« 照明器具に関する失敗 | トップページ | 朝,風景。 »

2022年11月28日 (月)

1970年の記憶,但し,誤りがあった。

001_20221118073901 朝食前のの公園でのエクササイズ時,YouTube で 音楽を聞いています。
ある日,選曲していた時,偶々,「南 沙織」のアルバムが出てきて 懐かしさから流しました。

南 沙織の「17歳」は 1970年,大学3年のとき 学科の必修である工場実習先に,旅費は実習先の会社持ちなので 修学旅行でしか行ったことがない東京にある工場を選び 2~3週間を過ごした時に,いつも流れていた ー と記憶していました。

ところが 調べると 南 沙織が「17歳」でデビューしたのは 1971年でした。
とすると 「17歳」を聞いていたのは 翌1971年(3年,4年の工場実習は必修で,サボると卒業できなかった)の実習地の神戸だったことになります。

では 1970年のヒット曲は? 調べても 思い当たる曲がなく,せいぜい「渚ゆう子」の「京都の恋」?

1970年のその他の記憶としては「光化学スモッグ」があります。
Wikipedia には 「工場や自動車の排出ガスなどに含まれる窒素酸化物や炭化水素(揮発性有機化合物)が、太陽光に含まれる紫外線により光化学反応を起こして変質し、オゾンなどが発生する。夏の暑い日の昼間に多く、特に日差しが強く風の弱い日に発生することがある。」とあります。
初めて話題になったのは(これもWikipedia)「日本で光化学スモッグによる被害が初めて明らかになったのは1970年の東京立正中学校・高等学校の事例とされている1970年7月18日,環七通りの近くにある東京立正中学校・高等学校の生徒43名が、グランドで体育の授業中に目に対する刺激・のどの痛みなどの被害を訴えた。」
上述の時期,ちょうど東京にいて気になりました。
初めて聞く「光化学(こうかがく)スモッグ」という言葉で,新聞の見出しに対して,他大学からの実習生には「『ヒカリカガク』というのは 何を作っている会社なのか?」などと言う者がいました。

当時,タクシーを拾うのが大変でした。
土曜日に 実習を終えて 何人かで 銀座のビアガーデンに行き,バスで寮に帰るつもりでしたが 早い最終便に乗り遅れ,タクシーもつかまらず,22時の門限に間に合わすため,豊洲にある寮まで走りました。(地下鉄 有楽町線など存在せず。)真夏の夜,最後は上半身裸になって走りましたが 門限に間に合わず,玄関が閉じられていました。寮長を起こすのは躊躇われ 2階の保健室の窓が開いているとの情報があったので 2階に昇り,忍び込みました。
実習中,何の注意もなく,発覚は免れたと思っていました。ところが,翌年,実習に行った同級生が 大学名を挙げられて「窓から入らぬように」と注意されたとのことでした。

1970年には「大阪 万国博覧会」が開催されていました。
東京からの帰りに立ち寄るという案もありましたが,連日の混雑のニュースを見ていて 止めました。

東京から九州に直帰することにしましたが,盆の時期の前でも指定席券を買うのが一苦労でした。
当時,コンピュータによる予約システムが未完成だったと考えられ,指定席券の発売開始は1週間前からで,駅によって購入可否が左右されると思っていました。
ブルートレインの寝台車を狙って 1週間前の夜,実習を終えて東京駅に行くと 売り場は長蛇の列,「これはだめだ。」と有楽町駅まで行き,何とか入手したのが,下関行きの「臨時急行列車」の座席指定でした。
臨時列車なので,通常運行の列車を通すため 何度も停車し,静岡県を通り過ぎるのに 駅弁1つでは足りませんでした。
結局,下関まで 座席で 約20時間かかったと思います。

若くて元気でした。

| |

« 照明器具に関する失敗 | トップページ | 朝,風景。 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 照明器具に関する失敗 | トップページ | 朝,風景。 »