« 見出しに見る勘違い(その842) | トップページ | 広島市 袋町公園,樹木 2種。 »

2022年9月 9日 (金)

世界各国民が考える世界的脅威は?国連の有効性は?

Pew Research Center’,Aug.31,2022付けで
Climate Change Remains Top Global Threat Across 19-Country Survey
気候変動は 19ヶ国の調査で 引き続き世界的な脅威のトップに
のタイトルによる調査報告がありました。下記,拙訳・転載します。

*********************
人々は国連を好意的に見ており,国々を一つにするためには「共通の問題(common problems)」よりも「共通の価値観(common values)」の方が重要であると信じている。

001_20220906175201

002m_20220906175101 COVID-19 のパンデミックが依然として猛威を振るい,ロシアとウクライナの間で激しい戦争が続いており,世界的にインフレ率が上昇し,世界各地で猛暑の記録が打ち破られている中,2022年に各国はさまざまな課題に直面している。ピュー研究所の新しい調査によると,地球が直面している多くの脅威の中で,気候変動は先進国の市民の間で特に強い懸念として際立っている。北米,ヨーロッパ,アジア太平洋地域の19ヶ国の中央値 75% が,地球規模の気候変動を主要な脅威と見なしている。

これは,人々が調査された他の問題について無関心であると言っているわけではない。ほとんどの国の過半数は,オンラインでの誤った情報の拡散,他国からのサイバー攻撃,世界経済の状況,および感染症 (COVID-19 など) の蔓延を,自国に対する主要な脅威と見なしている。

また,国際的なニュース・サイクルを支配する多くの気のめいるような話にもかかわらず,調査回答者の間で,国連,問題解決のための国際協力の利点,および国家を団結させるための共通の価値観の重要性についての肯定的な意見も見られる。

003m_20220906175101 現在の調査では,中央値で 65% が国連に好意的な見方をしており,国際機関に好意的でない見方をしているのはわずか27% である。2004年にこの質問が最初に出されて以来,国連の見解は概して肯定的なままである。

調査対象国の中で,国連に対する見解は,ポーランド,韓国,スウェーデンで最も肯定的だった。しかし,イスラエル人の 10人に 7人が国際機関に否定的な意見を持っており,ギリシャ人と日本人の約半数が同じことを言っている。一部の国では,国連への支持は,若者 (18歳から 29歳まで) とイデオロギー的左派の人々の間でも最も強力である。これは特に米国に当てはまり,リベラル派は保守派の 2倍の確率で国連に対して肯定的な見方をしている。

世界中の人々はまた,自国が直面している問題は他国と協力することで解決できるという楽観的な見方を示している。中央値の 64% が,多くの問題は協力することで解決できると答えているが,国際協力によって解決できる問題はほとんどないと答えたのは 31% にすぎない。

現在の調査で国際協力について最も楽観的な意見はスウェーデンからのもので,スウェーデンが直面している問題の多くは他国と協力することで解決できると 81% が述べている。ヨーロッパの 11ヶ国では,中央値の 70% がこの見解を共有している。また,調査対象国のほとんどで,自国が直面している問題の多くは他国と協力することで解決できると答えた人は,国連に対してより前向きな傾向がある。

004h_20220906174601 世界を団結させるための「共通の問題(common problems)」に対する「共通の価値観(common values)」の有効性に関する新しい調査の質問は,共通の価値観は,諸国を一つにする上でより重要であるとほとんどの人が言っているように,いくつかの興味深いパターンを示しています。中央値の 58% は,共有された価値観が国際協力にとってより重要であると考えており,41% は共有された問題によって国がより団結していると考えている。

スペイン,フランス,オーストラリアではおよそ 3分の2 以上が国際協力にとって「共通の価値観」がより重要であると答えており,イスラエルとギリシャでは約10分の6 が「共通の問題」がより重要であると述べている。態度は,マレーシア,ドイツ,ポーランド,日本でより複雑である。米国人は,「共通の問題」よりも「共通の価値観」が国々を結びつけると言う傾向が強い。

