« 新しい桜,2本。 | トップページ | “PIERRE HERMÉ” の焼き菓子。 »

2022年4月 8日 (金)

MOL 自動車専用運搬船,中古EV車受け入れ停止。

ドイツから米国に 約4000台の車を運搬中,216日に大西洋で火災を発生させ,ほぼ鎮火後,近くの港に曳航中だった,(株)商船三井(MOL)が実質船主の 自動車専用運搬船「Felicity Ace(フェリシティ・エース)」は31日に,傾斜を始めて 約3,000mの大西洋の海底に沈没しました。この船には 中古のEV車が積載されていたらしいのですが,火災発生原因はまだ公表されていません。

これに関連して(ひょっとして関連無し?)-
World Cargo news’ が 05 Apr 2022付けで “MOL stops accepting used Evs” (MOL 中古EV車の積載受け入れを停止)の見出し記事を掲載していました。

下記,拙訳・転載します。
********************

大手自動車運搬会社が,中古EV車の輸送を一時的に停止した。

商船三井(MOL)は,ニュージーランドの自動車輸入業者に対し,自動車専用運搬船での中古EV車の受け入れを一時的に停止したことを確認した。

MOLは最近,船舶火災により自動車専用運搬船 ‘FELICITY ACEを失った。火災の原因はまだ明らかにされていないが,搭載されていたEV車のリチウムイオン電池により,消火がより困難になった。
EV業界には,バッテリーが過充電やその他のリスク要因にさらされている可能性がある中古車で火災のリスクが高まるという懸念がある。新車を出荷する自動車メーカーと比較して,所有者が中古車を保有する保険レベルも考慮する必要がある。

ニュージーランドでは,MOLは自動車輸入業者に,その決定は ‘FELICITY ACE事件とは「何の関係もない」と語った。むしろ,MOLは中古車を受け入れるための基準を見直すことにしたという。

ニュージーランドに輸入される全車両の約45%は日本からの中古車である。

運搬会社は,中古ICEinternal-combustion engine,内燃機関)車の検査手順と要件を設定しているが,これらは主に,車両を乗下船で運転できるように,バイオセキュリティ・リスク,燃料漏れ,および基本的な機械的性能に焦点を当てている。手順には,EV車を念頭に置いてなかった。

(転載了)
*********************
自動車専用運搬船への車両の乗下船は,自走で行われるため,ガソリン・エンジン車は燃料が,EV車は電池の充電が必要です。
中古EV車の電池がどの程度 安全か,あるいは危険か,どのような環境が危険リスクを増大させるのか,今後,需要が増えるであろう中古EV車輸送に対する考慮が必要になっているようです。

| |

« 新しい桜,2本。 | トップページ | “PIERRE HERMÉ” の焼き菓子。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新しい桜,2本。 | トップページ | “PIERRE HERMÉ” の焼き菓子。 »