« 世界気候変動に対する米国人の考え方 | トップページ | これは 2019年の内容?ウクライナ外務省のサイトに- »

2022年3月16日 (水)

大西洋で火災を起こし,沈没した 自動車運搬船「フェリシティ・エース」のその後

ドイツから米国に 約4000台の新車を運搬中,216日に大西洋で火災を発生させ,ほぼ鎮火後,近くの港に曳航中だった,(株)商船三井(MOL)が実質船主の 自動車専用運搬船「Felicity Ace(フェリシティ・エース)」は31日に,傾斜を始めて 約3,000mの大西洋の海底に沈没しました。

本船の事故情報を伝えている ‘Felicity Ace Incident Information Centre’ に314日,次の続報(プレスリリース)が1週間ぶりに掲載されました。

*****************
2022年3月14日付(続報10

MOL Ship Management (Singapore)(以下「船舶管理会社」)が管理する自動車運搬船 FELICITY ACE(以下「本船」)に関し、情報を更新します。

本船は右舷への傾斜が見られた後,アゾレス諸島から220海里程度離れた地点で現地時間の31日午前9時頃に沈没しました。

本船の沈没時に確認された油膜は,衛星と航空機により定期的に観測してまいりましたが,消散しながら漂流し,専門機関からは早晩,消失するであろうという見解を得ています。

この間,沈没地点より新たに微量の油が浮上した形跡が油膜として確認されましたが,これについても漂流しながら徐々に消散していくであろうとの見解を得ています。

専門機関から大規模な油濁に至る可能性は低いため,当面,衛星写真による観測は継続していくことが妥当との意見を得たことから,今後は,衛星写真による観測を継続するとともに,状況に迅速に対応できる体制を引き続き敷いてまいります。

(転載了)
*******************

英語版は下記。

Statement 11 - 14th March, 2022.

MOL Ship Management (Singapore) updates the situation regarding the ‘Felicity Ace’ car carrier.

The vessel sank on March 1 around 9AM local time around 220nm off the Azores after having suffered a list to starboard side.
The oil slick seen at the time of the sinking has drifted as it dissipated, and experts say it will soon disappear.
During this time, a trace of a small amount of oil was found to have surfaced as an oil film from the site of the sinking.
We have also obtained the opinion by the experts that it will gradually dissipate as it drifts.

In accordance with expert organizations opinion that it is unlikely that a large-scale oil spill will occur and it is appropriate to continue observation using satellite photographs for a while, we will continue to observe the situation using satellite photos and establish a system to respond quickly to the situation.

****** 

燃料油の流出で問題になった(なっている)のは,2020年夏にモーリシャス島沖で座礁,損傷した (株)商船三井が OKIYO MARITIME社(長鋪汽船株式会社の関連会社)から傭船・運航していた「ばら積み貨物船WAKASHIO(わかしお)」です。
中国からシンガポール経由でブラジル方面に向かう途中の日本時間726()(商船三井のプレス・リリースによる),モーリシャス島沖で座礁により船体が損傷し,救助作業中の86()に燃料油が流出,これにより現場海域・地域に甚大な影響を及ぼした事故でした。

陸地に近い,浅瀬で燃料油が流出すると大事件になりますが,大洋の深海から流出する場合,拡散して大きな問題にならないようです。
それにしても 商船三井は災難続きです。‘Felicity Ace’ の事故は原因不明ですが,‘WAKASHIOの事故は 明らかに乗組員のミスによるものであり,採用方法,教育等の見直しが必要なのでは?

Felicity Ace’ が沈没したのは 現地時間 午前9時,曳航していた Tug Boat は 沈没を察して曳航索を切り離すなどの作業時間があったはず,その間に 何故写真を撮らなかったか,もしくは 撮った写真を何故 公開しないのか,謎。

| |

« 世界気候変動に対する米国人の考え方 | トップページ | これは 2019年の内容?ウクライナ外務省のサイトに- »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界気候変動に対する米国人の考え方 | トップページ | これは 2019年の内容?ウクライナ外務省のサイトに- »