これらは,2022214日から 63日まで,19ヶ国の 24,525 人の成人を対象に実施された,ピュー・リサーチ・センターの調査の主な結果の 1 つである。

調査によると,人々は気候変動を自国に対する最大の脅威の1つと見なし続けており,これは特にヨーロッパに当てはまり,気候変動が自国にとって大きな脅威であると考える人が ほとんどの国で過去10年間のどの時期よりも多くなっています。この結果は,ヨーロッパ全土の山火事と極端な暑さが生活に大規模な混乱を引き起こしているためである。欧州では気候変動に対する深刻な懸念が高まっているが,米国では長年,その懸念は比較的抑えられている。気候変動を脅威とみなす見方は,米国における政治的分裂と関連しており,これは調査対象となった他の国でも見られ,イデオロギー的に左派の人々は右派の人々よりも気候変動についてより多くの懸念を示している。

これら 19ヶ国の人々は,気候変動を最大の脅威と見なすことが多い一方で,調査された他の脅威に対する懸念は薄れていない。これらのうち 18ヶ国の過半数が,オンラインでの誤った情報の拡散と他国からのサイバー攻撃を主要な脅威と見なしているが,最上位の脅威にランク付けされている国はほとんどない。
005_20220906175201

006m_20220906175101 サイバー攻撃に対する懸念は,ロシアとウクライナの間の緊張と,世界中でのハッキングの顕著な例によって高まっている可能性があり,調査対象の多くの国で過去最高となっている。過去 5 年間で,他国からのサイバー攻撃が自国にとって大きな脅威であるという割合が著しく増加している。また,サイバー攻撃とオンラインでの誤った情報の拡散の両方に関して,調査対象国の約半数で,高齢者が若者よりも大幅に懸念している。

インフレ関連の経済問題が世界中の人々に影響を与え始めたちょうどその時に調査が実施されたため,人々は世界経済の状況についても懸念を表明している。それにもかかわらず,世界経済への懸念はほとんどの国で高く,特に自国の経済は悪いと言い,子供たちの経済的幸福の将来について悲観的な見方を共有する人々の間で顕著である。

COVID-19 による世界的な死亡者数がここ数ヶ月で減少したため,感染症に関する懸念は昨年以降,多くの国で急激に減少している。それでも,調査対象となった 2ヶ国を除くすべての国の大多数が,COVID-19 による死亡が相次いでおり,世界保健機関が国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態を宣言したサル痘に対する懸念が高まっているため,感染症の蔓延は大きな脅威であると述べている。

Concerns about climate, misinformation and cyberattacks predominate across 19 countries, but people are also concerned about the global economy and spread of infectious diseases
気候,誤った情報,サイバー攻撃に関する懸念は 19ヶ国で優勢だが,人々は世界経済や感染症の蔓延についても懸念している。

国内外の危機に支配された今年,2022年春に調査された 19ヶ国の人々は,地球規模の気候変動を最も深刻な問題と見なし続けている。主にヨーロッパ,北米,アジア太平洋地域に集中しているこれらの国々の中央値 75% が,地球規模の気候変動を自国に対する主要な脅威と見なしている。約10人に 2人が地球温暖化を小さな脅威と見なしており,5% は地球温暖化を脅威とは見なしていない。

国ごとで,9ヶ国の人々が,調査された 5つの脅威の中で最大の脅威として地球規模の気候変動をランク付けした。他には,インターネット上での虚偽情報の拡散,他国からのサイバー攻撃,世界経済の状況,感染症の蔓延である。これらの国のうち 8ヶ国はヨーロッパにあり,残りはオーストラリアである。

地球温暖化に対する懸念は,マレーシアとイスラエルでは比較的低く,地球温暖化が重大な脅威であると答えている国民は約半数以下である。米国では,54% の人が気候変動を主要な脅威と考えているが,調査した 5つの脅威の中で最も低い評価となっている。この問題に関する政治的分裂は,米国人が気候変動を評価する方法に影響を与えている。民主党員と民主党支持者の 78% が,気候変動が大きな脅威であると述べているのに対し,共和党員と共和党支持者はわずか 23% である。(詳細については,「米国人は,20203月よりも現在,国が直面しているさまざまな世界的脅威を認識しています。」を参照願う。)

