« 見出しに見る勘違い(その811) | トップページ | 見出しに見る勘違い(その812) »

2022年5月 5日 (木)

米国人の 直近の中国の見方

Pew Research Center’ のMar. 282022付けで-
China’s Partnership With Russia Seen as Serious Problem for the U.S.
中国のロシアとのパートナーシップは,米国にとって深刻な問題と見なされている
と題する調査報告がありました。

下記,拙訳・転載します。
******************************

Americans see China as a growing superpower – and increasingly say it is the world’s leading economy
米国人は中国を成長する超大国で,ますます世界をリードする経済大国と見做している

001_20220503174401

002h_20220503173901 中国がこれまで非難することを拒否してきたウクライナで戦争が激化する中,米国人は中国とロシアのパートナーシップについて深刻な懸念を抱いている。米国の成人の約9割が米国にとって少なくともやや深刻な問題であると述べており,62の大多数が非常に深刻な問題であると述べている。これは,中国を含む他の6つの問題 -米国の政治への関与,人権に関する政策,中国と台湾の間の緊張など-についても同じである。

003h_20220503174001 中国とロシアの関係についての特定の懸念と並んで,中国は世界の超大国であるという感覚がある。米国の成人の約3分の266)は,世界の舞台に対する中国の影響力が近年強くなっていると述べている。現在,より多くの米国人が中国を世界の主要な経済大国と表現している。約4割(43)が中国を世界のトップ経済国と呼んでおり,同じくらい多くの人が 米国と同じだと言っている。これは,米国人の32が中国が世界のトップ経済国であり,52が米国が世界のトップ経済国と名付けた2020年以来の重要な出発点である。この2桁の増加により,中国を世界のトップ経済国と見なす米国人の割合は,2014年に最後に見られたレベルに戻る。

米国人は依然として米国を世界をリードする軍事大国であると明確に(unambiguously)考えており-70がそう述べ,中国を挙げる19とロシアを挙げる9と比較して,中国を指名する割合は2020年以来2倍以上になっている。

中国の力と影響も米国に対する脅威の高まりと見なされている。今日,3分の2が中国を主要な脅威と表現している。これは,2020年から5パーセンテージ・ポイント,2013年に最初に質問されてから23ポイント増加している。特に,ウクライナでの紛争にもかかわらず,これはロシアの力と影響を米国への主要な脅威(64)として説明している割合と同様である。

004m_20220503174201 中国に対する否定的な見方も,過去1年間でわずかに増加している。約8割(82)が中国に対して否定的な意見を持っており,そのうち40は中国に対して非常に否定的な見方をしている。これは,2021年からの否定的な見方の6ポイントの増加であり,センターが2020年に米国のトレンド・パネルでこの質問を始めて以来,新たな高値となっている。電話調査からオンライン・パネルへのモード・シフトにより,今日の数値を2020年以前のデータと直接比較することは困難だが,現在の数値は2005年以降の否定的な意見の記録的な数値でもある。

005m_20220503174201 しかし,中国に対する否定的な見方が高まっているにもかかわらず,米国人はますます中国を敵ではなく競争相手(competitor)と見なしがちである。現在,62が中国を競争相手,25が敵と見なしており,10が中国をパートナーと見なしている。1月には,54のみが競争相手を選択し,35が敵と選択した。これは,前年とほぼ同じ割合である。同じ2ヶ月で,ロシアがウクライナに侵攻した後,ロシアを敵または競争相手と呼ぶ米国人の割合に反対の変化が起こった。

近年一貫してそうであるように,共和党員と共和党支持者は,民主党員と民主党支持者よりも中国に対して否定的な見方をする傾向があり,それぞれ8979である。共和党員はまた,民主党員よりも中国を敵と呼び,中国の力と影響を米国に対する主要な脅威と表現する可能性がはるかに高い。

006m_20220503174201 経済問題に関しては,特に違いが大きい:共和党員は民主党員よりも中米の経済関係は悪く,経済問題で中国を厳しくすることを優先する傾向がある。世界をリードする経済大国の見方も党派によって異なり,共和党員の49が中国を最大の経済大国と名付け,民主党は39しか同じことを言ってない。しかし,中国を最大の経済大国と名付ける共和党員の割合は2020年以降,ほぼ2倍になり,中国の経済的支配に関する民主党員の見解はほとんど変わっていない。

