« 「ペーパー・ナイフ」が 2本。 | トップページ | 世界気候変動に対する米国人の考え方 »

2022年3月15日 (火)

「サハリン2」プロジェクトと聞いて-

ロシアのウクライナ侵攻に関連して,英国 メジャーオイルのシェルは,228日,ロシア国営エネルギー企業ガスプロムとの合弁事業を解消し,極東サハリンでの原油・液化天然ガス(LNG)プロジェクト「サハリン2」からの撤退を表明したと報じられました。

このプロジェクトには 日本の商社も出資しています。

「サハリン2」と聞いて 懐かしく(?)思い出したのは 20数年前,このプロジェクトに計画段階の仕事(名目は Technical Advisor)で,サンクトペテルブルクに5週間(フランクフルトを経由して3回 出入りした)滞在したことです。
サンクトペテルブルクの,かつては(ソ連時代)原子力潜水艦を設計したという設計会社の老獪な技術者を相手に,明確ではない設計手法・内容に関して議論を闘わせました。私の質問に対して 設計意図,計算式を示さず,「問題ない,これがノーマル」と言うばかりで,英語-ロシア語 通訳を介しているので 疑問点を全て解明することはできず,基本設計を担当したカナダ人の若い技術者が,私の意を汲んで熱弁(本人に言わせると ‘Fight’)を奮いました。

その甲斐あってか無事,稼働しているようです。
が,今後 どうなることやら ・・・ 。

最近,身辺整理をしたら サンクトペテルブルク滞在時のレストラン等のリストが出てきました。
当時,仕事をした事務所のビジネス・マネージャー(ロシア系米国人)が作成したもので,標準価格と Ratingが示されています。
事務所の連中と夕食に行くとき参考にしました。
酷寒の季節で,レストランへの行き帰りは事務所が準備している運転手付きのバンを使い,食事をする時間はロシア人の運転手を待たせており,そのオーバー・ワーク・チャージが 1時間1米ドルという時期でした。

001_20220314163601
002_20220314163701
003_20220314163701

| |

« 「ペーパー・ナイフ」が 2本。 | トップページ | 世界気候変動に対する米国人の考え方 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ペーパー・ナイフ」が 2本。 | トップページ | 世界気候変動に対する米国人の考え方 »