« 見出しに見る勘違い(その863) | トップページ | 公園の百日紅の葉,12月になって未だ散らず。 »

2022年12月 1日 (木)

“BARACUTA”の歴史の一片

BARACUTA”,特に その “G9 Harrington Jacket” は 世界でもっとも着られているカジュアルな上着の一つと思われます。
その地位を確立した経緯を “BARACUTA” のサイトに-
BARACUTA: CELEBRITIES AND HOLLYWOOD FILMS” のタイトルで示しています。

下記,拙訳・転載します。
*******************

001h_20221122152501 Baracuta は,何十年もの間,有名人のファッションと映画の最前線にある。しかし,この世界的なスターダムはどこから来たのだろうか? Baracuta 1937年に設立されたが,Baracuta の創設者である Miller Brothers が米国にオフィスを開設したのは 1950年代になってからのことだった。大西洋(the pond)を横切るこの拡大は,ブランドに大きな成長をもたらし,ニューヨークのポール・スチュアートの店がバラクータを在庫する機会に飛びついた後,増幅された。著名なセレブリティが BaracutaG9 ハリントン・ジャケットを着用するようになるまでそう時間はかからなかった。その中には,ハリウッド映画「闇に響く声(King Creole)」でジャケットを着用したロックンロールのキング,エルヴィス・プレスリーも含まれていた。ジェームス・ディーンも G9 を着用して Life 誌の表紙を飾っていた。これは,有名人や映画の世界におけるBaracutaの存在感の始まりに過ぎなかった。

これらの有名なスターが G9 ジャケットを着用しているのを見た後,世界中の人々が憧れの有名人と同じように,その Baracuta の外観を実現しようと努力した(strived)。

1964年,Baracuta G9 は,シチュエーション・コメディ(sitcom)「ペイトンプレイス物語(Peyton Place)」で俳優のライアン・オニール(Ryan O’Neal)と共に重要な役割を果たした。オニールはロドニー・ハリントン(Rodney Harrington)の役を演じ,事実上 すべてのエピソードで G9 ジャケットを着用していたため,このジャケットはハリントン・ジャケット(Harrington Jacket)と呼ばれるようになった。最初で唯一の本格的な(authentic)ハリントン・ジャケット! 「ペイトンプレイス物語」は,そのような影響力のある人気のある番組であり,Baracuta ブランドとそのジャケットを必需品(must-haves)にする上でも大きな役割を果たした。

BaracutaG9 Harrington Jacket はますます人気が高まっていたが,単純に「トレンド・アイテム(trending piece)」とは言えなかった。これらのジャケットを見るだけで,それらが時代を超越したものであり,ライフスタイルであり,ハリウッド映画で働く有名人や専門家がこれをよく知っていたことを知ることができる。

002_20221122152601

音楽業界のセレブリティは,有名なミュージシャンのエリック・クラプトン(Eric Clapton)がテレビ番組 Ready Steady Goに彼の有名なバンド,「ヤードバーズ(The Yardbirds)」がBaracutaのジャケットを着て出演した後,Baracutaの話題を拾い始めまた。これは音楽界に波及効果をもたらし,さまざまな英国のサブカルチャーが BaracutaG9 および G4 ジャケットを定番のルック(staple look)の一部として着用し始めた。

映画産業と,Baracutaの その関係についての話は終わったと思っているなら,もう一度考え直してほしい。ウォーミングアップ中である! エルヴィス・プレスリーに続いて、映画「クィーン・メリー号襲撃(Assault on a Queen)」でのフラック・シナトラ,「華麗なる賭け(The Thomas Crown Affair)」でのスティーブ・マックイーン,「スーパーマンII 冒険篇(Superman 2)」でのクリストファー・リーブなどの著名人が,アイコニックな G9 Harrington Jacketを着用した。これらの映画の結果として,Baracutaがハリウッドでその名を馳せたと言っても過言ではない。Baracuta にとって、これはまだ始まりに過ぎない。

あらゆる分野の著名人によるBaracutaの絶え間ない認知は,世界での継続的な存在感と成長を確固たるものにし,スポーツの歴史の中で最も有名なゴルファーの 1人であるアーノルド・パーマーは,Baracutaとのコラボレーションで,手に入れることができるほんの数着の限定版のゴルフ・ジャケット・コレクションを発売した。ジャケットをさらに魅力的にしたのは、彼自身のサインが内側にフィーチャーされていたという事実だった。それらはまさにコレクターズ・アイテムだった。

2007年,創業から 70年を経て,Baracuta が創業以来どれだけの進歩を遂げたかを祝い,他の Baracuta スタイルの中でも G9 Harrington Jacketを愛し,着用することで知られていた 3人の世界的アイコンに敬意を表したいと思った。Elvis PresleySteve McQueenFrank Sinatra は,限定版コレクションのスターだった。3着のジャケットのコレクションで,各スターに捧げられたもので,内側に個人的な引用がプリントされている。すでに述べたように,Baracuta と有名人や映画の世界との関係は,初期の頃に始まった。この関係は何年も続いた。