これらは,2022321日から27日までに,ピュー研究所が全国的に代表的な米国のトレンド・パネルで成人3,581人を対象に実施した新しい調査の重要な調査結果の1つである。調査はまた,年配の米国人と若い米国人の間で中国の見方に大きな違いがあることが明らかになった。年配の米国人は,中国に対して否定的な見方をしている可能性が高く,中国と米国の関係について,悪く,中国を敵と表現する。また,年配の米国人は,若い成人よりも,二国間関係のほぼすべての問題を米国にとって深刻な問題と見なす傾向がある。中国と台湾の間の緊張に関しては,年齢差が最も激しい(acute)。65歳以上の米国人の52が中国と台湾の間の緊張を非常に深刻な問題と考えているが,1829歳の米国人は26しか同様に考えてない。米国人が中国とロシアのパートナーシップについて考えるとき,25ポイントのギャップも存在する。

Unfavorable views of China at new high
中国の否定的な見方は新高値

今日,米国人の82が中国に対して否定的な意見を持っており,その約半分はやや否定的(42)であり,残りの半分は非常に否定的(40)である。これは,2021年からの否定的な見方の6ポイントの増加であり,センターが2020年にオンラインの‘American Trends Panel’ でこの質問を始めて以来の最高値である。現在のポイントは,電話で行われたほぼ20年間の調査と比較して,否定的な意見の記録的な数値でもある。

007m_20220503174301 党派やイデオロギーのグループ全体で否定的な意見が多い一方で,共和党員と共和党支持者は,民主党の支持者よりも中国に対して否定的な見方をしている可能性が高い。特に,これらの党派グループ内にはイデオロギーの違いがある。保守的な共和党員と自由主義の民主党員の大部分は,より穏健な人々よりも否定的な見方をしている。保守的な共和党員は,中国に対して非常に否定的な見方をしている可能性が特に高く(64),他のイデオロギー・グループの割合の約2倍である。

否定的な見方の集中度も年齢層によって異なる:65歳以上の90は,30歳未満の成人の76と比較して,中国を否定的に見ている。さらに,男性の86%は,女性の78に対して,中国を否定的に見ている。

China seen as competitor rather than enemy of the U.S.
中国は米国の敵よりも競争相手と見なされていた

008h_20220503174001 中国に対する大きな否定的な見方は,中国-米国関係に対する否定的な見方を伴う。米国人の10人中7人は,米国と中国の関係が悪いと言っており,その中には,関係がやや悪いと言う58と,非常に悪いと言う12が含まれている。アメリカ人の10人に7人は、米国と中国の関係が悪いと言っています。その中には、関係がやや悪いと言う58と、非常に悪いと言う12が含まれています。30歳未満の成人の10人中4人近くが,関係が良好であると信じている- 30歳を超える他のどの年齢層よりも少なくとも10パーセンテージ・ポイント多くなっている。今年の1月から3月にかけて,中国を米国の競争相手または敵と見なす米国人の割合は大幅に変化した。

現在,62が中国を競争相手,25が敵と見なし,10が中国をパートナーと見なしている。20221月には,54%のみが競合他社を選択し,35が敵を選択した-これは,前年とほぼ同じ割合だった。同じ2か月で,ロシアがウクライナに侵攻した後,ロシアを敵または競争相手と呼ぶ米国人の割合に反対の変化が起こった。

この質問には明らかに党派的な違いがある:民主党員と民主党支持者は,中国を共和党よりも高い率で競争相手と見なしており,共和党は中国を民主党よりも敵と呼ぶ傾向がある。

共和党員はまた,中国がパートナーではなく競争相手または敵であると言う可能性がほぼ同じであり,1月からの逆転で中国を敵と見なす可能性が最も高かった。30歳未満の成人が中国と米国の関係を言うのと同じように,関係は良好で,中国をパートナーと呼ぶ可能性も高くなる。65歳以上のわずか4%と比較して,17%がこれを述べています。同時に,高齢者の36が中国を敵と考えているが,最年少の年齢層の16%だけが同じことを言っている。

Americans have a negative outlook on economic relationship with China
米国人は中国との経済関係について否定的な見方をしている

009h_20220503174001 米国人はまた,米国と中国の間の現在の経済関係は悪いと言う。関係は否定的に見られているが,半数以上が関係を強化するよりも経済問題に関して中国に厳しい姿勢(tough stance)を取ることを支持している。人権問題を無視することを意味するとしても,米国が経済関係を優先すべきだと答えたのはわずか28%だった。
これらの見解は,昨年はほとんど変わらなかった。

これらの変数のそれぞれにわたって,党派グループ間に大きな違いがある。共和党員と共和党支持者の4分の3は,中米の経済関係は悪いと言うが,民主党員と民主党支持者で それに同意するのは半数強である。強力な経済関係を構築するか,経済問題で中国と厳しくするかを選択するとき,民主党員の大多数(54)は強力な関係を選び,共和党員の大多数(67)は中国に厳しくなることを優先する。両党の過半数は人権の促進を支持しているが,民主党の方がわずかに高い割合である(7166)。

