« 見出しに見る勘違い(その834) | トップページ | 真夏に,秋物の「コーデュロイ・ジャケット」 »

2022年8月16日 (火)

世界の人口の半分以上が 上位 7ヶ国に住んでいる

Pew Research Center’ の July 21, 2022付けで
Global population projected to exceed 8 billion in 2022; half live in just seven countries
世界の人口は2022年に80億人を超えると予測される;その半分はたった7ヶ国に住んでいる

下記,拙訳・転載します。
****************

001_20220723173101国連から最近発表された予測によると,世界の人口は202211月に80億人を超える。そして,その全人口の半数以上がたった7ヶ国に住んでいる。

中国は世界最大の人口(142600万人)を抱えているが,インド(141700万人)が来年このタイトルを獲得すると予想されている。次の最も人口の多い5つの国,つまり米国,インドネシア,パキスタン,ナイジェリア,ブラジルを合わせてもインドや中国よりも人口が少なくなっている。
実際,中国の人口はヨーロッパの全人口(74400万人)または南北アメリカ(104000万人)よりも多く,アフリカのすべての国の人口(142700万人)とほぼ同等である。

002_20220723173101

2015年には,世界の人口の半分がわずか6ヶ国に集中していた- ナイジェリアは現在7番目に人口の多い国だが,その後ブラジルを超えて6位になった。ただし,最近の人口増加は,上記の国よりも他の地域で急速に進んでいる。つまり,上位6ヶ国,現在,世界の人口の半分(49)をわずかに下回っている。ブラジルの21500万人を含めると,世界で最も人口の多い7ヶ国が世界人口の51.7になる。

将来の人口増加に関する国連の「中間」シナリオでは,世界の人口は2050年に97億人,2100年に104億人に達すると予想されている。増加はサハラ以南のアフリカに集中すると予想されており,昨年は世界の出生の推定29が発生した。
サハラ以南のアフリカの2021年の合計特殊出生率(total fertility rate)は,女性1人あたり4.6人で,世界平均の女性1人あたり2.3人の出生数の2倍であり,ヨーロッパと北アメリカ(1.5)および東アジアと南東アジア(同様に 1.5)の平均の3倍である。

(転載了)
*********************
国連・経済社会局(Department of Economic and Social Affairs/ Population Division)発行 “World Population Prospects 2022” 掲載資料から 人口 トップ10ヶ国(199020202050)の変化を示しています。

Top-10-populous-countries

日本は 1990年は 12300万人で 7位でしたが 2022年は 12400万人で11位,メキシコと10位内を入れ替わっています。2050年には ・・・?
2050
年には メキシコとロシアが 10位外となり,コンゴ共和国とエチオピアが 10位内に入っている予想です。

| |

« 見出しに見る勘違い(その834) | トップページ | 真夏に,秋物の「コーデュロイ・ジャケット」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る勘違い(その834) | トップページ | 真夏に,秋物の「コーデュロイ・ジャケット」 »