Baracuta 70 周年を迎えた後,G4 JacketG9 Harrington Jacketを着た主人公が登場するハリウッド映画が爆発的に増加した。

象徴的な大ヒット映画「慰めの報酬(Quantum of Solace)」のダニエル・クレイグ,「ナイト&デイ(ナイト アンド デイ(Knight and Day)」のトム クルーズ,「キラー・エリート(Killer Elite)」のジェイソン・ステイサム,「裏切りのサーカス(The Hangover Part II Tinker Tailor Soldier Spy)」のトム・ハーディ,「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い,国境を越える(The Hangover Part II)」のブラッドリー・クーパーなどのスター,「ゲットバック(Stolen)」のダミアン・ルイス,「ウェディング・バトル アウトな男たち(Why Him?)」のブライアン・クランストン,「ゲティ家の身代金(All the Money in the World)」のマーク・ウォールバーグ,「スリープレス・ナイト(Sleepless)」のジェイミー・フォックス,「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(Once Upon a Time in Hollywood)」のレオナルド・ディカプリオ などのスター達が-。

この圧倒的なセレブ人気は,Baracutaの永遠の(everlasting)存在を完全に確立した。
この人気に拍車をかけたのは,バンド ‘The Jonas Brothers’のメンバーである Nick Jonas だった。彼は信頼できる Baracuta G9 をワードローブにキープしており,バンドのヒット・シングル “SuckerBillboard Hot 100 1位になった後,それを着ているのが見られた。

Baracuta は,映画業界の有名人や著名人の間で人気がある(a hit with)と言っても過言ではない(safe to say)。ただし,Baracuta は特定の消費者タイプに限定されない。あらゆる性別,多様な社会経済的(socio-economic)背景を持つ人々を両手を広げて(with open arms)受け入れるブランドである。

言うまでもなく,Baracuta と有名人や映画の世界とのつながりは,ブランドにスターダムの雰囲気を与え,長年にわたる当社の成長に大きなプラスの影響を与えてきた。Baracuta はイギリスのマンチェスターにある小さな工場でのささやかな(humble)始まりから米国への拡大まで,世界的な成功を収め,数え切れないほどのハリウッド映画に使われ,多くの人に愛されてきた。
私たちのグローバルなプレゼンスは,私たちの衣服が最高の品質であり,時代を超越した古典的な製品であることを強調している。

バラクータは生き方である。象徴的な英国のブランドであり,世界中で支配的なプレーヤーである。エルヴィス・プレスリーとそれに続くすべてのスターにとって十分であるなら,それは誰にとっても十分である!

(転載了)
*********************
005h_20221122152501 この文の中で(他の資料でも)「理由なき反抗」の ジェームス・ディーンが着ているのは Baracuta(中には G9)と書いていますが,写真で見る限り BaracutaG9 でも G4 でもありません。どちらかと言えば McGregor Drizzler に見えます。(右の写真)

この件に関し,‘ELVIS Echoes of the PAST’ のサイト,‘Elvis and the Baracuta jacket’のタイトル記事に次のように書いています。(拙訳・転載)

***********************
ジェームス・ディーンが「理由なき反抗(Rebel Without A Cause)」(1955)で着用した象徴的な赤いジャケットは,しばしば Baracuta としてクレジットされている。何年にもわたって,さまざまな衣装デザイナーやさまざまな衣料品会社がそれは「本当の(true)」オリジナルだと主張してきたが,元のジャケットが表に出たことがないため,ジャケットを個人/会社に結び付ける本当の証拠はない。

Baracutaだったら,映画用に特注したに違いない。しかし,このジャケットは(BaracutaMcGregorのウインドブレーカーの両方に基づいて)ディーンのキャラクターのために特別にデザインされた「一点もの(one-off)」であった可能性が高い。

(転載了)
******************
006h_20221122152501 この説に同意します。

又,「ジェームス・ディーンが G9 を着て LIFE の表紙を飾った」とありますが,皮革のジャンパーを着た表紙しか見当たりません。
2度 LIFE の表紙に採用されたのでしょうか?

004h_20221122152501 BARACUTA2011年,‘G35 Dean Windcheater’ と名前が付けられたジャケットを発売しました。(現在は製造してない。)私は それ以前に 英国の BARACUTA から G9 を個人輸入していて,Addressが残っていたため,この新発売の情報を得て,これを購入しました。
明らかに,名前の “Dean” が「理由なき反抗」の ジェームス・ディーンを意識してデザインしたことを示しています。

私が現在保有している BARACUTA は - GNavyTanMelton生地の Navy3着),上記 G3520年ほど前,日本の代理店が作ったと思われる G19 - の5着です

| |

« 見出しに見る勘違い(その863) | トップページ | 公園の百日紅の葉,12月になって未だ散らず。 »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る勘違い(その863) | トップページ | 公園の百日紅の葉,12月になって未だ散らず。 »