007m_20220906175101 気候変動に関する政治的分裂は米国に限ったことではない。調査対象の国のうち 14ヶ国では,政治的左派の人々が,政治的右派の人々よりも気候変動が主要な脅威であると言う可能性が高くなった。たとえば,オーストラリアでは,政治的スペクトルの左側に位置する人々の 91% が,気候変動が大きな脅威であると述べているのに対し,右側に位置する人々ではわずか 47% だった。

気候変動への懸念に関するこれらの違いは,ヨーロッパ全土の右派ポピュリスト政党の支持者と非支持者を比較する際にも当てはまる。調査対象となったほぼすべてのヨーロッパの国で,右派のポピュリスト政党を支持する人々は,これらの政党を支持しない人々よりも気候変動に関する懸念が低くなっている。たとえば,ドイツでは,「ドイツのための選択肢」(AfDAlternative for Germany) の支持者の 55% のみが気候変動を主要な脅威と見なしているのに対し,AfD を支持しない人々の 77% はそうではない。またスウェーデンでは,スウェーデン民主党を支持する人は,強力なポピュリストであるスウェーデン民主党を支持しない人に比べて,地球温暖化が主要な脅威であると考える可能性が 32% 低くなる。同様の区分は,ベルギー,フランス,イタリア,オランダ,ポーランド,スペイン,英国にも見られる。

フランスとスペインでは,左翼のポピュリスト政党 (フランスではジャン=リュック・メランションが率いる「ラ・フランス・アンスーミズ」,スペインではイオネ・ベララが率いる「ポデモス」) に対する肯定的な見方が,気候変動に対する懸念を比較的高めている。

008_20220906175201

これらの政治的分裂にもかかわらず,人々が自国を悩ませている極端な気候に反応するにつれて,気候変動に関する懸念は近年高まっている。一例として,英国人の 4分の3 は,気候変動が 2022年に自国にとって大きな脅威になると述べている。2013年には,同じことを言ったのは 48% だけだった。気候変動に関する懸念は,10ヶ国で過去最高となっている。

009h_20220906174601 以前のピュー・リサーチ・センターの調査で観察されたように,地球規模の気候変動に関する懸念には男女差がある。12ヶ国では,気候変動が自国にとって大きな脅威であると考える割合は女性の方が男性よりも高い。スウェーデンでは,女性の 78% が,男性の 62% と比較して,気候変動が大きな懸念事項であると述べている。オーストラリア,英国,カナダ,オランダ,イタリア,米国でも,このような 2桁の差が見られます。

少数の国では,教育水準の高い人々が,教育水準の低い人々よりも気候変動の脅威を懸念している。これらの違いは,マレーシア,ポーランド,イスラエル,オーストラリア,韓国,ベルギー,および米国で顕著である。

いくつかの国では,年齢も気候変動の脅威に対する見解の要因となっているが,そのパターンはやや複雑である。オーストラリア,ポーランド,米国,フランスでは,年年長者よりも若者の方が気候変動を懸念している傾向があります。たとえば,オーストラリアでは,1829 歳の 85% が気候変動が大きな脅威であると答えているのに対し,50歳以上では 63% である。一方,日本の高齢者は若者よりも気候変動に関心を持っている。

オンラインでの誤った情報の拡散と他国からのサイバー攻撃は,調査された問題の中で,全体で 2番目と 3番目に大きな懸念事項である。調査対象の 19ヶ国の中央値で 70% が,オンラインでの誤情報の拡散を最大の脅威と見なしており,約 4分の1 (24%) がそれは小さな脅威であり,5% が偽情報は脅威ではないと宣言している。同様に,67% がサイバー攻撃を主要な脅威と見なしており,4分の1 がマイナーな脅威であり,4% が脅威ではないと答えている。

3つの国 (ドイツ,カナダ,マレーシア) は,オンラインでの偽情報を相対的な脅威の上位にランク付けしている。4ヶ国 (日本,韓国,米国,シンガポール)は,サイバー攻撃を最大の脅威の1つと見なしている。

010m_20220906175101 脅威としての虚偽情報の拡散に関する質問は新しいものであるため,過去の傾向は分析に利用できない。しかし,他国からのサイバー攻撃に対する懸念は,2016年にピュー研究所が質問を開始して以来,調査対象となったほとんどの国と同じくらい高くなっている。実際,2017年以降,トレンドが入手できる 16ヶ国中12ヶ国で,他国からのサイバー攻撃に対する懸念が急増している。