Americans continue to view China’s power and influence as a major threat
米国人は引き続き中国の力と影響を主要な脅威と見なしている

010h_20220503174001 米国人はまた,中国の力と影響について懸念を表明している:3分の2は中国の力と影響を大きな脅威と考えており。約10人中3人はそれを小さな脅威と見なしている。中国の水準(stature)に大きな懸念を表明する割合は,2013年に最初に質問されてから23パーセンテージ・ポイント増加したが,2020年以降は概ね変化していない。

主要な脅威としての中国の力と影響の評価は,人口統計学的特性(demographic characteristics)によって異なる。男性は女性よりも中国の力と影響を米国に対する主要な脅威に考慮する可能性が非常に高い。1829歳の米国人は,30歳以上の米国人よりも,中国の力と影響を重大な脅威と見なす可能性がはるかに低い。同様に,高卒の米国人は,より多くの教育を受けた米国人よりも,中国が米国に大きな脅威をもたらすと言う可能性は低い。

保守的な共和党員と共和党支持者は,中国の力と影響が米国にとって大きな脅威であると特に言う可能性が高い。約6割の穏健またはリベラルな共和党員とすべてのイデオロギーの民主党員がこの問題を主要な脅威と見なしている一方で、10人中8人以上の保守的な共和党員がこの意見を持っている。中国の力が大きな脅威であると言う共和党員の割合も2020年以降8ポイント増加したが,民主党員の意見は比較的変わっていない。

Majority of Americans see China-Russia partnership as very serious problem
米国人の大多数は,中国とロシアのパートナーシップを非常に深刻な問題と見なしている

011h_20220503174001 米中関係に関連する7つの問題を評価するように求められたとき,10人中7人以上の米国人が各問題に非常にまたはいくらか深刻なラベルを付けている。少なくとも4分の1は,7つのトピックのそれぞれを非常に深刻な問題と見なしている。両国が最近無限(limitless)の友情と表現した中国とロシアのパートナーシップは,特に米国人にとって際立っている。約6割は,この関係が非常に深刻な問題を引き起こしていると述べている。これは,次に高い回答よりも15パーセンテージ・ポイント高くなっている。中国は国連人権理事会からロシアを排除することに反対票を投じ,国営メディアはロシアのウクライナ侵攻を「特別軍事作戦(special military operation)」と呼び続けている。

米国の約半数はまた,米国の政治への中国の関与を非常に深刻な懸念と考えており,およそ10人中4人が中国の軍事力と中国の人権政策を同じ観点から見ている。これは,中国の人権政策を非常に懸念している割合2021年から8ポイント減少したことを表している。逆に,米国人は中国と台湾の関係についてもっと心配するようになった。282021年に緊張が非常に深刻であると考えていたが,35は現在,両岸の緊張を非常に深刻な懸念と考えています。中国の習近平国家主席は最近,3月中旬の電話で海峡問題(the cross-strait issue)を誤って取り扱った帰結(consequences)について米国大統領ジョー・バイデンに警告した。

香港における中国本土の政策は,すべての項目の中で最も低いレベルの懸念を引き起こして(elicit)いるが,それらを非常に深刻な問題とラベル付けしているのは約4分の1にすぎない。

012_20220503174401

調査された7つの問題すべてについて,年配の米国人は,最も若い米国人よりも,米国に非常に深刻な問題を引き起こすと言う傾向がある。年齢によるギャップは,中国と台湾の間の緊張に関して最も大きい。65歳以上の米国人の52が中国と台湾の間の緊張を非常に深刻な問題と考えているが,1829歳の米国人でそう考えているのは26に過ぎない。米国人が,中国とロシアのパートナーシップや中国の軍事力について考えるときも,25ポイントのギャップが存在する。年配の米国人と若い米国人は,中国の人権政策に関して最も同意が見られる。

これらの問題に関しても党派間のギャップが生じている。共和党員は民主党員よりも,米国と中国との関係において起こりうるいくつかの問題を非常に深刻な問題と見なす傾向がある。米国の政治における中国の役割について考えるとき,党派間は最も一致していない。共和党員と共和党支持者の57が,民主党員と民主党支持者の39と比較して,中国の米国政治への関与は非常に深刻な問題であると考えている。姿勢の二桁の違いは,中国との経済競争や中国の軍事力の周りでも発生する。中国とロシアの関係や中国の人権政策についての質問に対しては,超党派の合意が見られる。

Americans see China’s influence on world stage increasing
米国人は,世界の舞台に対する中国の影響力が増していると見ている

