« 同い年,同齢 あるは 同年齢を 何故「同学年」というのか? | トップページ | スーパーマーケットで 受け取りを断られた千円札 »

2022年6月 8日 (水)

「太刀」と「刀」の違いは-

英語になっている/そのままの発音で理解される日本語は 近年 多くなりましたが,太刀(Tachi)と刀(Katana)も通じるようです。

DifferenceBetween.com’ のサイトに “Difference Between Tachi and Katana” の項がありました。
日本人でも 正確に答えるのが難しそうな違いです。

下記,拙訳・転載します。
****************************
Tachi vs Katana

Tachi” と “Katana”は,最も一般的な日本刀(Japanese swords)の2つの名前である。封建時代の日本で戦士(fighter)が身を守り,敵を倒すために使用したこれらの2本の長い剣(sword)には多くの類似点がある。これらの2本の剣の画像は,同じように見えるため,人々を混乱させる。表面上は類似しているが,この記事で説明する “TachiKatanaには違いがある。

Tachi
太刀

太刀は戦士の “武士(samurai class)” が使用した日本刀である。少し曲がった長刀で,武士が馬に乗って腰に付けた(held)。太刀は紐(cord)を使って腰から吊るされた(slung)。太刀の刃の長さは60cm以上で,刃先は常に下向き(down)に保持した。戦闘で使用された重い剣だった。確かにコンパクトではなく,持ち運びにも手間がかかった。

Katana

刀は,太刀の子孫(descendant)と言え,ずっと後に登場した。刀は侍に使われる極めて通常の剣である。
これが 時々,“samurai sword” とも呼ばれる理由である。刀は,片刃と長いグリップを備えた湾曲した刃を持っている。刀は非常に鋭くて強いことで知られていた。刀は刃先が上向きで保持された(cutting edge up)。刀は,軽量で接近戦闘時で使いやすいコンパクトな剣が必要なために開発された。

Tachi vs Katana
太刀 対 刀

  • 太刀と刀はどちらも、武士のような戦士のクラスが戦闘で使用する剣である。
  • 太刀は,コンパクトな剣が必要なために進化した刀よりも古い。
  • どちらも片刃の剣だが,反対の面がある。 太刀は刃先を下(cutting edge down)だが,刀は刃先が上向きに保持する。
  • 太刀は馬に乗って使用するためのものだったが,刀は接近戦で使用するためのものだった。
  • 太刀は刀よりも曲がりが大きい。
  • 太刀は刀の前身である。

(転載了)
*************************

愛媛県の大三島(しまなみ海道が経由する島の一つ)に,古来日本総鎮守として尊称され,大正時代には四国唯一の国幣大社に列せられた大山祇(おおやまづみ)神社があります。

001_20220505082301その大山祇神社の宝物館には,全国の国宝・国の重要文化財の指定を受けた武具類の約8割が保存展示されています。甲冑の保存は全国一で,日本最古の平安中期の鎧をはじめ,鎌倉期~戦国時代まで各時代の代表する名品が展示されています。

ここで 2m近い,長大な太刀を見たことがあります。
これは 次の理由で単なる飾りだと思いました。
  ・重すぎて持てない。
  ・重すぎて振れない。
  ・長すぎて 常人の腕の長さでは鞘から抜けない。

しかし,説明書きを見ると 実戦に使う目的で作られたようです。その使い方は-
  ・持って振り回さず,騎馬武者が刃を正面に向け,鞍を利用して水平に固定する。
  ・騎馬戦ですれ違いざま,敵騎馬武者を馬ごと切る。
  ・抜くときは 馬の下にいる従者が鞘を持つ。

―と,あったような気がしますが,ひょっとすると私の想像だったかも知れません。

| |

« 同い年,同齢 あるは 同年齢を 何故「同学年」というのか? | トップページ | スーパーマーケットで 受け取りを断られた千円札 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 同い年,同齢 あるは 同年齢を 何故「同学年」というのか? | トップページ | スーパーマーケットで 受け取りを断られた千円札 »