イスラエルを例にとってみよう。2017年には,サイバー攻撃が自国にとって大きな脅威であると答えたのはわずか 38% だった。しかし,大規模なサイバー攻撃がより頻繁に発生するようになった 2022年には,イスラエル人の 64% がオンライン攻撃を大きな脅威と見なしている。同様に,大規模なハッキングに関する懸念が 20%以上増加したのは,スウェーデン,イタリア,ハンガリーでも同じ期間に見られた。

また,虚偽情報の拡散やサイバー攻撃についての見解に関しても,年齢による大きな差がある。多くの場合,50歳以上の人々は,18歳から 29歳の人々よりも,これらのオンラインの脅威についてより懸念している。また,場合によっては,違いが非常に大きくなる。

たとえば,50歳以上のスウェーデン人は,18歳から29歳のスウェーデン人よりも,オンラインでの誤った情報の拡散が大きな脅威であると考える可能性が 21% 高くなる。また,50 歳以上の米国人の4分の3 が,誤った情報の拡散を懸念しているのに対し,若い米国人では 56% だった。同様に,米国の若年成人は,でっち上げのニュースや情報が民主主義システムに大きな影響を与えると言う傾向が年配の成人よりも低くなっている。

多くの国で,高齢者は若者よりもサイバー攻撃を懸念している。年齢による違いは,カナダ,オーストラリア,米国,英国,ドイツで特に顕著である。このパターンが逆になっているのはポーランドだけである (つまり,若いポーランド人は,年配のポーランド人よりも虚偽の情報やオンラインでの攻撃をはるかに懸念している)

ほとんどの場合,ソーシャル・メディア ユーザーの間で,ソーシャル・メディアを使用していないユーザーよりも,虚偽の情報の拡散とサイバー攻撃に対する懸念が大きくなっているわけではない。

世界経済の状況に関する懸念は調査対象国の間では比較的控えめだが,2022年の調査は 214日から 63日まで実施されたことに注意することが重要である。ロシアのウクライナ侵攻と,COVID-19 のパンデミックとサプライ・チェーンの混乱に関連するその他の経済的要因の結果である。19ヶ国の中央値の61%が世界経済を大きな脅威と見なしており,約10人に3人が小さな脅威と見なし,5% が脅威ではないと答えている。

調査対象となった問題の中で,7ヶ国では経済に関する懸念が最も低く、経済が主要な懸念事項であると答えたスウェーデンはわずか 37% だった。そうは言っても,前回の質問以来,世界経済への懸念が一握りの国で高まっている。懸念の高まりは,ハンガリーとポーランドで特に顕著であり,2018年には各国で約4分の1 しか世界経済が主要な懸念事項であると回答していなかった。現在,ハンガリーでは 72% が世界経済の状況を主要な脅威と見なしており,ポーランドでも 10人中6人が同じことを述べている。さらに,世界経済に関するギリシャの懸念は依然として特に高く,93%が世界経済の状態が大きな脅威であると述べている。

ジェンダーは,9ヶ国で世界経済の見方に影響を与えている。ほぼすべての国で,女性は男性よりも世界経済が自国にとっての脅威であると考える傾向がある。格差が最も大きいのはベルギーで,女性の約3分の2 が経済を心配しているのに対し,男性の約半分が同じことを言っている。

世界経済が主要な脅威であるという見方に最も強い影響を与えているのは,人々が自国の現在の経済状況を良いと考えるか悪いと考えるか,そして現在,自国の子供たちの生活が将来良くなるか悪くなると考えるかである。5ヶ国では,国内経済がやや悪い,または非常に悪いと回答した人は,国内経済が好調だと回答した人よりも,世界経済の状況が大きな脅威であると回答する傾向が高かった。また,12ヶ国では,子どもたちが将来経済的に困窮すると考える人は,子どもたちの将来が明るいと考える人に比べて,世界経済を大きな脅威と見なす可能性が高くなる。

Worries about the spread of infectious disease are diminishing
感染症拡大の不安が薄れつつある

011h_20220906174601 感染症の蔓延に対する懸念は,調査された他の脅威と比較して低く,2020年に最後に質問されて以来,多くの国で減少している。それでも,19ヶ国の中央値 61% が,感染症を自国にとっての大きな脅威と見なしている。

