲で,歴史と伝統を楽な現代的なスタイルとブレンドする。

(転載了)
*************************

|

« バスの注意書き | トップページ | 映画「007 シリーズ」で “M” と “Q” を演じた役者たち。 »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バスの注意書き | トップページ | 映画「007 シリーズ」で “M” と “Q” を演じた役者たち。 »