013h_20220503174001 米国の成人の約3分の2は,世界における中国の影響力が強まっていると述べている。別の22は,中国の影響力はほぼ変わらないと考えており,10は,中国の影響力が弱まっていると述べている。

女性よりも高い割合の男性が,中国の影響力は強くなっていると考えており,より教育を受けている人は,学校教育を少ししか受けてない人よりも,中国の影響力が高まっていると言う傾向がある。共和党員と共和党支持者は民主党員と民主党支持者よりも中国の影響力が強くなっていると言う傾向があるが,保守的な共和党員とリベラルな民主党員は特にこの見解を持つ可能性がある。穏健でリベラルな共和党員と穏健で保守派の民主党員は,近年,世界における中国の影響力が強まっていると言っている可能性が高い。

China and U.S. tied as world’s leading economy, according to Americans
米国人によると,中国と米国は世界をリードする経済として結びついている

014h_20220503174101 米国人はますます中国を世界をリードする経済大国と見なす傾向がある。現在,米国人の43が中国を最大の経済大国と考えており,同じ割合が米国を挙げている。比較のために,2020年の夏に,アメリカ人の32が中国が世界のトップ経済国であると述べ,52が米国を挙げた。2桁の増加は,中国を世界のトップ経済国と見なす米国人の割合を2014年に最後に見られたレベルに戻す。

年配の米国人は,中国を世界有数の経済大国と見なす可能性が低くなっている。他の年齢層の10人中4人以上の米国人が中国を指しているが,65歳以上の米国人は約3分の1だけがこの見解を表明している。

015h_20220503174101 世界をリードする経済国に対する見方も,党派によって異なる。共和党員は民主党員よりも10ポイント高く,中国を世界の主要な経済大国と見なしている。共和党員も以前よりも中国を挙げる可能性が高くなっている:2020年夏,共和党員のわずか28が中国をトップ経済国と見なしていたが,2022年にはシェアが21ポイント増加して49になった。世界の最前線の経済国としての中国に対する民主党員の見方は,ほとんど変わっていない。

米国経済の評価は,米国人が世界のトップ経済大国として特定するものに影響を及ぼす。経済状況が良いと言う米国人は,米国が世界をリードする経済国であると言う傾向があるが,経済状況を否定的に評価する人は,中国をトップ経済国と見なす傾向がある。

中国との経済競争を非常に深刻な問題と見なす人々はまた,中国を最大の経済大国と見なす可能性が高い。中国との経済競争はやや深刻な問題に過ぎないと言う人の約4割が,中国を最高の経済大国として選んでいる:競争を非常に深刻な問題と考える米国人の52が中国を選ぶ。

To Americans, U.S. remains the world’s preeminent military power
米国人にとって,米国は依然として世界有数の軍事国家である

016h_20220503174101 米国人は明らかに,中国やロシアと比較して,米国を世界一の軍事力国家と見なしている。10人中7人は,米国が世界をリードする軍事力国家であると述べている。これに対して,中国を挙げるのは10人中2人,ロシアを挙げるのは10人に1人である。それでも,中国は2016年に最初に質問されて以来最も高く,2020年にその見解を持っていた6から3倍以上になっていると答えている。

男性は女性よりも,中国やロシアよりも米国を世界のトップの軍事力国家として特定する傾向がある。65歳以上の米国人は,若い米国人よりもこの見解を持っている可能性が高い。党派主義も役割を果たしており,民主党員,特にリベラルな民主党員は,共和党員よりも米国が世界の舞台でトップの軍事力であると言う傾向がある。

Confidence in Xi low across many demographic groups
多くの人口統計グループにわたって習への信頼度が低い

017h_20220503174101 米国人の中国観と同様に,習近平国家主席の評価は米国人の間で低く,信頼をあまりしてない人(42)とまったく信頼してない人(41)の間でほぼ均等に分かれている。米国人のわずか15が,世界情勢に関して正しいことをすると習を信頼していると答えている。

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領に対する信頼のパターンとは異なり,年配の米国人は習に対してより批判的である:65歳以上の成人の85は,習を信頼してないと言っており,これは,30歳未満の成人の77よりもはるかに多い。

共和党員と共和党支持者は,民主党員と民主党支持者よりも習に対して批判的である(それぞれ8977)。保守的な共和党員は特に批判的であり,92が習をまったく,またはほとんど信頼してないと述べている。

(転載了)
********************
中国に対する見方が,かなり厳しくなっていますが,それでも まだ肯定的評価が存在しているのが謎です。

|

« 見出しに見る勘違い(その811) | トップページ | 見出しに見る勘違い(その812) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る勘違い(その811) | トップページ | 見出しに見る勘違い(その812) »