調査対象のほとんどの国で,大多数が感染症の蔓延について懸念を表明している。しかし,ドイツとスウェーデンでは,それを主要な脅威と見なしているのは約半数以下である。実際,ドイツ人は,調査されたすべての脅威の中で感染症に対する懸念をほとんど表明しておらず,ドイツ人の 49% が感染症を主要な脅威であると述べている。カナダ,英国,オーストラリア,韓国でも,感染症の蔓延は世界的な脅威の中で最も懸念が少ないとされている。

ポーランド,イスラエル,シンガポールでは,感染症の蔓延がそれぞれの国にとって最大の脅威にランクされているか,その中に含まれている。ポーランドでは,調査対象者の 4分の3以上 (78%) が,感染症が自国にとって大きな脅威であると述べている。そしてイスラエルでは,67%が同じことを言っている。シンガポールでは,約10人中6人が病気が大きな脅威であると述べており,世界経済の状況とサイバー攻撃が大きな脅威であると答えている人も同じ割合である。

この質問が最後に行われたのは 2020年だったが,調査対象となったほとんどの国で感染症の蔓延に対する懸念が減少した。米国では,感染症の蔓延に対する懸念が 20% 近く低下し, 2020年には 感染症が大きな脅威であると考えている米国人が76% だったが,2022年には 57% だった。米国でのこの減少は,この問題に関する他のピュー研究所の世論調査と一致している。英国,スウェーデン,韓国,カナダでも,感染症に関する懸念は過去 2年間で 2桁減少した。

012h_20220906174601 調査対象国のうち 16ヶ国では,コロナウイルスのワクチンを接種することが社会の一員であるために重要であると答えた人は,コロナウイルスの接種がワクチンは社会の一員であるために重要と信じていない人よりも,感染症の蔓延を自国にとっての大きな脅威であると説明する可能性が高い。最大のギャップが見られるのはイスラエルで,コロナウイルス・ワクチンが社会の一員であるために重要であると考えている人々との間で,40ポイント近くの差がある(75%が感染症の蔓延が大きな脅威であると述べ,そうでない人は36%である。)。オーストラリアとカナダでも同様に大きな差が見られ,両国の 2つのグループ間に 36 ポイントの差がある。

8ヶ国では,50歳以上の人々が若い人々よりも感染症の蔓延を大きな脅威と考える可能性が高い。たとえば英国では,50 歳以上の英国人の 71% が感染症の蔓延が大きな脅威であると考えており,30歳未満の成人でそう考えているのは 52%である。

また,多くの国で男性と女性の間で反応が異なり,女性は男性よりも感染症の蔓延に対する懸念を一貫して表明している。この差はオランダで最も顕著で,約10人中7人の女性が感染症の蔓延が自国にとって大きな脅威であると答えているのに対し,そう答えている男性は半数で,17 ポイントの差がある。

また,8ヶ国では,教育を受けていない人の方が,教育を受けている人よりも,感染症の蔓延が自国にとって大きな脅威であると説明する可能性が高くなっている。ハンガリーでは,教育を受けていない人々の約 4 分の 3 が感染症の蔓延を大きな脅威であると考えているが,教育を受けている人々で同じように考えているのは 60% である。マレーシアでは逆の関係が見られ,教育水準の低い人々の 58% が感染症を大きな脅威と考えているのに対し,教育水準の高い人々は 74% が感染症を大きな脅威と考えている。

UN seen in a positive light by most across 19 nations polled
世論調査の対象となった 19ヶ国のほとんどが,国連を肯定的な見方で見ている

013h_20220906174701 国連は,2022年に調査されたほとんどの国で,好ましくないよりも好意的に見られている。中央値で 65% が多国間組織に肯定的な意見を表明し,反対に 27% が否定的な意見を表明している。

調査対象となった北米の2ヶ国 (カナダと米国) では,大多数が国連に好意的な評価を与えている。

米国人も同様に,国連に加盟していることの大きなメリットについて肯定的である:約3分の2 (66%) が,米国が国連のメンバーであることで多大な,またはかなりの利益を得ていると述べている。しかし,20225月の調査によると,世界における国連の影響力が近年強くなっていると言う米国人は比較的少数だった。強くなっている見解を示したのはわずか16%で,39%が国連の影響力が弱まっていると述べ,43%がほぼ同じままであると述べた。

