« 初めて知った,米国では ‘Pullover’ を ‘Popover’ という。 | トップページ | 今年は「せとか」をー,しかし。 »

2022年3月24日 (木)

BARACUTA G9 の(おそらく)最高価格の製品は-

BARACUTA には他のブランドとコラボした製品があります。日本のブランドとしては “BEAMS” とコラボして “G9 Jacket” を作っていますが,現在,サイトに掲載している最高価格の “G9 Jacket” は “G9 eYe JUNYA WATANABE MAN” で,(株)コム・デ・ギャルソン取締役副社長でデザイナーの渡辺 淳弥氏のブランドとコラボしたものです。

003_20220305144501

1,405 とあり,VAT20%を含んでいるとして 現在の為替で計算すると約178,000(税抜き)です。

001_20220305144501
002_20220305144601
005_20220305144601
006-2
製品説明は-
BARACUTA’ のサイト(拙訳と共に):

*******
The G9 Harrington Jacket has been reworked from the perspective of renowned Japanese designer Junya Watanabe, known for the geometry and conceptual pragmatism that mark his collections.
G9ハリントン・ジャケットが,コレクションを特徴付ける幾何学と概念的な実用主義で知られる有名な日本人デザイナー,渡辺淳弥の視点から作り直された。

The G9 Comme Des Garcons stands out for its more relaxed fit, the "patchwork" detailing at the end of the sleeves, and the removable, military-inspired liner that can be worn by itself or with the main garment.
G9コム・デ・ギャルソンは,よりリラックスしたフィット感,袖の端にある「パッチワーク」のディテール,そして取り外し可能で,単独で,またはメインの衣服と一緒に着用できるミリタリー風のライナーで注目を浴びている。

While the jacket has been reworked, it remains true to Baracuta tradition, retaining the iconic piece's design and unmistakable details, including the collar, pockets, Fraser Tartan lining and yoke with umbrella motif on the back.
ジャケットは作り直されているが,バラクータの伝統は残しており,襟,ポケット,フレイザー・タータンの裏地,背面の傘をモチーフにしたヨークなど,象徴的な製品のデザインと紛れもないディテールを保持している。
********

日本のネットショップの製品説明:

*********
イギリス マンチェスターで誕生したクロージングカンパニー『BARACUTA』とのコラボレーション。
ブランドのアイコンモデルであるG9をベースにバランス感とインナーに取り外し可能なキルティングライナーをアタッチ出来る様なカスタマイズが施されています。
本来タイトに着るブルゾンを,シルエットをあえて大き目で着用する様なデザインとなっており,今っぽいオーバーサイズが特徴です。
ネイビーのライナーは取り外して一枚でも着用出来るなど,幅広く活用できる仕様も魅力となっています。
*******

因みに 日本での価格は 定価 ¥16,5000(税込み)で,ネットショップによる最安値は ¥108,900,いずれにせよ高価格で,私には縁がないものです。

| |

« 初めて知った,米国では ‘Pullover’ を ‘Popover’ という。 | トップページ | 今年は「せとか」をー,しかし。 »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初めて知った,米国では ‘Pullover’ を ‘Popover’ という。 | トップページ | 今年は「せとか」をー,しかし。 »