調査対象となったヨーロッパ諸国全体で,国連のイメージはおおむね好意的である。ポーランド,スウェーデン,英国,ドイツ,オランダ,イタリアでは,10人中7人以上が国連を好意的に見ている。しかし,ギリシャ人の意見は著しく分かれており,45% が好意的な意見を表明し,49% が否定的な意見を表明している。

イスラエル人の 10人中7人が国連に対して否定的な見方をしており,これは調査対象の 19ヶ国で観察された最高の否定的な評価である。国連に対するイスラエルの見方は,民族性に影響される:アラブ人はユダヤ人の 2 倍以上,国連を肯定的に見る可能性がある (それぞれ 44% 21%)

アジア太平洋地域における国連への意見は,概して否定的よりも肯定的である。韓国,オーストラリア,マレーシア,シンガポールでは過半数が国連に好意的な評価を与えている。日本では,意見はやや否定的である:肯定的な意見を表明する 40% と比較して,48% が否定的な意見を表明している。それでも,これは,2020年の夏に 29% の過去最低値に達した国連に対する日本の好意的意見の全体的な改善を表している。

韓国 (+8 パーセンテージ・ポイント) と英国 (+5) では,国連に対する好意的な意見が 2021 年から大幅に増加している。国連に対する前向きな見方は,2019年以降調査されていない 2つの国でも見られた。ハンガリー (+11) とポーランド (+6) である。しかし,国連に対する肯定的な見方は,2021年以降,シンガポール (-9),スペイン (-7),イタリア (-6),カナダ (-5) で大幅に低下している。

014_20220906175201

国連への意見は,部分的にはイデオロギー的所属(ideological affiliation)によって形作られている。7ヶ国では,イデオロギー的に左派に位置する人は,右派に位置する人よりも国連に対する肯定的な見方を表明する可能性が高い。この差は米国で最大であり,リベラル派は保守派の 2倍の割合で国連に対して好意的な見方をしている (それぞれ 80%40%)。また,イスラエル,カナダ,ハンガリー,オーストラリア,イタリア,ドイツでも,この性質の 2桁の違いが見られる。しかし,ギリシャではこのパターンが逆で,右派の半数が国連に対して肯定的な意見を持っているのに対し,左派では 32% である。

015mh

年齢と教育も国連への意見に影響を与える。以前のピュー研究所の調査で観察されたように,18歳から 29歳の成人は,50歳以上の成人よりも国連に対して好意的な見方をする傾向がある。たとえば,ハンガリーでは,若い成人が国連に対して肯定的な意見を表明する可能性が,高齢者よりも 20パーセンテージ・ポント 高くなる。アジア太平洋地域,ヨーロッパ,イスラエルの他のいくつかの国でも同様のパターンが見られる。

7ヶ国で,中等教育以上の教育を受けた人は,中等教育以下の教育を受けた人よりも,国連に対して好意的な意見を表明する傾向がある。ベルギーでは,高学歴のベルギー人の 74% が国連に対して肯定的な見方をしているのに対し,低学歴のベルギー人で国連に好意的なのは 62% である。しかし,マレーシアでは,教育を受けていない人は,教育を受けている人よりも国連に対して肯定的な意見を持っている傾向がある (それぞれ 66%56%)

ヨーロッパのいくつかの国では,自国の右派ポピュリスト政党に好意的な見方をする人は,ポピュリスト政党に好意的でない人よりも国連に対して否定的な見方をする可能性が高い.たとえば,ドイツでは,「ドイツのための選択肢」(AfD) に好意的な意見を持つ人の 44% が国連に対して否定的な意見を表明しているのに対し,AfD に否定的な意見を持つ人の 21% が同じことを言っている。

Most say that many of the problems facing their country can be solved by working with other countries
ほとんどの人が,自国が直面している問題の多くは,他の国と協力することで解決できると言っている

016h_20220906174701 19ヶ国の 64% の中央値が,自国が直面している問題の多くは他国と協力することで解決できると述べているが,31% は他国と協力して解決できる問題はほとんどないと述べている。国際協力が国の多くの問題を解決できるという感情(sentiment)はスウェーデンで最も高く,10人中 8 人以上がそう答えている。

国際協力に対する同じ信念は,調査対象のヨーロッパ諸国のほとんどに当てはまる。

オランダ,イタリア,スペイン,ドイツ,英国では,少なくとも 10人中7人が,自国が直面している問題の多くは他国と協力することで解決できると述べている。調査対象となったヨーロッパの 11ヶ国の中央値の 70% は,人々が直面する国内の問題の多くを国際協力によって解決できると考えている。

北米とアジア太平洋地域の意見はさらに分かれている。米国とカナダの成人の約半数だけが,自国が直面している問題のほとんどが国際協力によって解決できると信じている。日本,オーストラリア,韓国では過半数が同じ意見だが,マレーシアでは49%しか同意しない。

In many countries, views vary by education.
多くの国では,教育によって見解が異なる。

教育水準の高い人ほど,自国が直面している問題の多くは他の国と協力することで解決できると言う傾向がある。例えばフランスでは,教育レベルの高い人の 4分の3近くがそう言っており,低学歴者の 61% とは対照的である。

017h_20220906174701 イデオロギーは,問題を解決する国際協力の能力に関する人々の見解にも影響を与える。10ヶ国では,自国が直面している問題の多くは他国と協力することで解決できると答えた人が,左側の人たちよりも右側の人たちよりも多かった。この差は,リベラル派と保守派の差が 30% を超える米国で最も顕著に見られる。(国際協力に関する米国の見解については,「米国人は,世界における米国の役割と,国際的な関与が問題を解決できるかどうかについて意見が分かれている」を参照願う。)

12ヶ国では,国際協力に対する見方は国連の印象によっても異なり,国連に好意的な人は,自国の多くの問題は他国と協力することで解決できると答えている。12ヶ国すべてで,国連に好意的な人とそうでない人の差は2桁ある。たとえば,日本では,国連に肯定的な意見を持っている人の 84% が,自国の問題は他の国と協力することで解決できると信じていることを表明しているのに対し,国連に否定的な意見を持っている人の場合, 71% である。

Common values’ generally seen as bringing nations together more than ‘common problems’
一般に,「共通の問題」よりも「共通の価値観」の方が国をまとめると見なされている

018h_20220906174701 調査対象の 19ヶ国の多くで,共通の問題がより重要であると言うよりも,共通の価値観が国家を団結させるために重要であると答えた割合がより高かった。

スペイン,フランス,オーストラリアでは約3 分の2以上が,共通の価値観が国際協力にとってより重要であると答えたのは 12ヶ国の過半数だった。共通の価値観が国を結び付けるという見解をより多く保持している国は,ヨーロッパ,アジア太平洋地域,および北米にまたがっている。国々をまとめる上での価値観や問題の重要性についての見解は,マレーシア,ドイツ,ポーランド,日本ではやや混在している。これらの国ではほぼ同数の割合が,共通の価値観または問題のいずれかがグローバルでより重要であると述べている。

調査対象の 3ヶ国,イスラエル,ギリシャ,ハンガリーの 3ヶ国のみが,共通の問題が諸国をまとめるために重要であると答えている。

019m 7ヶ国では,50歳以上の成人は,18歳から 29歳の成人よりも,共通の価値観が諸国をまとめる上でより重要であると考える傾向がある。一方,若年成人は,年長の成人よりも共通の問題を国際協力にとって重要なものとして挙げる傾向がある。たとえば韓国では,共通の価値観が国々を結び付けると考える高齢者は,18歳から 29歳の成人に比べて 23パーセンテージ・ポイント 高くなっている。

しかし,マレーシアではパターンが逆である。若年成人は共通の価値観が国を団結させると言う傾向があり,高齢者は共通の問題が国際協力を促進すると言う傾向が強い。

(転載了)
***************
他国民に比べて 日本人の国連への信頼度の低さが印象的です。
議論対象国が常任理事国で,決定は全員一致では国連の存在意義は薄いでしょう。

| |

« 見出しに見る勘違い(その842) | トップページ | 広島市 袋町公園,樹木 2種。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る勘違い(その842) | トップページ | 広島市 袋町公園,樹木 2種。 »